名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

田中宏司の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

田中宏司のプロフィール

田中宏司、たなか・ひろじ。日本の経営学者。「東京交通短期大学」教授・学長。中央大学第二法学部卒業、中央大学第二経済学部卒業。日本銀行、ケミカル信託銀行管理本部副本部長・コンプラインスオフィサー、早稲田大学講師などを経て立教大学大学院経済学研究科教授に就任。そのほか、東京交通短期大学学長、日本経営倫理学会副会長などを務めた。

田中宏司の名言 一覧

まず現場における行動基準を周知徹底し、社内でコンプライアンスの遵守とフォローアップの体制を整備すること。そして、地道にかつ適正にコンプライアンス経営を実践し続けることにより、はじめて社会からの信頼が得られる。


企業が誠実に事業活動を行なうには、経営トップのリーダーシップとコミットメント(公約)のもとでの経営理念・価値観を共有化することが重要。


コンプライアンスの真の意味は、「ビジネスにおける誠実性」。


企業不祥事が発生すると、「悪循環」「逆スパイラル」に落ち込む。「顧客離れ→売上減少→利益の落ち込み→株価下落→資金繰り悪化→社員の士気低下→経営の動揺」と、まるで坂を転げ落ちるような勢いで企業経営は悪化する。最悪の場合は、経営破綻にもつながる。


田中宏司の経歴・略歴

田中宏司、たなか・ひろじ。日本の経営学者。「東京交通短期大学」教授・学長。中央大学第二法学部卒業、中央大学第二経済学部卒業。日本銀行、ケミカル信託銀行管理本部副本部長・コンプラインスオフィサー、早稲田大学講師などを経て立教大学大学院経済学研究科教授に就任。そのほか、東京交通短期大学学長、日本経営倫理学会副会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

出雲充

ミドリムシクッキーの人気が出るまでのプロセスを通じ、私は考え方を変えた。それまではデータを駆使して科学的な真実を示すことに注力してきましたが、人々の感情に訴えかけることの重要性に気付いた。


山田義仁

事業が一本足でなくいろいろな事業を持っているということは人財活用という観点からもいい。


メンタリストDaiGo

読書はストレス解消に向いています。ストレスを解消するには、「ゆっくり自分一人の時間を取る」ことがすごく大事。読書といっても、何か仕事で読まなくてはいけない本を読むのでは、ゆっくりした時間が取れません。小説のようなフィクションや紀行文などを読むと良いでしょう。これらは、他人への共感能力を上げる意味でも役立ちます。集中できるよう、読書の間はスマホの電源を切っておきましょう。


宮内義彦

友達をつくれ。世界が広がるから。最初から性悪説で入らずに、まず付き合ってみて、その上で判断すればいい。


藤井孝一

お小遣いを稼ぐだけなら、アルバイトでもできます。しかし、アルバイトは誰かの考えたビジネスモデルの末端を担うだけです。週末起業をすれば、会社を辞めてもその経験や自分の会社が残ります。明日、自分の会社がどうなるか不確かな時代、キャリアにおいてもリスクを分散してはどうでしょうか。


田中マルクス闘莉王

サッカーは11人のうち1人でも欠ければ負担がかかる。最後にみんなハッピーで終わるには、誰かの1%の力でも足りないと難しい仕事になってしまう。だから、厳しい言葉もかけます。別にその選手を傷つけるつもりはありません。その選手のベスト、どれだけの力を出せるかを把握したうえで、その人に要求します。みんなに普段の100%、あるいは100%プラス何%の力を出してもらうために、チームの中で僕にできる役割があるのかなと思ってます。


オダギリ展子

組織で働いているのであれば、どこに何があるのかが、自分だけにしかわからないというのは禁物です。職場の人たちと共有できる整理術を心がけることが重要です。誰でも一目でわかるように整理しておけば、出張先から電話一本で、同僚に資料を確認してもらうことも可能です。欲しい情報がすぐに得られます。


野村忠宏

アテネ五輪を目指して乗り越えた地獄のような日々が、自分の心を最高にたくましく、強くしてくれた。


千眼美子(清水富美加)

大人になると「○○しなくちゃ」というマストの呪縛から逃れられなくて、どうしても窮屈になってしまうけど、このエッセイだけは自由に、つれづれなるままに書かせてもらいました。自分でも何を書いたか忘れるくらいしょうもない、どうでもいいことばっかり。だけど、案外そういうものが大事なんじゃないかなって。


村上憲郎

ビジネスパーソンとして生きていくうえで最も基本となる知識は、「会社のしくみ」「財務・簿記の知識」「経済学」などです。どんな仕事をするにせよ、これらの知識を持っているか否かの差は大きい。


森田仁基

事業が上手くいっているときこそ、リスクを抱えている。危機感を敢えてつくり出して、組織を運営していくことも必要。


本田圭佑

人生が成功だったか失敗だったかという評価は、死んだ後に、残された人たちが下すものだと思う。だったら、後悔のないように全力で生きることしか、自分にはできないんですよね。