名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

田中愼一(田中慎一)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

田中愼一(田中慎一)のプロフィール

田中愼一、田中慎一、たなか・しんいち。日本の経営者、企業PRの専門家。大学を卒業後、本田技研工業に入社。ホンダの鈴鹿製作所勤務などを経て、ワシントンDCにて同社の米国政府・マスコミ対策を担当した。その後、セガ・エンタープライズに移籍し、海外事業展開を担当した。97年に米国の大手PR会社フライシュマン・ヒラードの日本法人立ち上げに参加し同社の社長を務めた経営者。

田中愼一(田中慎一)の名言 一覧

広告の世界では、「説得型コミュニケーション」から「共感型コミュニケーション」へ、パラダイムシフトが起きています。従来は売り手が「この商品はいいですよ」と主張する「説得型」が基本でしたが、「共感型」では消費者に直接訴える直接話法ではなく、第三者を通じてメッセージを発信してもらう間接話法を用いるのです。たとえば、殺菌作用のある洗剤を売りたいのであれば、洗濯時の殺菌が重要だというテーマを掲げ、医師や一般のブロガーなど第三者を通じてそのテーマの認知度を高めます。そして、そうした認識を持った消費者に、店先でその洗剤の存在に気づいてもらうのです。


世界同時不況で真っ先に削減されたのは宣伝費です。企業によっては前年比3から5割削減も珍しくありません。しかし、共感型コミュニケーションを上手く機能させれば、小さな費用でも大きな効果を上げることができます。


現代の共感型コミュニケーションでは、ブログやSNSなど双方向のネットメディアを多用せざるを得ません。しかし、ネットに書き込みをしているのは全体の3から4%にすぎません。残る大多数の声を目に見えるようにすること、つまり潜在的な味方を顕在化する仕組みが必要だという課題があります。これをどう解決するかが重要です。


説得型コミュニケーションは、大量宣伝によって自分の価値観に相手を従わせようとするものです。ところが、人々の価値観が多様化してくると、それでは同じ価値観の人しか説得することができません。対して共感型コミュニケーションは、相手の価値観を取り入れ、味方づくりをすることにより、成り立ちます。


私がホンダ社員時代、本田宗一郎さんが日本人初の米国自動車殿堂入りを果たした際、現地責任者としてデトロイトのホテルに案内すると、部屋のテーブルには寿司そっくりにつくられた菓子が用意されていました。ホテルの気遣いに感動した本田さんは、ホテルの対応ぶりを褒め称えました。しばらくして私たちに叱声が飛びました。「それに比べておまえたち、最近は米国に対して敬意が足りないんじゃないのか。ホンダは米国に育ててもらったことを忘れるな!」と。米国でホンダ車を買ってくれるのは米国人で、彼らの反感を買えばホンダは生きていけない。だからもっと感謝を示せというのです。


言語と非言語のメッセージが一致していないと相手は不信感を抱きます。そうなると、人は非言語の方を信じます。「彼はあんなことを言っているが、目つきがおかしい。本心は違うぞ」となるわけです。


海外営業部に入りたくてホンダに入社したのに、鈴鹿製作所の工務課で三年間、肉体労働をやりました。200人くらいの職場ですが、知る限り大卒者は誰もいない。周囲からは「大学出にできるのか?」というネガティブな空気に包まれていました。僕はその中で生きていかなければならない。だから求められる仕事は他の連中に負けないくらいきちんとやりました。役に立つ男だと思われない限り、周りは絶対に認めてくれない。職場に貢献し、市民権を得たうえで、僕しか考えないようないくつかの仕組みを開発しました。それによって、徐々に一目置かれるようになったのです。


いま企業はブランドよりもレピュテーションに注目しています。まだ知られていない企業や商品に対しての認知度を引き上げてる来るのがブランドです。それに対して、ブランドの成長とともに膨らんでいくのがレピュテーション、つまり評判です。ブランドに対する期待値といってもいい。


評判が良すぎるのは危険です。実際に提供できる価値よりも期待値が低いなら問題はありません。困るのは、実力より期待が高まってしまったときです。期待に応えられなくなった瞬間、期待は失望に変わります。つまりブランドイメージが急降下するのです。企業でも個人でも同じです。期待をマネージすることが大事です。


自己主張を忘れること。思い込みや我執をゼロにすること。まわりがどういうことを期待しているか、耳を澄ませて聞き取るのです。そのとき一番邪魔をするのは自分です。「自分はできる」「自分はやるべき仕事はこれじゃない」という思いを抱いていれば、言わなくても必ず表に出ます。そこに気をつけなければいけません。


最初に必要なのは、自分に対するまわりの期待を読むことです。理想は実力よりも期待の方が少し高めにあることです。期待に応えようと頑張るので実力がつくのです。


田中愼一(田中慎一)の経歴・略歴

田中愼一、田中慎一、たなか・しんいち。日本の経営者、企業PRの専門家。大学を卒業後、本田技研工業に入社。ホンダの鈴鹿製作所勤務などを経て、ワシントンDCにて同社の米国政府・マスコミ対策を担当した。その後、セガ・エンタープライズに移籍し、海外事業展開を担当した。97年に米国の大手PR会社フライシュマン・ヒラードの日本法人立ち上げに参加し同社の社長を務めた経営者。

