田中愼一(田中慎一)の名言

田中愼一(田中慎一)のプロフィール

田中愼一、田中慎一、たなか・しんいち。日本の経営者、企業PRの専門家。大学を卒業後、本田技研工業に入社。ホンダの鈴鹿製作所勤務などを経て、ワシントンDCにて同社の米国政府・マスコミ対策を担当した。その後、セガ・エンタープライズに移籍し、海外事業展開を担当した。97年に米国の大手PR会社フライシュマン・ヒラードの日本法人立ち上げに参加し同社の社長を務めた経営者。

田中愼一(田中慎一)の名言 一覧

広告の世界では、「説得型コミュニケーション」から「共感型コミュニケーション」へ、パラダイムシフトが起きています。従来は売り手が「この商品はいいですよ」と主張する「説得型」が基本でしたが、「共感型」では消費者に直接訴える直接話法ではなく、第三者を通じてメッセージを発信してもらう間接話法を用いるのです。たとえば、殺菌作用のある洗剤を売りたいのであれば、洗濯時の殺菌が重要だというテーマを掲げ、医師や一般のブロガーなど第三者を通じてそのテーマの認知度を高めます。そして、そうした認識を持った消費者に、店先でその洗剤の存在に気づいてもらうのです。


世界同時不況で真っ先に削減されたのは宣伝費です。企業によっては前年比3から5割削減も珍しくありません。しかし、共感型コミュニケーションを上手く機能させれば、小さな費用でも大きな効果を上げることができます。


現代の共感型コミュニケーションでは、ブログやSNSなど双方向のネットメディアを多用せざるを得ません。しかし、ネットに書き込みをしているのは全体の3から4%にすぎません。残る大多数の声を目に見えるようにすること、つまり潜在的な味方を顕在化する仕組みが必要だという課題があります。これをどう解決するかが重要です。


説得型コミュニケーションは、大量宣伝によって自分の価値観に相手を従わせようとするものです。ところが、人々の価値観が多様化してくると、それでは同じ価値観の人しか説得することができません。対して共感型コミュニケーションは、相手の価値観を取り入れ、味方づくりをすることにより、成り立ちます。


私がホンダ社員時代、本田宗一郎さんが日本人初の米国自動車殿堂入りを果たした際、現地責任者としてデトロイトのホテルに案内すると、部屋のテーブルには寿司そっくりにつくられた菓子が用意されていました。ホテルの気遣いに感動した本田さんは、ホテルの対応ぶりを褒め称えました。しばらくして私たちに叱声が飛びました。「それに比べておまえたち、最近は米国に対して敬意が足りないんじゃないのか。ホンダは米国に育ててもらったことを忘れるな!」と。米国でホンダ車を買ってくれるのは米国人で、彼らの反感を買えばホンダは生きていけない。だからもっと感謝を示せというのです。


言語と非言語のメッセージが一致していないと相手は不信感を抱きます。そうなると、人は非言語の方を信じます。「彼はあんなことを言っているが、目つきがおかしい。本心は違うぞ」となるわけです。


海外営業部に入りたくてホンダに入社したのに、鈴鹿製作所の工務課で三年間、肉体労働をやりました。200人くらいの職場ですが、知る限り大卒者は誰もいない。周囲からは「大学出にできるのか?」というネガティブな空気に包まれていました。僕はその中で生きていかなければならない。だから求められる仕事は他の連中に負けないくらいきちんとやりました。役に立つ男だと思われない限り、周りは絶対に認めてくれない。職場に貢献し、市民権を得たうえで、僕しか考えないようないくつかの仕組みを開発しました。それによって、徐々に一目置かれるようになったのです。


いま企業はブランドよりもレピュテーションに注目しています。まだ知られていない企業や商品に対しての認知度を引き上げてる来るのがブランドです。それに対して、ブランドの成長とともに膨らんでいくのがレピュテーション、つまり評判です。ブランドに対する期待値といってもいい。


評判が良すぎるのは危険です。実際に提供できる価値よりも期待値が低いなら問題はありません。困るのは、実力より期待が高まってしまったときです。期待に応えられなくなった瞬間、期待は失望に変わります。つまりブランドイメージが急降下するのです。企業でも個人でも同じです。期待をマネージすることが大事です。


自己主張を忘れること。思い込みや我執をゼロにすること。まわりがどういうことを期待しているか、耳を澄ませて聞き取るのです。そのとき一番邪魔をするのは自分です。「自分はできる」「自分はやるべき仕事はこれじゃない」という思いを抱いていれば、言わなくても必ず表に出ます。そこに気をつけなければいけません。


最初に必要なのは、自分に対するまわりの期待を読むことです。理想は実力よりも期待の方が少し高めにあることです。期待に応えようと頑張るので実力がつくのです。


田中愼一(田中慎一)の経歴・略歴

田中愼一、田中慎一、たなか・しんいち。日本の経営者、企業PRの専門家。大学を卒業後、本田技研工業に入社。ホンダの鈴鹿製作所勤務などを経て、ワシントンDCにて同社の米国政府・マスコミ対策を担当した。その後、セガ・エンタープライズに移籍し、海外事業展開を担当した。97年に米国の大手PR会社フライシュマン・ヒラードの日本法人立ち上げに参加し同社の社長を務めた経営者。

