名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

田中実(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

田中実(経営者)のプロフィール

田中実、たなか・みのる。日本の経営者。「価格.com」「食べログ」などを展開する「カカクコム」の社長。兵庫県出身。東京外国語大学外国語学部ロシア語学科卒業後、三菱銀行に入行。米国・台湾駐在、本部勤務などを経験したのち、デジタルガレージに入社。その後、カカクコム取締役を経て社長に就任。

田中実(経営者)の名言 一覧

当社は特許も資産もなく、人材がすべての会社。現場の人間が働きやすい環境づくりを心がけています。


どんなサービスを提供すれば、お客様に喜んでもらえるか。それが大前提です。


ユーザーの本音やニーズを汲み取っておかないと、ユーザー離れを引き起こしてしまう。


弊社のビジネスモデルはすぐにマネタイズ(収益化)できるわけではなく時間がかかります。「食べログ」は05年に始めましたが、店舗からの課金は月間ユーザー数が1000万人を超えた09年からです。それまでは、掲載する店の数を増やせ、口コミを増やせ、写真を増やせということに注力してきました。でも、誰もやりたがらないからこそ、いったん成功すれば参入障壁になる。


カカクコムには熱いおたく集団がいます。うちには、「競合とどう差別化するか」といったことを、ビジネススクール的なアプローチで分析するような社員はいないんです。それに何の技術も特許もない。でも、カメラならカメラ、オーディオならオーディオ、「食べログ」ならレストランに誰よりも詳しいマニアがいる。そういう人材を雇っているのが、ほかとの差別化になっている。


消費者に、グーグルからアマゾンヘとか、ヤフーからレストランへと、直に行かれるのは非常に困る。それを防ぐにはいかに付加価値をつけるかで、その価値を出すにはやっぱり熱い連中を雇うしかないんですよ。だから僕は「この領域(商品・サービス)は事業として可能性があるから、おまえやってみろ」とは言わないんです。熱くないやつに命じても差別化できないので。


僕らのKPI(重要業績評価指標)は、「食べログ」だと掲載されている飲食店の数、使ってくださる利用者数、レビュー数などですが、5年後にどのくらいの数にするという目標は立てるものの、売上や利益の計画はあえて立てないんです。


銀行員時代にいろいろな会社を見てきた経験から、弱みの補完やリスク管理は得意です。だけど、強烈なリーダーシップがあるわけではない。僕ができる最大のことは、社員が喜びを見いだす環境、働きやすい環境を作ることくらいです。


グーグルのように全部検索エンジンでものを作り上げるような文化と違って、うちは手間暇をかけた労働をいとわない。どんな情報を入力するか。情報の構図を決めるのには、最初の入り口を決めることがすごく大事で、どんな階層を作っていくか、どんなタグを付ければ選びやすいかについては、すごく凝っていると思います。


スペック分類にはこだわっています。新しい製品が出ればデータはすぐに手入力しています。たとえばデジカメだと、何ピクセルとかバッテリーはどのくらい保つかとか、毎日すごい量を入力している。ですから条件検索も簡単にできるわけで、かなりマニアックな作りになっている。そうするとコメントを書く一般のユーザーも製品に詳しい人が集まってくるという好循環になります。


弊社は圧倒的な消費者のパワーをもって大量に客を送り込むことにより、ある意味、数で倒していくやり方ですね。中小業者がカカクコムヘの出店をやめてしまうと、売上が減ってしまうから、カカクコムから離れられなくなる。僕はこれを「カカク・アディクト(中毒)」と呼んでいます。でも出店料はアマゾンや楽天と比べて、3分の1~5分の1です。だから同じ業者の同じ商品であっても、楽天に出している価格のほうが高いこともあります。ですから、カカクコムのやり方は、店の体力をあまり奪わず、サステーナブル(持続可能)にしている。それこそがうちの真骨頂だと自負しています。


ひとつのサイトにはなるべく依存しない。


当社が運営する比較サイト「価格.com」には家電など様々な店舗が出店していますが、利用者が購入した後に出店企業が倒産して商品が届かなくなっては大変です。台湾で学んだ「現場を見て判断する」という教訓は、今も役に立っています。


私が課長として赴任した台北支店の営業二課には5人の現地人行員がいました。ヒューストン時代に米国人の行員と接するときは文化の違いに用心したものですが、今度は同じアジア人。心のどこかに「言わなくても分かってもらえるはず」という甘えがありました。これが失敗のもとです。


当社は企画の段階では採算を考えない。ユーザー投稿を主なコンテンツとするサイトの運営は、短期的な採算を考えてしまうとうまくいかない。まずはサイトの来訪者を十分に増やすことが大事。


田中実(経営者)の経歴・略歴

田中実、たなか・みのる。日本の経営者。「価格.com」「食べログ」などを展開する「カカクコム」の社長。兵庫県出身。東京外国語大学外国語学部ロシア語学科卒業後、三菱銀行に入行。米国・台湾駐在、本部勤務などを経験したのち、デジタルガレージに入社。その後、カカクコム取締役を経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