他の記事も読んでみる

加藤俊徳

普通に生活していると、目の前のことで精一杯。昔のことを思い出す余裕はありません。定期的に懐かしい曲を聴いて、脳のコンディションを整えるようにしてください。たとえば高校生のころに好きだった曲を聴くと、当時の楽しかった記憶がありありとよみがえるでしょう。これが記憶系脳番地を刺激するのです。


池谷裕二

記憶力は歳と共に衰えたりはしません。そもそも若い人の記憶力も、さほど優れたものではなく、むしろ大人のほうが記憶力に優れていると言うことすらできます。たとえば、海外で暮らして外国語を身につけた子供の場合、帰国後の半年間、一度もその言語を使わなければ話せなくなります。それに対して、大人が外国語を身につけた場合、半年間くらい使わなくても、まったく話せなくなることはまずありません。これは実験でも証明されています。小学校低学年の子供たちと大人に、百人分の人名を記憶する課題をしてもらうと、大人のほうが早く覚え、しかも長く覚えています。子供よりもともと知っている人名が多いため、同姓や同名の人物を連想しつつ覚える「連合記憶」を使えるからです。短時間で何桁もの数列や、何百人もの顔を覚える「世界記憶力選手権」でも、年齢を重ねた人のほうが好成績。歴代優勝者に40代は珍しくないですが、10代は一人もいません。


アンディ・ジャシー

クラウドを導入すると、アイデアが浮かんでから実現するまでの時間が極めて短くなる。何千台というサーバーを数分間で用意でき、必要なくなったら余計な料金は支払わなくてよい。試行錯誤のスピードが速まれば、それだけ競合より先を走れる。


澤田秀雄

私は、1979年に革命が起こる直前のイランを旅したことがあります。現地に入って感じたのは、街の無秩序さでした。私が乗ろうとした長距離バスが、住民たちに破壊され、結局出発できなかったという出来事も体験しました。そんな現実を目の当たりにした1カ月後に、イラン革命が起きた。つまり、街の風景の中に、すでにその前触れがあったわけです。各地でそんな経験を重ねるうちに、その国が今後発展していくのか、それとも混乱や停滞に陥るのかが予想できるようになっていきました。実際に現場へ行き、自分の肌で感じたことと、その後に起こった現実を照らし合わせるうちに、「過去に見聞きしたことが、どんな結果をもたらしたか」という時間軸で物事を捉える習慣がついた。その経験値が蓄積されて、「現在見聞きしているものが、将来こうなるのではないか」と見通す勘が養われたのだと思います。


吉田たかよし

しゃにむに結果を求め、思いどおりの成果が得られたときは、その都度、快感に浸ってみる。そうして、それを次の結果を生み出す努力へと結びつけていく。努力→結果→快感→努力→……という報酬系・神経回路のループを、脳内に刻み込んでおくことが必要だ。


井上真一(牧野フライス製作所)

工作機械は安定的に動き続ける信頼性が命です。工作機械の主軸は新幹線の車軸の10倍の速度で回転し、休まずに金属を加工するタフさが求められます。ですから品質とは信頼性で、その先に納期や価格などの話があります。当社の企業理念、「品質第一」を徹底的に守っていく覚悟です。


宮内誠

東証マザーズへの上場は、資金調達やレピュテーション、採用のしやすさなどの一般的な上場メリットはありました。でも、我々が小さい不動産会社であることは変わりません。まだ階段をひとつ上っただけです。仮に一部上場となってもそこがゴールではありません。


長沼睦雄

自分を素直に受け入れ、その上で、より生きやすい自分になるために、自分を肯定していきましょう。すると、敏感な自分が嫌いではなくなり、クヨクヨすることが減ります。


吉永泰之

スバルはこうきたか、とお客様の心を打つ商品をつくり続けなければ。


佐久間昇二(佐久間曻二)

商売を長続きさせるには、取引先と、男女のように惚れあうことではないでしょうか。それぞれの考え方に共鳴して結ばれあう。考え方というのは、企業でいえば、経営理念に相当するわけです。


津谷祐司

現代に生きる私たちの幸せは、(家族愛を含めた)恋愛と戦いに集約される。この結論に到達したのは、米カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)映画学部で脚本制作に格闘していたときでした。恋愛と戦いは生きる活力ともいえます。これからも、ビジネスでは挑戦し続け、同時にプライベートの時間を大切にしていきたいと思います。


御手洗冨士夫

毎朝4時ごろ起きています。そして経新聞の電子版を読みます。ニューヨークは昼間ですから、為替や長期金利、向こうのウォールストリートの市況がわかる。それをじっくり読んで、会社には7時前に着きます。