名言DB

9490 人 / 112001 名言

王貞治の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

王貞治のプロフィール

王貞治、おう・さだはる。プロ野球選手、監督。本塁打数世界記録868本をはじめ、数々の記録を残した。日本国民栄誉賞の初受賞者。現役時代は一本足打法でホームランを量産し、ホームラン王と呼ばれた。監督としても能力を発揮。読売ジャイアンツ、ダイエーホークス(ソフトバンクホークス)で計19年間監督を務めた。

王貞治の名言 一覧

努力は必ず報われる。もし報われない努力があるのならば、それはまだ努力と呼べない。


自分のためにやるからこそ、それがチームのためになるんであって、「チームのために」なんて言うやつは言い訳するからね。オレは監督としても、自分のためにやってる人が結果的にチームのためになると思う。自分のためにやる人がね、一番、自分に厳しいですよ。何々のためとか言う人は、うまくいかないときの言い訳が生まれてきちゃうものだから。


自分をいじめられるというのは、うまくなりたいからです。そうしないと打てない、勝てないと思うから、自分をいじめ抜く。仕事ではMだというのはいいことじゃないかな。自分に勝つために自分をいじめて、自分と勝負できるというのはどの世界でも必要なことだと思います。ムチで叩いてくれとは言わんけどね(笑)。


チームでも人でも、成長するときは45度の角度で一本調子で上がっていくことはない。最初は見えないくらいジワジワと上がっていき、途中から急カーブで伸びるものです。そのジワジワの時期にも、監督としては辛抱強く言い続けること、そして待ち続けることが大事なのです。


監督就任当時のホークスは万年Bクラスで「そこそこ頑張って、そこそこ給料がもらえればいい」という体質に染まっていたのです。そうしたチームの意識を変えるのが、大変でした。とにかく、言い続けるしかないわけです。優勝を目指そう、この世界で生きていける技術を身につけよう。それには練習しかない。


ジャイアンツでは、何のための練習なのか、自分の役割は何なのかを明確に意識していました。


福岡ダイエーホークスの監督に就任して、チームの指揮をとったとき、本当に驚きました。同じ野球をするのに、こんなにも違うものなのかと。それまで僕はジャイアンツの野球しか知らなかったわけです。優勝することが義務付けられているような雰囲気の中で、チームの勝利のために精一杯頑張ることが当たり前でした。ところが、当時のホークスは17年連続Bクラスを続け、万年Bクラスと言われることに慣れてしまったチームでした。


時代はどんなに変わっても、何かを目指して、一本の道を、周りの人とは違うスピードで、違う感覚の世界に住んで、どんどん突き進んでいく人というのは、必ず出てくるんです。そういう人に共通しているのは、ストイックだし、マゾ的な要素を持っているところ。自分自身をいじめるところへ身を置くことで快感を得られる。他人がどう思っても、自分に必要なことなら、どんなことでもやらないかんということになる。僕だって、ありますよ。


もう打てないんじゃないかという恐怖は、常について回るんです。結果を残してきた人ほど不安と戦ってきたはずだし、恐怖心を持っていない人は本物じゃない。その怖さを打ち消したいがために、練習するわけです。


いままでの僕の記録はみんな、耐えることで作られてきたんです。


王貞治の経歴・略歴

王貞治、おう・さだはる。プロ野球選手、監督。本塁打数世界記録868本をはじめ、数々の記録を残した。日本国民栄誉賞の初受賞者。現役時代は一本足打法でホームランを量産し、ホームラン王と呼ばれた。監督としても能力を発揮。読売ジャイアンツ、ダイエーホークス(ソフトバンクホークス)で計19年間監督を務めた。

他の記事も読んでみる

漆紫穂子

決断をするときに大事なのは、判断軸を持っておくこと。私の判断軸は、「卒業生の母校を守る」ことと、「在校生を社会に有意な人に育てる」ことの2つ。決断するときは、「この2つの軸を守って判断したと言えるのか」「自分が死ぬときに恥ずかしくないか」と考える。すると雑念がさっと消えて、進むべき道が見えてくる。


内藤誼人

ロンドン・ビジネス・スクールで組織論を教えるC・ハンディ教授によると、人に好かれるコツ、信頼されるコツは「とにかくいろいろなサービスを、何度でも繰り返してあげること」であるという。「これだけのことをしてやったんだから、大丈夫だろう」と思ってはいけない。「これだけのことをしても、まだわからないぞ」と警戒するくらいでちょうどいいのだ。


赤井益久

大学は研究教育機関として、成熟した人間を育てる場です。その使命を果たすには、まず学生が自信とプライドを抱けるように導かなければなりません。卒業を迎えたとき、大人になったことを学生自らが実感できるような教育の実践を心がけています。


樺沢紫苑

脳科学で注目されている概念の一つに、デフォルトモード・ネットワークというものがあります。簡単に言えば、ぼーっとしている時間にこそ、ひらめきは生まれるというもの。実は、人間は何も活動していないときのほうがエネルギー消費が高いということが研究の結果で出ています。あえてそういった時間を持つことで、直感でのひらめき力が養われるのです。


松村不二夫

ミドリ安全の事業領域は少しずつ拡大しています。ただし、取り扱うのは原則として安全衛生に関係する商品やサービスだけ。それ以外のことはやらないと決めています。


辻本憲三

モノが売れない時期があったり、資金繰りで苦労した時期もありましたけど、人は苦労した方が知恵が出るんです。身体が悪くなっては元も子もないけど、貧乏していたから身体は強くなったし、もともとゼロから始めた商売ですし、人に迷惑はかけたくないという一心で50年来たような気がします。


村田昭治

どんな時代でも成功することは容易ではない。たたかれても、たたかれても、屈しないことが自分を築いていくのだと信じて行動することが大事だ。


中山雅史

「課題は?」と聞かれた時の答えはずっと変わらない。「すべて」ですよ。ひとつひとつのプレーをちょっとずつでもレベルアップできたらと思い続けている。動きの質をはじめ、技術的な部分もね。


稲盛和夫

テクニック以前に、人間としての基本を、もう一度、取り戻す努力をすべきだと思います。特に経営者は本来、そのことをよく分かっていなければなりません。ところが最近は、部門の業績を上げてきたといった数字面での実績だけで、トップに立つ人も少なくないようです。業績以前に、トップに立つのにふさわしい人間性を持っているのか、そこはもっと考慮されるべきでしょう。


宇治原史規

父は少なくとも僕に対しては放任でした。要は曲がったことをしなければ、また人に迷惑をかけたりしなければそれでよいという程度。「勉強しろ」とは一度も言われたことがありません。僕自身が両親からさんざん言われていたのは、「人の話は相手の目を見てしっかり聞け」ということ。それだけは素直に教えを守っていました。


片田珠美

部下に小言を言うだけでも感情が爆発しそうになる人もいるだろう。それを防ぐには、正しい小言の言い方を知っておくことが大切である。この場面でやることは2つだけ。なぜその人がうまくいっていないのかという原因究明と、その打開策についての話し合いである。


坂井哲史

社会に必要とされる事業であること、それは事業の永続性には必要なこと。