名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

生方正也の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

生方正也のプロフィール

生方正也、うぶかた・まさや。日本のコンサルタント。埼玉県出身。東京大学文学部卒業後、日産自動車、ウィリアム・エム・マーサー(のちのマーサージャパン)、グロービスなどを経て独立。著書に『仕事を「一歩先」へ進める力』『ケースで学ぶ問題解決の手法』。

生方正也の名言 一覧

アイデアを出したり、アウトプットに向けて考えを深めたりするためには、関連する情報をよく理解し、整理し、有効活用する必要がある。


信じ込んだり疑いすぎるのは禁物。「絶対に信用できる情報」など、厳密な意味ではありえませんから、あまり信憑性に神経質になってもキリがありません。ほどほどの距離感を持って情報に当たりましょう。そのときの鍵の一つは、「その情報の出所」です。公的機関など信頼のおけそうな出所ならばある程度信頼して良いでしょうし、聞いたことのない機関の場合は、その機関自体が信頼に足るものかを確認してみるなどの方法があります。


統計などの数字データなら、エクセルの表入力を行なうのも効果あり。最初は数字の羅列にしか見えなかったものでも、自ら入力することで推移や変化の意味が見えてきます。


実際のところ、そのまま使える情報などというものはまずありません。拾い上げた情報群をすり合わせ、目的に応じた加工をするプロセスが不可欠。そこを経ないと、すぐに使えそうという理由で偏った情報だけを出してしまったり、性急に捨ててしまったり、という失敗につながる。


生方正也の経歴・略歴

生方正也、うぶかた・まさや。日本のコンサルタント。埼玉県出身。東京大学文学部卒業後、日産自動車、ウィリアム・エム・マーサー(のちのマーサージャパン)、グロービスなどを経て独立。著書に『仕事を「一歩先」へ進める力』『ケースで学ぶ問題解決の手法』。

他の記事も読んでみる

齋藤正勝

注意が必要なのは、自分の評価のためではなく、あくまで相手のためになることをやるということです。自分の日記代わりに書いたブログより、読者に役立つ情報が書いてあるブログの方が人気があるのと同じ理屈です。そう考えることで、自然に相手の期待を上回る行動がとれるようになります。


佐藤孝幸

いまできることも間を置いてしまえば、どんどんやらなくていい理由を探してしまいます。そして、あとでやらなきゃというプレッシャーを感じるとなおさらギリギリまで遠ざけてしまいます。だったらその日のうちに反省して、対策を立てて、翌日から実行する。改善点をすぐに見つけ出せば、日々の作業効率や勉強効率もすぐに改善されるはずです。


上田準二

僕は過去に、業務に追われる中で「あれ? こういう局面は前にも経験しているな」と感じることがしばしばあったんです。そして、対処法が次々と浮かんでくる。過去に読んだ本のおかげですね。


田口佳史

「有事」の時に何が重要かというと、みんなが慌てふためいている時に、いかにリーダーが泰然自若として、心を鎮めていけるかが問われる。


瀧本哲史

「異端視されることを恐れずに目標をぶち上げる」というリスクを取らなければ、よき仲間とは出会えません。誰からも必要とされない人材は、「コモディティ化」し、安く買い叩かれてしまう。そうした変化は目の前に迫っています。


澤田秀雄

若い人にどんどん仕事を任せることは、次世代の育成には重要ですが、任せることは放任とは違うんです。適性のない人に任せれば、任せられた人は当然失敗します。まずはその人の素質の有無を、しっかり見極めなければなりません。


カルロス・ゴーン

経営者としては先が見えないながらも決断をする必要があります。つい最近の話なんですが、ルノーの(パリ近郊にある)フラン工場で電動モーターの生産能力をどのくらい増強するかという話になりました。営業部門に販売予測を出してもらったら、25%という回答がありました。それを踏まえて経営会議を開き、増強は25%ではなく100%に決めました。私は営業部門の予測はアテにしないんです(笑)。彼らはいつも控えめなので。もちろん私だけで決めたのではなく、経営会議でメリットやデメリットを話し合った上で決断しました。最終的な判断を下すのがCEOです。


安永竜夫

さっさとポートフォリオを入れ替えろと要求するような短期志向の投資家とは、話が合いません。むしろ、我々の方から株主を選ぶと考えるしかない。


枝川義邦

怒りの大本には自分がマネジメントできないジレンマがあります。そして、エネルギーを爆発させることで、その場をコントロールしようとするのです。実際に上手くいっているときに怒る人は少ないはずです。


鍵本忠尚

生きている人間はそれだけで恵まれている。時間を無駄にせず、意味のあるものにしなくては。


久田孝

優しい人間は人がいいとか、慎重なのは結論が遅いなど、人の長所と短所は必ず裏腹になっている。ここです。人を見る力、仕事と人の組み合わせをいかにやるかが経営の腕の見せ所でしょう。


南壮一郎

本質的に正しいことをやることで社会を変える、それが私にとっての仕事のスタート。