名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

甘利信忠(甘利昌忠)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

甘利信忠(甘利昌忠)のプロフィール

甘利信忠(昌忠)、あまり・のぶただ。戦国時代の武将。武田二十四将の一人。武田信虎、信玄に仕えた。

甘利信忠(甘利昌忠)の名言 一覧

小辱を甘んじて大道を捨つるは狂するに似たり。


おろか者の誹(そし)りを恥じ、命が助かる可能性に賭けないのは忠孝を忘れた行為。


甘利信忠(甘利昌忠)の経歴・略歴

甘利信忠(昌忠)、あまり・のぶただ。戦国時代の武将。武田二十四将の一人。武田信虎、信玄に仕えた。

他の記事も読んでみる

藤原智美

文章が抽象的でよくわからないといわれる人は、まず自分の考えの幹を育てることをすべきです。たとえば読書なら、やたらと乱読するのではなく、自分の読書の傾向にこだわって本を本を読む。そうすることで自分の個性が醸成され、主張のある抽象論を展開できるようになります。


苫米地英人

思考スピードを上げるには、情報を増やすのではなく、それまで見えなかったものが見えるよう、思考レベルを変えればいいのです。ほとんどの人は、自分の意識と自分が快適だと感じる現状(コンフォート・ゾーン)の中にとどまったまま、日々の生活を完結して生きています。そのため、必然的に現状強化に役立つもの以外は見えなくなっています。このコンフォート・ゾーンをあえてずらしてみる。具体的にいうと、昨日までの延長では絶対に達成できない未来の目標を決めるのです。


小山昇

まだみんなが竹槍で戦っているときに、いち早く飛行機を手に入れて空から攻撃すれば簡単に勝てる。IT化というのは空中戦ができるようにするための道具。


外山滋比古

株式投資にギャンブル性があるのも事実。昔から「株はいけない」と言っている人はギャンブル性があることを理由にしている。ですが、ギャンブルは人間にとって極めて有用な精神的刺激なんです。年寄りが生き生きとするには、良いことばかりでは駄目。それではボケてしまう。証券会社など他人任せではなく、自分で銘柄を選んで売買する。それですごく儲かることもあれば、大きな損を被ることもある。そうして一喜一憂することが、人間が生き生きと生きていくためには必要なんです。損しても、それで生活ができなくなるほどでなければ、「治療費代わり」と思えばいい。多少損をしても、病院に通って薬代を払うよりはずっといい。


外山滋比古

高齢者にとって、株式投資が一番の生きがいになる可能性があることに気付いた。定年退職を迎えてリタイアした方々は海外旅行などの余暇を楽しんでおられます。ですが、それは一過性のものです。やることがなくなれば退屈して、言い方は悪いが、いずれボケてしまいかねない。一方、株式投資を始めると、それにはまって、中には「明けても暮れても株」という人も出てくる。一種のギャンブルとして生き生きと株式投資をすれば、常に一喜一憂する。ボケてなんていられません。


井上雄一

睡眠不足だとうつ病になりやすいという傾向があります。


中原淳

よく生きるために、働きがいはとても大切なことです。大学卒業後、60歳定年まで働き続けた場合、一人の人が仕事に費やす時間は7万時間にもなります。どう仕事をしていくかは、どう生きるかという人生に関わる大問題です。


吉永泰之

米国向けと日本向けを足して2で割ったような中途半端な商品はやめよう。


深田晶恵

投資商品は、専門家が眉をひそめるようなものが売れていることが少なくない。「売れ筋なら良い商品だろう」という考えは、投資商品には当てはまらない。


佐藤勝人

商品はブランド力で売れるとみんな思っているが、そんな時代はもうとっくに終わっているからだ。ブランドよりも商品の内容が本当に問われている。実際に、ある程度のグレード、これぐらいの価格帯というものがあって、その中でベストの商品が売れている。だから、うちのアソシエイト(スタッフ)たちは、商品に惚れ込むまで徹底的に調べている。


高橋遠

社長就任直後から全国の店舗を行脚して私の方針を従業員に直接伝え、従業員が何を求めているかに耳を傾けることにしました。そのとき、「心と体の健康に留意して、明るく元気に仕事をしてください」と必ずつけ加えることにしました。平易な言葉ですが、従業員のマインドを変えるには、苦しいときこそ経営者が従業員の立場に立ち、こうした言葉を繰り返し発信することが重要だと考えたのです。


三木谷浩史

6人が一ヶ月走り回り、何百の商店や会社を訪問したかわからないけれど、獲得した出店者が4、5店舗ということは、成功確率はせいぜい1%か2%というところだろう。けれども僕はそれを、たったの5店舗とは思わなかった。ゼロは何倍にしてもゼロだが、1でも2でも数字があれば改善してそれを増やすことができる。
【覚書き|楽天市場のスタート時、全力で営業活動をするも1ヶ月の出店数が5店ほどしかなかったことについて】