田中克典(経営者)の名言

田中克典(経営者)のプロフィール

田中克典、たなか・かつのり。日本の経営者。「インター・ベル」会長。大手アパレル、コンサルティング会社、化粧品会社などを経てインター・ベルを設立。

田中克典(経営者)の名言 一覧

コツコツ日々の小さな積み重ねが積もって、大きな成績や結果を生む。だから、細かいことを大切にできない人は大きいことは絶対にできない。


私は自分が出会ってきた人や起きたことから学び、感じとることをずっと大切にしてきました。


とにかくいきなり良い営業成績を出そうとしている人に対しては、「一日や二日で顧客を作ることは無理。お取引様を知る努力を日々コツコツ行って、半年後、1年後に良い関係を作っていくことを大切にしなさい」ということを話しています。


できる限り、週に1~2回はランニングをして汗をかくことを大切にしています。汗をかくと、実はそれだけで、仕事でストレスに感じていたこともリフレッシュされていることがあります。肉体的にも、太りすぎないようにカロリーを消費してくれる効果があるので、走ることはとてもいいと思います。週末はランニングでだいたい1時間ぐらい、10kmぐらい走っています。


田中克典(経営者)の経歴・略歴

田中克典、たなか・かつのり。日本の経営者。「インター・ベル」会長。大手アパレル、コンサルティング会社、化粧品会社などを経てインター・ベルを設立。

他の記事も読んでみる

粟田貴也

いけるという自信めいたものがあればゴーサインを出します。ただあくまで仮説なんで、外れる場合もある。だから絶対大丈夫じゃないし、失敗もしています。ですからあまり過信してはいけないというのを自戒の念としてもっています。


一ノ瀬隆

研究開発力の高さが当社の強みであり、R&D(研究開発)投資は惜しみません。さらなる発展のためには外国人の新卒採用も積極的に行っております。情熱に溢れた優秀な若者を見ると将来が楽しみになります。


井上礼之

日頃から各国の政府関係者やキーパーソンと交流を深めておくことも大事です。ロビー活動と言っても、お金を払って政治家などにアプローチし、自社に有利な政策に誘導しようとする活動とは違います。当社の環境ロビー活動は、国際機関の関係者や各国の政策担当者、オピニオンリーダーらに、国際ルールや政策の決定に必要な情報を提供したり、当社が改めて調査したりして協力するようなサロン的な活動です。空調への理解が深まれば、偏った情報に基づく政策決定や行き過ぎた規制の抑制にもつながります。


アウン・サン・スー・チー

人間だから衝突することもある。それを解決する手段は銃で殺しあうのではなく対話です。必ず協調点はあります。絶えず相手の気持ちをわかろうとすること。自分が希望や恐れを抱いているのであれば、相手も希望と恐れを持っていることを共感を持って理解することからはじめましょう。


エルバート・ハバード

批判されたくなければ、何もせず、何も言わず、何者でもなくなればいい。


新井直之(執事)

大富豪の時間術が最も端的に表れるのが10分間会議です。会議は討議するための場ではなく、すでに出た結論を承認する場だと考えています。出席者が何か提案する場合、10分しかなければ相当な準備が必要です。充分にリサーチし、資料づくりもプレゼンの組み立ても完璧にします。関係者への根回しも欠かしません。ほかの出席者も、事前に資料をしっかり読み込んできます。全員の準備が徹底されてこそ、10分会議は可能になるのです。


齋藤正勝

作ろうとしているシステムには、絶対の自信があった。その仕事を続けていこうと思ったら、独立という道へ自然に絞られてきました。


菊川剛

一週間後、一か月後の予定がわかっていれば、自然と頭の中で仕事の優先順位をつけられるようになってきます。また、退社するまでに明日の仕事に必要な資料の整理などの事前準備もするようになって、仕事の効率が格段にアップするものなのです。


野路國夫(野路国夫)

サブプライムローンショックの影響を最小限にとどめることができたのは、サブプライムローンの焦げ付きが問題になる前に米国の住宅着工件数が減少に転じたことを把握して、いち早く手を打ったからです。それまでタイの工場から米国へ輸出していた油圧ショベルを、中南米や南アフリカなどの新興国に振り向けました。


大宮久

今までなかったビジネスや市場を創造していくことが大事。既にある分野に参入していけば取り合いになるだけですから。


出口治明

成功体験を持っている人にそれを捨てろと言っても、なかなか捨てられない。今の日本のしんどさの原因は、「成功が失敗の母」になってしまっているからだと思います。


加藤進(住友商事)

受注が増えたのはいいのですが、今度は忙しすぎて、日曜も操業しないと追いつかない。机上の計算では週6日の仕事量だったので、「もっと能率を上げて日曜くらい休もうよ」と提案したら、「ていのいい人件費削減だ」と猛反発を食らいました。よく聞けば、時給が2倍の日曜出勤は従業員にとって大歓迎だったのです。彼らの健康を考えての提案だったのですが、どこかに「分かってくれているはず」という過信があった。相手の立場を考え、もっと丁寧に説明すべきでした。
【覚え書き|米国の子会社「ミシガンスチール」社長時代を振り返っての発言】


ピョートル・フェリクス・グジバチ

「ミラーニューロン」と呼ばれているのですが、哺乳類は基本的に相手の行動を見て、同じようなエネルギーを作る。いかに相手のエネルギーとダンスをするように動くかが大切。


ロバート・ドブキン

インターンシップに応募する学生を面接すれば、アナログの得意な人はすぐに分かります。優れているかどうかを試すために、学生に壊れたエレクトロニクス製品を渡して、直してくれと頼みます。回路を理解していれば、すぐに直せます。


江崎勝久

商品は世の中に出した以上、永久に売るつもりでないといかん。


ページの先頭へ