田中実(経営者)の名言

田中実(経営者)のプロフィール

田中実、たなか・みのる。日本の経営者。「価格.com」「食べログ」などを展開する「カカクコム」の社長。兵庫県出身。東京外国語大学外国語学部ロシア語学科卒業後、三菱銀行に入行。米国・台湾駐在、本部勤務などを経験したのち、デジタルガレージに入社。その後、カカクコム取締役を経て社長に就任。

田中実(経営者)の名言 一覧

当社は特許も資産もなく、人材がすべての会社。現場の人間が働きやすい環境づくりを心がけています。


どんなサービスを提供すれば、お客様に喜んでもらえるか。それが大前提です。


ユーザーの本音やニーズを汲み取っておかないと、ユーザー離れを引き起こしてしまう。


弊社のビジネスモデルはすぐにマネタイズ(収益化)できるわけではなく時間がかかります。「食べログ」は05年に始めましたが、店舗からの課金は月間ユーザー数が1000万人を超えた09年からです。それまでは、掲載する店の数を増やせ、口コミを増やせ、写真を増やせということに注力してきました。でも、誰もやりたがらないからこそ、いったん成功すれば参入障壁になる。


カカクコムには熱いおたく集団がいます。うちには、「競合とどう差別化するか」といったことを、ビジネススクール的なアプローチで分析するような社員はいないんです。それに何の技術も特許もない。でも、カメラならカメラ、オーディオならオーディオ、「食べログ」ならレストランに誰よりも詳しいマニアがいる。そういう人材を雇っているのが、ほかとの差別化になっている。


消費者に、グーグルからアマゾンヘとか、ヤフーからレストランへと、直に行かれるのは非常に困る。それを防ぐにはいかに付加価値をつけるかで、その価値を出すにはやっぱり熱い連中を雇うしかないんですよ。だから僕は「この領域(商品・サービス)は事業として可能性があるから、おまえやってみろ」とは言わないんです。熱くないやつに命じても差別化できないので。


僕らのKPI(重要業績評価指標)は、「食べログ」だと掲載されている飲食店の数、使ってくださる利用者数、レビュー数などですが、5年後にどのくらいの数にするという目標は立てるものの、売上や利益の計画はあえて立てないんです。


銀行員時代にいろいろな会社を見てきた経験から、弱みの補完やリスク管理は得意です。だけど、強烈なリーダーシップがあるわけではない。僕ができる最大のことは、社員が喜びを見いだす環境、働きやすい環境を作ることくらいです。


グーグルのように全部検索エンジンでものを作り上げるような文化と違って、うちは手間暇をかけた労働をいとわない。どんな情報を入力するか。情報の構図を決めるのには、最初の入り口を決めることがすごく大事で、どんな階層を作っていくか、どんなタグを付ければ選びやすいかについては、すごく凝っていると思います。


スペック分類にはこだわっています。新しい製品が出ればデータはすぐに手入力しています。たとえばデジカメだと、何ピクセルとかバッテリーはどのくらい保つかとか、毎日すごい量を入力している。ですから条件検索も簡単にできるわけで、かなりマニアックな作りになっている。そうするとコメントを書く一般のユーザーも製品に詳しい人が集まってくるという好循環になります。


弊社は圧倒的な消費者のパワーをもって大量に客を送り込むことにより、ある意味、数で倒していくやり方ですね。中小業者がカカクコムヘの出店をやめてしまうと、売上が減ってしまうから、カカクコムから離れられなくなる。僕はこれを「カカク・アディクト(中毒)」と呼んでいます。でも出店料はアマゾンや楽天と比べて、3分の1~5分の1です。だから同じ業者の同じ商品であっても、楽天に出している価格のほうが高いこともあります。ですから、カカクコムのやり方は、店の体力をあまり奪わず、サステーナブル(持続可能)にしている。それこそがうちの真骨頂だと自負しています。


ひとつのサイトにはなるべく依存しない。


当社が運営する比較サイト「価格.com」には家電など様々な店舗が出店していますが、利用者が購入した後に出店企業が倒産して商品が届かなくなっては大変です。台湾で学んだ「現場を見て判断する」という教訓は、今も役に立っています。


私が課長として赴任した台北支店の営業二課には5人の現地人行員がいました。ヒューストン時代に米国人の行員と接するときは文化の違いに用心したものですが、今度は同じアジア人。心のどこかに「言わなくても分かってもらえるはず」という甘えがありました。これが失敗のもとです。


