名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

生島ヒロシの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

生島ヒロシのプロフィール

生島ヒロシ、いくしま・ひろし。日本のアナウンサー。宮城県出身。カリフォルニア州立大学ロングビーチ校ジャーナリズム科卒業後、TBSに入社。数々の番組に出演。

生島ヒロシの名言 一覧

「雰囲気がいい」とか「お若い」「性格が明るい」といった表現は褒める常套句ですが、心がけたいのは、具体的な話を入れ、その人物の姿を浮かび上がらせることです。その日の主役の優しい人柄を伝えたければ、ただ「優しい人」と表現するのではなく、「とても優しい人で、迷子の子どもを背負って母親を探し呵ったことがあります」というように話せば、優しさが十分に伝わり、心に響きます。


スピーチはあまりにヨイショするとみっともないものですが、褒め称えることが基本です。ただし、褒めるにしてもストレートにもち上げるのではなく、ビジネス界でウケるような言葉を自分なりにうまく解釈して、当てはめることをお勧めします。


突然のスピーチの場合は、起承転結で話をまとめるのは、まず無理です。その場合は、逆ピラミッド型で話すといいでしょう。起承転結という発想より、重要なことから優先して話します。自分の中での優先順位を1、2、3、4、5とつける。重要なことから話を始めて、時間がなければ、4と5の話は捨てる。起承転結できれいにまとめるより、一番大切な言葉から話すと、あとで、「あれも言えばよかった」と後悔することもありません。


話したいことがたくさんあっても、中心に据える話は一つに絞ることが、スピーチを短くまとめるための絶対条件。あれこれ入れると話の焦点がぼやけ、印象も薄くなってしまう。


スピーチの基本といえば、まず最後まで聞いてもらうこと。その一番の条件は、何といっても短いことです。短ければ短いほど、聞き手が集中して耳を傾けてくれている間に終わるので、内容が無理なく参加者の心に残ります。


生島ヒロシの経歴・略歴

生島ヒロシ、いくしま・ひろし。日本のアナウンサー。宮城県出身。カリフォルニア州立大学ロングビーチ校ジャーナリズム科卒業後、TBSに入社。数々の番組に出演。

他の記事も読んでみる

北尾吉孝

私がベンチャー企業への投資を最終決定する際には、その経営者に志があるかを見ます。利己的な野心ではなく、本当に世のため人のためという想いがあるのか見極めなければなりません。まさに「利を見て義を思う」ような人物の会社に投資したいのです。


塩﨑均(塩崎均)

思い切った先行投資は経済的に余裕があるときでないとできません。大阪府東大阪市にある本キャンパス刷新の400億円は全て手元資金で賄いました。そういう意味では、ビジネス面での成功や、志願者数の伸びはありがたいですね。


佐々木圭一

言葉はちょっと使い方を変えるだけで、印象がガラリと変わる。たとえば、ショップの前でたむろするお客さんに「通行人の邪魔になるので店内にお入りください」というところを、「外は寒いのでどうぞ中にお入りください」と言い換えた。前者は邪魔者扱いですが、後者はサービスとなっています。


平井伯昌

大きな成功は、基盤をしっかり整えた上で、誰もやったことがないことにチャレンジするから手に入れられる。


久保利英明

良い社風と悪い社風があって、悪い遺伝子を払拭したところは会社を再建できるし、払拭できないところは会社がダメになっていく。


安藤徳隆

印象深かったことの1つに、大阪府池田市にある「インスタントラーメン発明記念館」に勤めた時、百福(創業者)の指示でトイレ掃除の当番をし、その責任者になったことがあります。「創業家一族出身だからといって、傲慢にならないように」という戒めもあったのでしょう。クリーンネス(清潔さ)は、食品メーカーとしてまず一番に大切にしなければならないことなんですよね。


辻本憲三

アメリカにも家がありますが、私は日本で生まれた日本人で、日本が好きだから、海外に移住することはありません。日本は島国で、独自の文化や風土を育んできました。日本人は、賢くて勤勉で、本当に良い国だと思います。最近は良い国過ぎて、若い人たちが外に出て行かないから国際競争力も落ちているのが問題になっていますが、それくらい日本は良い国だと思います。


瀧本哲史

書店には、成功した人物が書いた自慢話風の「天国のような話」が並んでいます。しかし、本当に天国に行く方法を知りたいのであれば、地獄を見た人の「血と汗」で書かれた本を読むべきです。


白石達

問われるのは段取りの能力です。現場責任者の段取りがよければ、協力会社さんも無駄や手戻りがなくなるのでコストがかかりません。逆に段取りが悪いとコストが膨らみます。そこで、協力会社さんも現場責任者の仕事をよく見ていて、能力の高い責任者がいる場合、見積もりが変わったりします。「原価は生き物。人についてくる」、現場の人間にはいつもそういって、ハッパをかけています。


紫関修

お客様は商品さえよければすべてを納得するわけではない。商品の質、サービスの質、スタッフの挨拶、椅子の座り心地……、お客様が店に入ってから、お店をお出になるときまですべてが真剣勝負です。


堀場厚

コミュニケーションを促すように新工場を設計した理由の一つは。我々は「技術の遷宮(せんぐう)」と言っていますが、コミュニケーションによって技術がしっかりと受け継がれていくことを狙っているのです。事業を受け継いでいくことを重視することは、京都企業の特徴の一つだと思いますが、経営理念を守るとともに、技術も磨いて受け継いでいかなくてはなりません。


横田尚哉

人に仕事を振るときには、まず相手の能力を見極めなくてはいけません。役割を伝えればわかる人と、形で伝えないとわからない人では、仕事の頼み方を変える必要があるからです。役割で伝えられる相手なら「取引先を納得させるプレゼン資料をつくってほしい」の一言でこちらの意図が伝わるかもしれません。しかし、形で伝えなければわからない相手に同じ指示をすると、まったく見当違いの成果物が返ってくる恐れがあります。形で伝える必要のある相手には「取引先に訴求したいポイントは○○と××。これらをそれぞれ図解して、データを添えた資料をつくってほしい」と細かく伝えるべきです。