名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

田中健二(農業経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

田中健二(農業経営者)のプロフィール

田中健二、たなか・けんじ。日本の農業経営者。「ベジフルファーム」社長。暴走族総長、農産物市場運営会社勤務を経てベジフルファームを設立。著書に『ヤンキー村の農業革命』。

田中健二(農業経営者)の名言 一覧

農業は今のままだと、あと10年持たないよ。農家がどんどん年取ってるし、補助金に頼り続けるのも限界があるし。若い人に就農させて、産業として自立させないといけない時期に来ているよ。


現代人は肥満、高血圧なんて言うけれど、そんなの農業をすれば一発で解決する。みんなで体を動かして、たくさん食べて早く寝れば、健康になるから医療費抑制とか余裕でしょ。通勤ラッシュに巻き込まれることはないし、帰りは早いから家族と過ごせる時間も増える。


農業は「きついのに儲からない」と言うけど、大間違いだって。「儲からない」ってみんなが言い過ぎるから、そういうイメージになってるだけ。きついのは確かだけど儲かる。何でかって言うとカネを使わなくなるから。1日農作業すると、疲れてすぐ寝ちゃうんだよね。昔は暴走族の総長として鳴らした俺でも、クタクタになるし。仕事が終わってから、他のことをする余裕なんかない。だからお金を使わない。それから野菜は畑で手に入る。だから食費が安くなる。そりや会社勤めをしていた時に比べると収入は減るだろうよ。でも生活費も少なくなるので貯金は増える。


田中健二(農業経営者)の経歴・略歴

田中健二、たなか・けんじ。日本の農業経営者。「ベジフルファーム」社長。暴走族総長、農産物市場運営会社勤務を経てベジフルファームを設立。著書に『ヤンキー村の農業革命』。

他の記事も読んでみる

後藤卓也(花王)

仕事のコツを学ぶのは普段から上司や先輩とコミュニケーションを密にとっていれば、それほど難しいことではないと思います。


孫泰蔵

シリコンバレーの場合、「失敗=経験」と評価されます。失敗が多いと、逆に評価が上がるのです。今回初めて起業する人と3回失敗した人。同じ規模の企業であれば、ベンチャーキャピタリストは失敗を経験している方に投資をします。失敗経験が無い人は、大きな壁に直面した際に乗り切れるか不安ですが、失敗した経験を積んでいる人は、どうにか対処するだろうと信用されるのです。


清水克彦(報道キャスター)

私は45歳で大学院に入学しましたが、修士号取得のためというよりも、そこに集まる社会人学生との出会いに期待したから。実際、企業に勤める方や国家公務員、教員など、多様な世界の人と知り合うことができました。


山口絵理子

頑張り方が間違っているから業績が上がらないスタッフを、感情的に怒ってもダメです。合理的に、丁寧に説明しないと、やり方を変えてもらうことはできません。納得しないと動かないのは日本人も同じです。


樋口武男

1994年に大和団地の社長となり、再建を任されたとき、「大量解雇はいつするのか?」新聞社5社が来て、5社が同じ質問でしたよ。んなアホな、と。確かに大和団地は不動産バブル崩壊の影響で、財務状態は最悪でした。誰の目にも危ない会社で「リストラする!」なんて言ったら、残った人材の中では「良いほう」から辞めていく。だから僕は「リストラはしない。むしろ採用を増やす。攻めに出て10年で復配。売上2000億円だ!」と、思い切り前向きな目標を掲げてやったんです。一方で支店の成績は厳格に見て、成績が悪い支店長は即座に替えた。ようはリストラする代わりに厳しさという、「熱湯」を注いだんです。効果は早かったね。まず120人の退職者が出ました。上から逃げた? 違う。下から逃げた。結果、筋肉質になった大和団地は2000年3月期には売上が1441億円と倍増した。


国谷裕子

最後は「できる限りのことはやった」という実感が背中を押してくれる。


西本甲介

経営の自由度がいかに重要かは、私自身が経験したことでもあります。96年、創業者である関口房朗社長を解任せざるを得ないという出来事がありましたが、結果としてそれが過去のしがらみを断ち切ることとなりました。私が思い切った構造改革に踏み切れたのもそのためです。


夏原平和

一段高いレベルの意識や行動を活動に求めています。たとえば、「いらっしゃいませ」は通常のあいさつ。しかし、「お暑いなか、ありがとうございます」「雨ですので、お気をつけてお帰りください」とひとこと添えれば、お客様の印象はぐっとよくなる。それにとどまらず、顔見知りのお客様には名前を呼んでみたらどうだろう、などと従業員が自分たちで考え、実践しています。


三谷宏幸

分析より行動の方が大事という見方もできますが、経験を体得せず、やみくもに行動するだけでは成長につながりません。常に考える姿勢を身につけることが大切。


重田みゆき

説得力、余裕や自信、大人らしさといったプラスの印象をつくるにあたって、笑顔は最強の味方となるツールです。


出井伸之

企業とは、価値を創造するもの。


冨山和彦

事業と機能のリシャッフルは早くした方が、その機能しか担えない人たちが仕事を失うリスクが小さくなる。事業価値があるうちに勝ち組に売却すれば、社員はより長く働け、給料も恐らく増える。