名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

田中将大の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

田中将大のプロフィール

田中将大、たなか・まさひろ。日本のプロ野球選手(投手)。兵庫県出身。小学1年生時に野球を開始。駒大苫小牧高校でエースピッチャーとして甲子園に出場。同チームの優勝に貢献。高校卒業後、ドラフト1位で東北楽天ゴールデンイーグルスに入団。同チームで数々の記録を残した後、メジャーリーグに挑戦。ニューヨーク・ヤンキースで活躍した。

田中将大の名言 一覧

一つひとつ乗り越えればいい。


遠い未来は目指さない。常に「明日の目標」をクリアし続ける。


メジャーリーグだって、昔は考えたことがなかった。あまりに遠くの話だった。だから、自分の中では仕事場がアメリカに移っただけ。


本格派だろうが何派だろうが、抑えりゃいいんですよ。


これだけは変えられない、これだけはずっと持っていないといけないというものを大事にして欲しい。ブレてはいけない。絶対に軸がないと駄目です。


全く考えていない。いまやるべきことをやるだけ。そのことは二度と聞かないでほしい。
【覚え書き|ルーキーが2年目にスランプに陥る「2年目のジンクス」に何か対策をしているかと聞かれたときの返答】


僕はもともと野球エリートじゃない。中一のときはレギュラー入りすらできなかった。プロに入っても最初は試行錯誤だった。結果、なにがあっても「しょうがない」と思えるようになった。打たれても「しょうがない」。次の打者に気持ちを集中する。負けても「しょうがない」。次の試合に全力を尽くす。


田中将大の経歴・略歴

田中将大、たなか・まさひろ。日本のプロ野球選手(投手)。兵庫県出身。小学1年生時に野球を開始。駒大苫小牧高校でエースピッチャーとして甲子園に出場。同チームの優勝に貢献。高校卒業後、ドラフト1位で東北楽天ゴールデンイーグルスに入団。同チームで数々の記録を残した後、メジャーリーグに挑戦。ニューヨーク・ヤンキースで活躍した。

他の記事も読んでみる

野田一夫

松下(幸之助)さんが何度も危機を打開できたのは、その指導力もさることながら、日ごろから周囲の人たちとの結束が固かったからだと信じています。


貞末良雄

商品を全て売れば、原価が高くても利益が出る。


小杉俊哉

マネジャーとは組織上の役割のことで、簡単に言えば社長、部長、課長といった役職を意味します。一方のリーダーは、あくまで個人の名前で機能するもの。そのため、どんなに地位が高くても周囲がその人を信頼していまければ機能しません。逆に言えば、役職や肩書に関係なく、誰もがリーダーシップを発揮することができるわけです。


島津義久

民の耕作の隙を見て、これを召使うことが肝要である。


上杉謙信

天の時、地の利に叶い、人の和ともに整いたる大将というは和漢両朝上古にも聞こえず、末代あるべしとも覚えず。


ジョン・メッツラー

アメリカ企業からは、日本の市場は不透明だといわれています。その多くは認識不足や理解度の違いにあり、それを解消する鍵は、人と人とのネットワークです。人を介して接点を持つことで、大企業であっても障壁は低くなり、多くのことが分かってきます。


澤田貴司

ファミリーマートの社長に就任してから続けているのが「澤田めし」。昼休憩に各部署のメンバー5~6人と自社のお弁当などを食べながら、仕事だけでなくプライベートのことまでいろいろ話をします。これまで120回開催して、710人の社員とランチをしました。


日比野隆司

朝から夜まで5分刻みで予定が組まれているので、移動時間も貴重です。私はその時間を情報収集にあてています。マーケットは森羅万象、あらゆることが反映されますから、幅広く情報を集めなければいけません。マーケット部門が長かったので情報を集める習性がついてしまいました。


福沢諭吉

人間の暮らしにかかわるすべてのことを、得か損かのソロバン勘定で決定してはなりません。大切なことは、経済の法則を用いるべき場所と、用いるべきでない場所とを、区別することです。


八ツ井慶子

「なぜ支出の見直しが必要か」ということを、子供にもきちんと話しましょう。同時に、どんな進路を目指したいかについても聞いておき、それにはどれくらいお金がかかるか、共有しておいても良いと思います。「希望に応じて、できる限りのことをする」という親の意志を示すことで、子供の中にも責任感が芽生え、協力態勢が強いものになるうえ、子供の金銭感覚も育てることができます。


塚本勲

昔、ある社員が米国で修理サービスの会社を立ち上げたいと言うのでやらせました。最初の3年は儲かりましたが、4年目と5年目に損を出して8000万円ほどの赤字がたまりました。その社員にリカバーできるかと聞いたところ、「いや、自信がありません」と言ってきました。そこで「もう、すぐやめようよ。今なら8000万円の損で済むんじゃないの」と、その会社を売却して撤退しました。単なる失敗話ではありません。その社員は米国で長期間滞在したことで現地の技術者と不自由なく話せるようになっていたのです。その後、技術統括の責任者として、新しい技術の動向をいち早く把握するなど活躍しました。


杉原千畝

私は大したことをしたわけではない。当然の事をしただけです。