他の記事も読んでみる

川鍋一朗

アプリはある程度洗練されてしまえば、技術では差がつかないと思っています。結局、お客様の心をどうつかむかがカギ。


伊藤雅俊(味の素)

味の素という会社自体が、ものごとの本質を追求して新しい価値を創造し、それをグローバルな社会に提供する開拓者精神を持った素材です。この個性を強く意識して、いったい味の素という素材を、社会のどの部分と組み合わせれば役に立つのかを考え抜く。そうすることで初めて、会社は世の中から必要とされ、多くのお客様から喜んでいただける存在になれるのです。


田中啓一(経営者)

取り扱う商品・サービスは年々変わってきましたが「お客様の経営や業務の効率化を実現する商品・サービスを取り扱う」点については終始一貫しています。


千本倖生

聖書に「からし種」という話が出てきます。小さな種であっても、きちんと正しい場所に種が落ちて育っていけば、やがて大きな木になる。そうすれば、多くの社会に対して、強い日差しから人々を守るような影をつくるような存在になれる。だから、皆一人ひとり、世の中のためになるように生きなさいという教えがあるんですね。だから、第二電電をつくって母から「あんた、こんな苦労をよくするね」と言われましたけど、私の中には、これは世の中のためになるんだ。健全な競争を促すことで電話料金を下げ、使っている人たちの生活を楽にすることができるという確信があった。苦労はしたけど、そういう社会的な義というか、信念はありました。


中谷健一

外回りでアポとアポとの時間が空いている時、いちいち会社に戻らず近くのカフェで作業したほうが、時間効率はよくなります。暑い時期に外を動きまるのは、それだけで体力を消耗しますしね。


山田真哉

突然ですが、問題です。あなたが、あるプロサッカー・チームの宣伝担当だとします。現在の成績は「1勝4分け」。パッとしない成績ですが、週末のゲームには観客をたくさん集めなければなりません。数字を使った広告を打つとしたら、どんなフレーズを使いますか?私ならこんなフレーズを使います。「今季は五戦無敗!」こうした言い方に変えると、パッとしなかったチームが、強豪チームのようにみえてきませんか?ちょっと数字の表現を変えるだけで、印象はガラリと変わってくるのです。


小飼雅道

パートナーシップで一番大事なのは相手の求めることにしっかりと応える能力があるかどうかですね。相手に頼るだけでは成功しない。


藤田晋

新入社員に仕事を教えることは、自分のためにもなります。側分の仕事のやり方を見つめ直したり、知識や経験を整理できたりするからです。時代の変化による、新しい視野や視点を得て、凝り固まった常識が変わったりすることも。指導した手前、恥ずかしい行動が取れなくなり、間然と仕事のモラルも高まります。ですから、自分の仕事で手一杯だとしても「教えることは良いこと尽くめ」と考えて接してほしい。


ショーンK

頭を使って考える仕事は時間を決めて集中してやるべきです。私の会社には、「M2H(Max 2 Hour)」という仕組みがあります。「これから2時間は集中して仕事をする」という宣言で、その間は周りの人は一切話しかけず、電話も代わりに取ってくれる、という仕組みです。


佐藤洋治

経営には浮き沈みがありますから、経営者の見方も、その時々によって変わるもの。


太田彩子

イライラの感情は、自分が思っている以上に周りに伝染しています。平常心を装っているつもりでも、顔がガチガチにこわばっていたり、あるいは職場での部下への口調が強くなってしまったりすることも少なくありません。


藤田晋

サイバーエージェントの歩みは決して平坦ではありませんでした。東証マザーズに上場した直後にネットバブルが崩壊。先行投資がかさみ赤字の連続。業績悪化につれて社員の人間関係も悪化し、離職率が異様に高い状態が続きました。このままではまずい。会社を根本的に変えなければと、危機に際して私が参考にしたのは、日本的経営でした。


國貞克則

目の前にぶら下がった転職候補先の高額な報酬に目がくらむと、人生の中で一番大切なことがわからなくなります。私は自分の子供には「お金を追っていたら、大切なものを見失うよ」と言っています。欲が抜けると、ふと目の前が開けるものです。


成毛眞

私が主に読むのは歴史書や、科学系の本。過去には学ぶヒントが豊富だし、仮説を立て、検証、実証して新しい理論を生む科学は、ビジネスでも重要なプロセスです。


曽山哲人

私は、人事部門の役割は、社内にある成功事例や勝ちパターンを他の部署にも移植する「パフォーマンス・エンジン」であり、経営と現場をつなぐ「コミュニケーション・エンジン」であると考えています。


ページの先頭へ