名言DB

9412 人 / 110637 名言

田中太一郎(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

田中太一郎(経営者)のプロフィール

田中太一郎、たなか・たいちろう。日本の経営者。「エヌエイチパーキングシステムズ」社長。大阪出身。関西学院大学商学部卒業後、日立造船勤務、エヌエイチパーキングシステムズ営業部長、取締役営業本部長などを経て社長に就任。

田中太一郎(経営者)の名言 一覧

大手重工業メーカーが競合相手となりますが、専業メーカーである強みを生かして、小回りの効く商品開発や充実したアフターサービスで勝負しています。


当社の事業はあくまでも顧客あってのビジネスなので、きっちりとお客さまに向き合いながら仕事のできる人材が理想的。


おかげさまで、六本木ヒルズや東京ミッドタウン、なんばパークス、最近では東京スカイツリータウンなど、都市のランドマークとなるような商業施設にご採用いただいております。こうした実績が評価され、さらなる受注につながっていると思っています。


田中太一郎(経営者)の経歴・略歴

田中太一郎、たなか・たいちろう。日本の経営者。「エヌエイチパーキングシステムズ」社長。大阪出身。関西学院大学商学部卒業後、日立造船勤務、エヌエイチパーキングシステムズ営業部長、取締役営業本部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

伊藤亮太(ファイナンシャルプランナー)

「何のために」「どれくらいの期間」「どの程度の金額まで」運用を行うか。これをはっきりさせることが資産運用のスタート。基本的なことではありますが、すぐに答えられる人は多くありません。ただ、こちらがいろいろ質問をするとその輪郭がだんだんと見えてきます。つまり潜在的には目的、目標があるわけで、そこをまず顕在化することが第一歩です。そのうえで、家計を「生活防衛資金+使用予定資金」と「余裕資金」に分けて、どれくらい投資に回せるかを考える。これも基本中の基本です。


小野喬

私の一番好きな言葉は、努力だ。私のモットーとしている。単純な言葉だが、何を始めるにせよ必要なのはこれ以外にないと思う。そして自分の苦しさ、悩みなどは口に出して言うべきものではないだろう。それはひとりで心の中にしまいこんで耐え、戦うもの。そして戦い終わったのちは、ケロリとしてなんでもなかったような顔をしているものだと思う。


中村貞裕

アーティストや建築家は二番煎じを否定、ゼロから1を作る。だから事務所がストイックな雰囲気になる。トレンドを作るときはもっと活き活きとしていることが必要。だからゼロからではなく、1を沢山つくってそこから大きくするという発想が大切です。


中村雅行(経営者)

人間は座ったままじっと考えていても、よいアイデアは浮かびません。立ち上がることで気分転換になり、アイデアも浮かびやすくなります。また、資料を読むといった作業も、実は立って行ったほうが効率的。作業中に資料を取りに行き、また戻ってという際も、立っていたほうがよほどスムーズです。


ゲーテ

人間の魂は、つねに耕される田畑のようなものである。よその国から種を取り寄せ、それを選抜し、蒔くのに時をかける注意深い園芸家であるのは屈辱的なことであろうか。種子を手に入れ、選抜することが、そんなに早くできるものであろうか。


鈴木敏文

大事なのは革新力だ。完全に自己否定しなくちゃならない。日本でセブンイレブンを作る時、当時はスーパーが伸びていたが、絶対にヨーカ堂のMD(マーチャンダイジング=商品政策)のマネをしてはいけないと思った。スーパーはこれから成熟期に入ると思っていたからだ。だからヨーカ堂の人間をセブンイレブンには持ってこず、素人集団でやってきた。


堀口智顕

社員には「ニーズに応えるのでなく、ニーズのニーズに応えろ」と教えます。これはニーズそのものだけでなく、ニーズが起きる原点を捕らえに行くということです。


石川康晴

創業5年目でガクンと急降下。業績は赤字転落。そこでSPA(製造小売業)に取り組み始めて、2年後の2001年には売り上げ21億円、営業利益率27%の数字を叩き出したんです。「自分は天才じゃないだろうか」と勘違いしましたね。完全な勘違い。翌年には一気に倒産危機というところまで落ち込んだんです。創業5年目の失敗の原因と同じで、僕はすぐ天狗になってしまう。失敗というお灸を据えられても、その効果がずっとは続かないようです。


藤田晋

社員がプライドを持てるかどうかについては、リーダーのマネジメント能力が問われます。リーダーは、「自分たちは何が強みで、どんな誇りを持って働くか」を、周囲にしっかり伝えなければいけないからです。例えば、「やれって言われたから、やっています」と言う部下がいる部署は、リーダーのマネジメント能力は低いと言わざるを得ないでしょう。


篠塚孝哉

リクルート時代にも、友人からおすすめの宿をよく聞かれました。「じゃらん」で調べれば簡単に分かるのですが、たいていの方は年1~2回しか旅行に行かないので、2万5千件もの口コミから宿を選ぶのは大変ですよね。つまり、重要なのは選択肢の多さではないのです。信頼できるソースから3案程度に絞って提案されたほうが決めやすいということです。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

無計画にお金を使っていることがいかに危ういことか、うすうす感づいていたとは思いますが、実際にライフプランを立ててみると、それが現実味を持って迫ってくるのです。


佐藤治彦

洋服ダンスの中を見ると、何度も着るお気に入りの服と、ほとんど着ずにタンスの肥やしになっている服に分かれているもの。バーゲンで安く買った服に限って、あまり着ていなかったりします。安くてもほとんど着なければ、結果的にお金のムダ。それよりも、お気に入りの洋服を定価で買って何回も着尽くしたほうが、1回あたりの利用コストはぐんと下がり、結局は安い買い物になります。


甘利信忠(甘利昌忠)

小辱を甘んじて大道を捨つるは狂するに似たり。


松永安左エ門

人間は商売をするために生まれてきたものではない。金を貯めるために生まれてきたものでもない。政治をするためでもない。社会に出た人間としてまず自分の生活を立てることは大切だが、金儲けにためには早回りして、いかなる手段も断行した私。しかし、これも少しく考えてみると、自分の知恵、才覚でやったようでも、多かれ少なかれ、人の、社会のお世話になっている。そう考えると、今後の自分の行動は、国家社会にできるだけ奉仕することが必要と思うようになった。
【覚書き|30代で財産すべてを失ったときを振り返っての発言】


松田公太

目標が設定できたら、すぐに行動に移そう。そして目標を達成するためには、様々な経験を積んでいくことだ。頭の中で結論を出すより、働きながら考える方が、人間の五感をフルに働かせることができる。100の理屈より、1つの行動が勝ることが多い。