渡辺秀明

人は、あれこれ指図しなくても、意気に感じれば自然と動くものです。嫌々やっている人のお尻をたたいても、思うようには働いてくれません。大事なのは、一人ひとりに自分の仕事の意義を理解してもらい、自発的に発奮してもらえる環境を作ること。


臼井由妃

お勧めしたいのは。商談相手が来社された場合は相手が帰社する前に、こちらが訪問した場合は会社に戻ってすぐ、お礼のメールを送ることです。季節や時候のあいさつは省略し、「本日、○○さんがおっしゃったこの点が私の心を捉えました。教えていただいてありがとうございました」と、相手との出会いによる学びや喜びを素直に伝えます。会社に戻ると同時にこのようなメールが届いていれば、相手はあなたの誠意を感じ、あなたへの印象も変わってくるはずです。


小林一雅(小林製薬)

上司が間違った判断を下した場合、反省して謝るのも小林製薬の特徴かもしれません。私もそうですよ。かっとなって怒った後に、今のは間違いだったと気づいたならば、翌日でもいい。きちんと「悪かった」と素直に謝る。そこでメンツを気にしてしまうと、部下はついてこなくなる。そして、会社のまとまりがなくなることで魅力的な新商品が出なくなり、お客様の期待に応えられなくなります。


午堂登紀雄

タイムマネジメントとはモチベーションマネジメントそのものです。やる気さえあればたいていのことはできる。でもやる気がなければ、どんなに時間術を駆使しようと何もできません。


コロッケ(ものまね芸人)

僕を含め、多くのものまね芸人はショーパブやスナック育ち。どれだけテレビに出ても、原点はそこにあります。ただ、夜の世界にどっぷり浸かってしまうと、芸が雑になります。というのも、飲んでいる席でのものまねの評価は、芸人の自己満足になりやすい。そこでウケている芸が、シラフのお客さんが集まる舞台やテレビで同じように評価されるかというと、ウケません。この線引きがわからず、勘違いで満足してしまう芸人もいます。しかし、その瞬間、ネタは下降し始める。


近藤宣之

子会社であること自体が、構造的に社員のモチベーションに壁をつくっていた。「いい会社」にするためには、社員の高いモチベーションが必須で、その前提として、経営は独立独歩、独立自尊でなければならないと考えた。社員が十人であっても千人であっても、独立した組織で、経営者と社員が当事者意識を持って一丸となることが大事なのです。


金柿秀幸

大事なのは終わりの時間を決めることで、仕事のやり方の改善を促すこと。


三木谷浩史

僕はよくリスクテイカーだと言われます。でも、本当はそうじゃない。限りある自分の人生を、精一杯やったんだと思いたいだけ。人生を後悔するという最大のリスクを回避しているんです。


鈴木貴博(コンサルタント)

現代のビジネスの世界は、「敵」がよそからやってくる時代です。ある業界の中で安穏としていたら、他業界や外国から来たライバルに一気に蹴散らされてしまう。そんな時代に、まじめにコツコツとオペレーションをしているだけでは生き残ることは難しい。業界や日本という枠からひとつシフトアップして考えなくてはならないのです。


谷厚志

ある旅行予約サイトの運営会社に60歳代の夫婦から「朝食を自室で食べられなかったから代金を全額返して欲しい」という電話が入りました。担当者は「それくらいで全額返金を要求するのはクレーマーに違いない」と考えましたが、話を詳しく聴いてみると、ご夫婦ともに足が悪いので、旅館の予約をする際に重視したのが部屋での食事でした。しかしサイト情報の間違いで朝食はレストランでのバイキング形式だったのです。「右手に杖を持ち、左手にトレーを持ってどう料理を取るんですか」と。実はこのお客様は当初それほどお怒りではなかったのですが、クレーマー扱いされたので激高されてしまいました。


平野敦士カール

私は以前、NTTドコモiモード企画部アライアンス担当部長としておサイフケータイの普及を担当しました。最も苦労したのが、コンビニなどの小売店に対して、おサイフケータイに対応したシステムを導入してもらうことです。当初、「電子マネーを導入するとお客さんの決済が早くなります」と持ちかけていたのですが、なかなか受け入れてもらえませんでした。小売店の担当者にヒアリングをしたところ、決済の早さより、むしろ売上単価や、顧客数、顧客の来店頻度を上げたいと考えていることがわかりました。


竹内弘高

日本人はグループで作業するときに力を発揮します。私が担当したプログラムで、留学生がそれぞれの国を代表して何かやる「カルチュラルナイト」というイベントをやりました。そのとき日本の留学生たちは一致団結して入念な準備を行い、阿波踊りを披露しました。これがウケて、会場は大盛り上がり。日本人の株は急上昇しました。みんなの協力が必要な場面で発揮される日本人の強さについては、けっして海外のエリートに劣るものではないのです。