田中文雄の名言

田中文雄のプロフィール

田中文雄、たなか・ふみお。日本の経営者。「王子製紙」社長・会長。長野県出身。九州帝国大学卒業後、王子製紙に入社。春日井工場長などを経て社長に就任。在任中に北日本製紙、日本パルプ工業を吸収合併した。

田中文雄の名言 一覧

派遣した人材は困難に挑んできて苦労し、腕も人物も一層磨いて帰ってくる。こうして利他が自分の利益となって結実していくのを見るのは楽しいものだ。【覚書き:中越パルプ工業、東洋パルプなどの業界他社再編のために自社の優秀な人材を派遣したことを振り返った発言】


田中文雄の経歴・略歴

田中文雄、たなか・ふみお。日本の経営者。「王子製紙」社長・会長。長野県出身。九州帝国大学卒業後、王子製紙に入社。春日井工場長などを経て社長に就任。在任中に北日本製紙、日本パルプ工業を吸収合併した。

他の記事も読んでみる

根岸孝旨

僕は曲を仕上げるときの最後の最後、これとあれのどっちにしようという場面で、ミュージシャンに「どちらでも……」と言われると怒ってしまうんです。「いままで、お互いいろいろ言ったかもしれないけど、最後こそ、自分のワガママや伝え得たいことを通してくれよ!」と。それこそ、音楽の本質なのですから。


ピーター・ドラッカー

急成長会社では、無能な者が要職にいる。会社の成長についていけなかった人々である。


米内光正

俗語を使いまして恐れ入りますが、ジリ貧を避けんとしてドカ貧にならないようご注意を願いたいと思います。
【覚書き:太平洋戦争開戦直前に昭和天皇に献じた進言。当時日本はアメリカの経済封鎖で経済的にジリジリと窮地に陥っていっていた。】


出光佐三

学校を卒業して商売人になろうとした卒業間際に、内池廉吉博士がこう言われた。「これから商人というものはなくなる」と。私はこれから商人になろうとしているのに、これには驚かされた。また、「ただし、ひとつだけ残るだろう。それは生産が非常に複雑になり、消費者も無論複雑になる。この複雑な生産者と消費者の間に介在して、双方の利益を図る配給者としての商人がひとつ残る。これは学理である」と。


シェリル・サンドバーグ

分の力を発揮できる分野で仕事をしていきたいと思っています。ですから、今以上にもっと自分が力を発揮できて活躍できるという仕事があればそれを選ぶと思います。


大山健太郎

アイリスとて、いまは成長を続けていますが、将来は分かりません。企業の衰退は想像以上に速いものです。トップだけが変化に対応できても意味がありません。多くのビジネスチャンスのカードを持ち続け、従業員と一丸になって変化対応していきます。


冨安徳久

私は日々、死というものを見ていますが、死をしっかりととらえている人ほど生を充実させられる人だと感じています。


松澤萬紀

相手に明確に承認のメッセージを伝えるには、「そうですね」という「寄り添い言葉」が効果的です。この言葉は、「あなたの話を聞いています」「あなたのお気持ちはわかりました」という受容を示します。たとえ、相手の話に賛同できなくても「そうですね」といったん受け止めることが重要です。なぜなら、人は相手に否定されることを一番恐れるのです。もし、反論するならば「そうですね」を挟んでから伝えるだけでも、その会話の流れは変わってきます。


広津崇亮

血液などでも試しましたが、どうもうまくいかない。駄目元で尿を試してみたら90%以上の確率でがんに寄っていくことがわかった。結果的に血液をとるよりも簡単にできるようになったのでコストは随分下がりました。線虫によるがん検査を毎年、受けてもらえさえすれば初期のがんから発見できるので、ステージ3やステージ4になってからがんが見つかる人は大幅に減ると思います。検診料も数千円でできると思うので費用も安く済みます。


菊池健彦

私は意気込んで机に向かうことはありません。そもそも私の家にはずっと机がありません。家での勉強はいつも万年床の中です。寝そべりながら英文を読み、この単語の意味はなんだっけと辞書を手繰り寄せる。時には気分転換のために近所の喫茶店や学習室も使います。移動しながら本も読むし、歩きながら辞書も引きます。興味が湧いたときに学ぶのが、一番頭に入ります。


近藤淳也

人力検索だけでは正直なところ人があまり集まらなかったんです。その後、はてなアンテナが生まれ、やっと数万単位のユーザーが使ってくれるようになって、はてなダイアリーでそれが数十万台に。その都度新しいユーザーが加わってくれて今のはてながあります。


ラ・ブリュイエール

世間にもてはやされる人間は長続きしない。流行は移り変わるからである。


瀬戸欣哉

私自身がどれだけ強いメッセージを発して社員とコミュニケートできるかが勝負。今年の1月から最初の100日間で10カ国を回り、600人余りの社員と一対一で話した。


山本忠人

自ら実践しないと、何が求められているのかを理解できない。サービスやソリューションを売るためには、言行一致で自分たちがエクセレントカンパニーになることが求められる。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

固定費を減らすことは損益分岐点が下がるわけで、筋肉質な家計に変わる。


ページの先頭へ