当社は企画の段階では採算を考えない。ユーザー投稿を主なコンテンツとするサイトの運営は、短期的な採算を考えてしまうとうまくいかない。まずはサイトの来訪者を十分に増やすことが大事。


田中実(経営者)の経歴・略歴

田中実、たなか・みのる。日本の経営者。「価格.com」「食べログ」などを展開する「カカクコム」の社長。兵庫県出身。東京外国語大学外国語学部ロシア語学科卒業後、三菱銀行に入行。米国・台湾駐在、本部勤務などを経験したのち、デジタルガレージに入社。その後、カカクコム取締役を経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

坂根正弘

米国駐在時代、どうすれば相手を動かせるのか実践のなかで学んだのが、本質をつかむことの大切さでした。合理的に、端的に、問題の本質を伝えることができれば、たいていの相手は動いてくれるのです。


渡辺大

刑事役をやるようになって勉強のためにと買ったのが、『自分を鍛える働き方 刑事五十訓に学ぶ』という本です。これはドラマ『臨場』の刑事監修を務めてくださっている、元警視庁捜査一課の飯田裕久さんの著作で。その中に「刑事は高い飯を食え」という一文があるんですね。その心は、捜査に煮詰まったときこそ、うまい飯を食い、気持ちをリセットするべきだ、と。


有本隆浩

失敗してもいい。失敗は経験になる。行動しなければ失敗という経験を得ることすらできない。もちろん失敗を前提にする必要はない。


小宮山宏

自分は完全ではない。いつでも人に教えを請い、刺激を受けたい。そうやって一生学び続ける態度をとれるかどうか。自分の頭で考えられる人は、決して自説に凝り固まってはいけません。


茂木友三郎

革新と差異化をすることによって新しい付加価値を生み出すことができる。


遠藤結蔵

ビデオレンタルから始まった私たちのビジネスは、いわゆる「流行り物」商売で、これまで様々な商材や事業にトライしてはやめ、手応えのあるものだけが今残っています。


トマ・シルデ

最初、我々はフランス国内ではなかなか受け入れられず、「変わった趣味を持った人達だな」と思われていました。それでも同好の士が集まる場所を作りたいと考えて立ち上げたのがジャパンエキスポです。日本文化への扉を開くために、フランスの人々に人気のアニメ、漫画を紹介しつつ、ポップカルチャー以外の文化についても幅広く紹介をしていきたいと考えました。


野村克也

仕事道具にこだわる人間は、仕事に対する貪欲さを常に持っている。だから、成果をあげられるのかもしれん。


青野慶久

私自身、売上利益を莫大にしていくことよりも、世界をよくしていくための影響を与えることの方が、やっていて楽しいと最近気づきました。みんなが発想を変えてこれまでとは違うことをやってみれば、もっと楽しい世界になるはずだという思いがあります。


中村邦晴

座右の銘「まことに日に新たに、日々新たに、また日に新たなり」は「今日より明日をよくしよう」の意味だが、今日を精一杯生きなければ明日はよくならない。思いを伝え、仲間を元気づける。それを社長の基本として、日々精一杯生きようと心を新たにしている。


田島弓子

小さな達成感を味わうことで、これができたのだからこの次もできるだろうという自信にもつながります。


舟橋孝之

自社の商品を売ることをゴールにせず、「その商品を活用して、お客様の会社の売上げアップをめざす」といった、より高い目標をお客様と共有し、それを一緒に目指すひとつのチームを組む、という気持ちになれば、契約が成立した後も自然とフォローが続くはずですし、クレームなどのトラブルにもなりにくいのです。


福岡伸一

生命は常に揺らいでいます。押せば押し返しますし、引っ張れば逆に引っ張りかえそうとします。情報とエネルギーを投入し、あるとき効率がアップしたとしても、別の個所でダウンしてしまいます。


橋本真由美

ブックオフの店舗では、店長をのぞけば大半が学生さんや主婦のパート・アルバイトさんです。若い人もたくさんいますけど、みんなものすごく真面目で、やる気にあふれています。あるアルバイトさんは「以前のアルバイトは暇だと嬉しかったのに、いまは忙しい方が嬉しいです」「働くことが楽しくなりました」と言っていました。


若林正恭

大きくヘコんだとき、その時点で「これは5日引きずるな」と見積もるんです。6日後には立ち直っていると思えば、実際はそこまで引きずらなくなる。


ページの先頭へ