名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

田中均の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

田中均のプロフィール

田中均、たなか・ひとし。日本の外交官。京都府出身。京都大学法学部卒業後、外務省に入省。オックスフォード大学政治経済学修士課程修了。37年間外交官として、日米経済摩擦時代の経済交渉、日米安保の交渉、北朝鮮との交渉などで実力を発揮した人物。小泉首相の訪朝を実現させたことなどでも知られている。退官後は東京大学公共政策大学院客員教授、日本総合研究所理事長などを務める。主な著書に『プロフェッショナルの交渉力』『外交の力』など。他に国際外交について多数の雑誌論文を寄稿している。

田中均の名言 一覧

交渉というのは結果をつくるプロセスです。そのためには双方にとっての共通利益は何かを考えなければなりません。


交渉で相手につけこむ余地を与えないためには、どんな長時間交渉でも、前半に口にした言葉と最後に話したことが矛盾してはいけません。根本の部分で首尾一貫していなければならないのです。


実際の交渉にあたっては、いつも自分自身に問いかけたものです。「自分がやろうとしていることは本当に正しいのか?」と。頭の中で繰り返し反芻し、確信を持ったうえで交渉に臨むように交渉に挑むよう心がけました。そうすれば、どんな場面でも発言がブレが生ずることはありません。


難しい相手と交渉し、自分たちの要求を実現させるには、「大きな地図」を描いて見せることも必要です。単一の問題の枠内だけで攻防を展開するのではなく、いろいろな問題をパッケージにして持ちだすことです。相手に「この交渉に乗れば、中長期的に結局は自分たちにも利益になるな」と思わせることです。


交渉相手の人物を知ることは、交渉の担当当事者の地位や実力をチェックすることです。事前交渉を重ねた人物が本当に決定権を持っているのかどうかを見極めなければいけません。肩書と真のランクとが一致するとは限りません。


敵意のある相手と交渉して、こちらの要求を実現させるには、まず相手を知ることです。対象となる国と、交渉に応じる人物、相手国が確保したいと考えている利益は究極には何なのかなどを見極めることです。そこを徹底的に分析して、把握しておかなければなりません。


田中均の経歴・略歴

田中均、たなか・ひとし。日本の外交官。京都府出身。京都大学法学部卒業後、外務省に入省。オックスフォード大学政治経済学修士課程修了。37年間外交官として、日米経済摩擦時代の経済交渉、日米安保の交渉、北朝鮮との交渉などで実力を発揮した人物。小泉首相の訪朝を実現させたことなどでも知られている。退官後は東京大学公共政策大学院客員教授、日本総合研究所理事長などを務める。主な著書に『プロフェッショナルの交渉力』『外交の力』など。他に国際外交について多数の雑誌論文を寄稿している。

他の記事も読んでみる

傳田信行

本社への要求の声を出し続けないと、外資系日本法人の経営者は務まりません。いつ辞めても構わないと覚悟を決めて、最終的に会社にとって重要だと思うアクションを取り続けなければならないのです。一時的にでも相手の機嫌を取るようなことをしていたら、すべてを失います。


小倉広

理想ばかり追い求めている人は、現実から逃げているということを直視すべき。


孫正義

数字で考えるのではなく、数字を感じるレベルに達しなさい。


浅井浩一

38歳で営業所長を任されたときのこと。いきなり古参の部下の反発に遭いました。リーダー然として部下に指導しようと思っていたので、戸惑いました。でも、このままでは何もできない。そこで、恥をしのんで、私は営業のことは何もわからない。「申し訳ないが、一から教えてくれないですか」と部下に頭を下げて、教えを請うたのです。私が初歩的なことをあれこれ聞いていたのを見て、部下同士も「そんなこと聞いていいんだ」と様々なことで確認や質問をし合うようになり、所内に一体感が生まれたのです。結果、僕は何も指導してないのに、営業所の成績は急上昇し全国でも上位になりました。


山口周

私の場合、「何がクライアントにとって最もいいことか」を判断の軸に置いている。それを最優先事項と考えれば、自分が取るべき行動はすぐ決定できる。


松橋良紀

こちらが聞き役に徹していると、「自分ばかり話して申し訳ない」と思うのか、相手の方から「ところで、どういう商品?」などと説明するチャンスを与えてくれることもあります。ここまでこぎ着ければ、ほぼ確実に売れます。


小路明善

ナンバーワンブランドを増やすことにこだわる。そしてナンバーツーブランドはナンバーワンにしていく。


渡邉英彦

コンセプトとパフォーマンスは分けて考えないといけません。両方とも真面目にやろうとするから失敗するのです。
【覚書き|ユニークなネーミングやパフォーマンスでまちおこし展開していることについて語った言葉】


坂本孝

家業は精麦から畜産の配合飼料へ事業転換し、全農の下請けとして再スタートすることで窮地を脱しました。ところが経営が安定してくると、農協関係者の介入が増え、私たちの決定権が奪われていったのです。私は元来、自分の思うとおりにやらないと気が済まない性格です。会社の官僚化が進むことにいら立ちを感じ、私はついに独立して自分の道を進む決心をしました。


日覺昭廣

時流迎合タイプの経営ではなく現場主義に基づく時代適合の経営を目指しています。そのために、10年単位の「長期の展望」、3年程度の「中期の課題」、足元で実行すべき「今の問題」という3つの時間軸で経営を考えています。


栗山英樹

選手を育てるのは監督の仕事ですが、しかし結局のところ、その選手が伸びるかどうかは本人次第です。人は育つときには、自分の力で育っていくはずです。ただ僕にできるのは、「彼なら伸びる」と信じて、活躍できる環境をつくってあげるだけだと思っています。


田村重信

ちゃんと分析して、リアルに考えていく必要がある。学者はいつも、本当にもう、妄想の世界に生きている。