名言DB

9413 人 / 110706 名言

田中将大の名言

twitter Facebook はてブ

田中将大のプロフィール

田中将大、たなか・まさひろ。日本のプロ野球選手(投手)。兵庫県出身。小学1年生時に野球を開始。駒大苫小牧高校でエースピッチャーとして甲子園に出場。同チームの優勝に貢献。高校卒業後、ドラフト1位で東北楽天ゴールデンイーグルスに入団。同チームで数々の記録を残した後、メジャーリーグに挑戦。ニューヨーク・ヤンキースで活躍した。

田中将大の名言 一覧

一つひとつ乗り越えればいい。


遠い未来は目指さない。常に「明日の目標」をクリアし続ける。


メジャーリーグだって、昔は考えたことがなかった。あまりに遠くの話だった。だから、自分の中では仕事場がアメリカに移っただけ。


本格派だろうが何派だろうが、抑えりゃいいんですよ。


これだけは変えられない、これだけはずっと持っていないといけないというものを大事にして欲しい。ブレてはいけない。絶対に軸がないと駄目です。


全く考えていない。いまやるべきことをやるだけ。そのことは二度と聞かないでほしい。
【覚え書き|ルーキーが2年目にスランプに陥る「2年目のジンクス」に何か対策をしているかと聞かれたときの返答】


僕はもともと野球エリートじゃない。中一のときはレギュラー入りすらできなかった。プロに入っても最初は試行錯誤だった。結果、なにがあっても「しょうがない」と思えるようになった。打たれても「しょうがない」。次の打者に気持ちを集中する。負けても「しょうがない」。次の試合に全力を尽くす。


田中将大の経歴・略歴

田中将大、たなか・まさひろ。日本のプロ野球選手(投手)。兵庫県出身。小学1年生時に野球を開始。駒大苫小牧高校でエースピッチャーとして甲子園に出場。同チームの優勝に貢献。高校卒業後、ドラフト1位で東北楽天ゴールデンイーグルスに入団。同チームで数々の記録を残した後、メジャーリーグに挑戦。ニューヨーク・ヤンキースで活躍した。

他の記事も読んでみる

蜂谷二郎

不動産会社がゼネコンや金融機関と組むケースがありますが、お客様の望むソリューションを提供するのは難しいのが実態です。というのも、不動産会社は不動産のことしか分かりません。ゼネコンは建築のこと、金融機関は金融のことしか分からないからです。三位一体でお客様にサービスを提供している会社はありません。一方で、当社はこれらの機能を持っているので、お客様にとって最も良い提案ができます。


山口周

独学の成果を上げるコツは、学びのターゲットを「ジャンル」ではなく、「テーマ」で決めることである。テーマを「徳川将軍家」に設定したからといって、ジャンルを「歴史」などと一対で設定するのも無意味だ。教科書的な基礎知識はひと通り得られても、「あなたならでは」の洞察力や示唆を得て新たな発想が生まれるかといえば、期待は薄いわけだ。「テーマを主、ジャンルを従」とするのは、領域を横断するインプットにより、様々なジャンルの知識が組み合わさり、新しいアイデアが生まれることを期待してのことなのだ。書籍の分類としてのジャンルに縛られる必要はない。「歴史」「文学」「経済」「心理学」「教育」等々はジャンルだ。一方、テーマとは自分が追求したい「論点」のことだ。


パトリック・ハーカー

ウォートンが世界に十分に開かれていることもブランド価値の向上に欠かせません。学部レベルではウォートンが第一期生を出したのは、いまから100年以上前の1884年です。卒業生は4人で、このうち一人は柴四朗という日本人でした。ウォートンが世界に門戸を閉ざすことなんていままでなかったし、想像もできません。


天谷雅俊

バブル経済がはじけると、景気の落ち込みで製品が売れなくなりました。しかも、価格も下落しました。そんなときに救いの手を差し伸べてくれたのが、バブルのときに誠心誠意対応した得意先でした。


塚本康浩

ダチョウの一番の問題点は、「コワい」ということ。抗体をつくるには、どうしたってダチョウに近づかざるを得ない。するとダチョウたちは危険を感じて、体重160kgもあるくせに、シャモみたいに跳び蹴りしてくるんです。僕も何度か吹き飛ばされてますね。あのかわいくも、恐ろしく凶暴な動物を実験材料に使えた、踏み込めた、というのは僕のダチョウ愛の賜物ではないでしょうかね。


おちまさと

「初めての体験」を作るのがお勧め。初めて買ったCDや初めて観た映画、それからファーストキス……よく覚えているでしょう? 大人になってからでも、意識してみると日々、ちょっとした「初めてのこと」はあるものです。とくに、子供と暮らしていると、小さな新しい発見はたくさんあります。些細なことでも構いません。実は人生は毎日「初めて」だらけだということを認識することが大切です。初めての出来事や初めて感じたことは記憶として残りやすいのです。そうやって意識的に行動を起こして記憶する習慣をつけていけば、記憶力も鍛えられるでしょう。


鶴岡秀子

アクションは最高のメッセージであり、人に語ると夢は成長する。


柴田昌治(コンサルタント)

「なぜ失敗したのか」「どうすれば問題を解決できるのか」を考える習慣が身につくことで、自分を成長させることができる。


大嶋利佳

会話すべてを自分の話で埋めるのではなく、意図的に沈黙をつくって、相手に入ってくることのできる隙を与えてあげるべきです。上司の方であれば「君はどう思う?」のあとに15秒くらいは黙って、部下の発言を待ってあげたらいいでしょう。


レイ・クロック

自分の視線だけで世の中を眺めるのでなく、上の人の目線になって想像する場面もあれば、下の人の視線で考える場合もある。寛容性や他人への共感がないとビジネスの現場は回っていかない。


高杉良

小説は取材なくしては書けない。取材は丈夫な足腰があってこそ。自分で会いに行けなくなったら引退かなと思いながら足腰を鍛えています。


野村克則

僕とオフクロはケンカばかり。オヤジはもっぱら調整役で「お前たちの話は膠着状態で終わりが見えないから、克則が折れろ」と言われたり。何かにつけて野球を引き合いに語ってくるんですよ(笑)。そんなオヤジの言葉で今も印象深いのが「自己評価ではなく人の評価で生きている」。選手、監督として長く戦ってきたオヤジだからこその言葉だと思います。指導者となった今、この言葉の重みをより実感しています。


ロバート・キヨサキ

「誠実さ」こそが良好な対人関係、新しいビジネスチャンス、そして明るい将来へのカギだ。だからこそ、あなたにも誠実に生きることを大事にしてほしい。


吉田耕作(統計学者)

協調によって会社全体の生産性を底上げすれば、勤労時間を短縮しても仕事をこなし切れる体制が整う。


鑄方貞了(鋳方貞了)

人的ネットワークづくりでは「ギブアンドテイク」の精神が基本です。例えば、異業種交流会に参加すれば、自分の業界のことを質問されてまともな答えができないようでは相手にされません。自分が相手に対して情報発信を期待するなら、自分も相手に対して情報発信することが大切です。そのためには、自分の業界や専門分野については勉強し、ある程度の見識を身につけておかなければなりません。