田中健二(農業経営者)の名言

田中健二(農業経営者)のプロフィール

田中健二、たなか・けんじ。日本の農業経営者。「ベジフルファーム」社長。暴走族総長、農産物市場運営会社勤務を経てベジフルファームを設立。著書に『ヤンキー村の農業革命』。

田中健二(農業経営者)の名言 一覧

農業は今のままだと、あと10年持たないよ。農家がどんどん年取ってるし、補助金に頼り続けるのも限界があるし。若い人に就農させて、産業として自立させないといけない時期に来ているよ。


現代人は肥満、高血圧なんて言うけれど、そんなの農業をすれば一発で解決する。みんなで体を動かして、たくさん食べて早く寝れば、健康になるから医療費抑制とか余裕でしょ。通勤ラッシュに巻き込まれることはないし、帰りは早いから家族と過ごせる時間も増える。


農業は「きついのに儲からない」と言うけど、大間違いだって。「儲からない」ってみんなが言い過ぎるから、そういうイメージになってるだけ。きついのは確かだけど儲かる。何でかって言うとカネを使わなくなるから。1日農作業すると、疲れてすぐ寝ちゃうんだよね。昔は暴走族の総長として鳴らした俺でも、クタクタになるし。仕事が終わってから、他のことをする余裕なんかない。だからお金を使わない。それから野菜は畑で手に入る。だから食費が安くなる。そりや会社勤めをしていた時に比べると収入は減るだろうよ。でも生活費も少なくなるので貯金は増える。


田中健二(農業経営者)の経歴・略歴

田中健二、たなか・けんじ。日本の農業経営者。「ベジフルファーム」社長。暴走族総長、農産物市場運営会社勤務を経てベジフルファームを設立。著書に『ヤンキー村の農業革命』。

他の記事も読んでみる

江川達也

昔誰かが考えついたやり方を覚えたって、そんなのちっとも楽しくないじゃないですか。それより僕は、自分で「江川流」の解法を考えだすのが好きだったんです。


粟田貴也

結果がみえるまでのあいだは、つねに問題意識を頭のなかにおいて、シミュレーションをしています。万全とはいえませんが、備えができるので、何もしないよりはしておいたほうがいい。


近藤太香巳

考えながら動くと、考えるだけで終わってしまう。動きながら考えると、いろいろなアイデアが出てくるんです。だから、まず動く、行動してみることが大切ですね。情熱は自分が感じるか感じないか。ライバルは永遠に自分なんです。


佐藤天彦

極限状態の勝負では、精神的に土俵際まで追い詰められないシステムをつくることが大切。実力を出し切れるかどうかは、感情に大きく左右されるので、あらかじめあらゆる感情への対処を考えておくことが重要。


マララ・ユスフザイ

無学や貧困やテロとの闘いを世界中で行いましょう。本とペンを手に取りましよう。それらは私たちの最も強力な武器です。1人の子供、1人の教師、1冊の本、1本のペンが世界を変え得るのです。教育こそが唯一の解決策です。


田原総一朗

日本の教育では、大学を卒業するまで正解のある問題を解くことばかりに力を入れている。ところが、社会に出たら正解なんてないんです。だから、大学まで教わったことは、そのまま社会には通用しない。正解のない問題にどう取り組むかが大事なのです。


福岡伸一

生命のあらゆる組織や細胞は、日々新たにつくられ更新され続けています。分子レベルで見ると、今日の自分と明日の自分はまったく違う存在といえるのです。常に変わりつつ一定の状態を保っている。その絶え間ない流れ自体が生きているということです。


小久保光八

70年間培ってきた当社の技術や知識を活かすためにも、新しい仕事を自分たちで作り上げていく努力が必要です。印刷産業が停滞していることは事実ですし、お客さんも昔のようにどんどん仕事を発注してくれるような時代ではありませんから。


中鉢良治

40代というのは、それまでの自分が手掛けてきたフィールドではベテランですが、マネジメントという分野では超新人です。それは新しい体験だから、面白おかしくて、のめり込めます。一方で、一段、一段責任が重くなっていき、一種の倦怠感みたいなものが生まれます。その倦怠感とチャレンジ精神のバランスをうまくとることが肝要です。


BNF(ジェイコム男)

まったく見ないです。長期保有だったら意味があるかも知れないが、短期の売買では下がるときは下がるし、上がるときは上がる。業績のいい企業 の株でも下がったら負け。気にしてもしょうがない。株価に織り込まれている。
【覚書き|インタビュアーに株価収益率PER、株価純資産倍率PBRをどう利用しているかの問いに対しての発言】


松田公太

10代の8年間を過ごしたアメリカの生活は、私の人生に大きな影響を与えている。起業家精神(ベンチャースピリット)について、何も学校やビジネススクールで勉強しなくても、アルバイトなどを通じて実生活から自然に学べてしまう。それがアメリカの良いところだと思う。


柏木理佳

いまの仕事と将来やりたい仕事の産業・分野がまったく違う場合、就いてみたい分野の資格を勉強してみるのも手です。それが本当に興味のある仕事なのかどうか、判断できるかもしれません。


鯵坂司郎

ドイツ販社時代、競合他社は廉価商品を投入しましたが、値下げではなく高級雑誌に広告を打って対抗しました。レンズにこだわる消費者が安売りを求めていると思えなかったからです。その後、販社は赤字から脱却。いまでも欧州は当社が高いシェアを持つ地域です。


小室淑恵

クライアントのコンサルティングや講演会など、相手の都合で決まるスケジュールが多いので、自分の側でルールをつくってしまうと摺合せが難しくなります。だから曜日の決め事は一切つくりません。日々の就業時間と就業時間はきっちり守って土日は休みますが、あとはフレキシブル(柔軟)に考えます。


村山滋

世の中には、解決できない不具合はありません。時間がかかるか、かからないかの違いだけです。時間を短くするには、周囲の人の助けを得つつ、楽しみながら取り組んだ方がいいでしょう。色々な意見が出てくれば、最後は必ず解決できます。


ページの先頭へ