名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

王貞治の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

王貞治のプロフィール

王貞治、おう・さだはる。プロ野球選手、監督。本塁打数世界記録868本をはじめ、数々の記録を残した。日本国民栄誉賞の初受賞者。現役時代は一本足打法でホームランを量産し、ホームラン王と呼ばれた。監督としても能力を発揮。読売ジャイアンツ、ダイエーホークス(ソフトバンクホークス)で計19年間監督を務めた。

王貞治の名言 一覧

努力は必ず報われる。もし報われない努力があるのならば、それはまだ努力と呼べない。


自分のためにやるからこそ、それがチームのためになるんであって、「チームのために」なんて言うやつは言い訳するからね。オレは監督としても、自分のためにやってる人が結果的にチームのためになると思う。自分のためにやる人がね、一番、自分に厳しいですよ。何々のためとか言う人は、うまくいかないときの言い訳が生まれてきちゃうものだから。


自分をいじめられるというのは、うまくなりたいからです。そうしないと打てない、勝てないと思うから、自分をいじめ抜く。仕事ではMだというのはいいことじゃないかな。自分に勝つために自分をいじめて、自分と勝負できるというのはどの世界でも必要なことだと思います。ムチで叩いてくれとは言わんけどね(笑)。


チームでも人でも、成長するときは45度の角度で一本調子で上がっていくことはない。最初は見えないくらいジワジワと上がっていき、途中から急カーブで伸びるものです。そのジワジワの時期にも、監督としては辛抱強く言い続けること、そして待ち続けることが大事なのです。


監督就任当時のホークスは万年Bクラスで「そこそこ頑張って、そこそこ給料がもらえればいい」という体質に染まっていたのです。そうしたチームの意識を変えるのが、大変でした。とにかく、言い続けるしかないわけです。優勝を目指そう、この世界で生きていける技術を身につけよう。それには練習しかない。


ジャイアンツでは、何のための練習なのか、自分の役割は何なのかを明確に意識していました。


福岡ダイエーホークスの監督に就任して、チームの指揮をとったとき、本当に驚きました。同じ野球をするのに、こんなにも違うものなのかと。それまで僕はジャイアンツの野球しか知らなかったわけです。優勝することが義務付けられているような雰囲気の中で、チームの勝利のために精一杯頑張ることが当たり前でした。ところが、当時のホークスは17年連続Bクラスを続け、万年Bクラスと言われることに慣れてしまったチームでした。


時代はどんなに変わっても、何かを目指して、一本の道を、周りの人とは違うスピードで、違う感覚の世界に住んで、どんどん突き進んでいく人というのは、必ず出てくるんです。そういう人に共通しているのは、ストイックだし、マゾ的な要素を持っているところ。自分自身をいじめるところへ身を置くことで快感を得られる。他人がどう思っても、自分に必要なことなら、どんなことでもやらないかんということになる。僕だって、ありますよ。


もう打てないんじゃないかという恐怖は、常について回るんです。結果を残してきた人ほど不安と戦ってきたはずだし、恐怖心を持っていない人は本物じゃない。その怖さを打ち消したいがために、練習するわけです。


いままでの僕の記録はみんな、耐えることで作られてきたんです。


王貞治の経歴・略歴

王貞治、おう・さだはる。プロ野球選手、監督。本塁打数世界記録868本をはじめ、数々の記録を残した。日本国民栄誉賞の初受賞者。現役時代は一本足打法でホームランを量産し、ホームラン王と呼ばれた。監督としても能力を発揮。読売ジャイアンツ、ダイエーホークス(ソフトバンクホークス)で計19年間監督を務めた。

他の記事も読んでみる

大山健太郎

従業員を育てるうえで最も重要視しているのが、コミュニケーション能力です。自分が何をしたくて、何を求めているのか。それをきちんと自分の言葉で述べられなければ、何もカタチになっていきません。コミュニケーション教育としては、毎朝の朝礼で「1分間スピーチ」を実施しています。職場において、持ち回りで1人が自分の考えを1分間で話すのです。業務の報告ではありません。テーマは時事ネタに関する考えでも、自分の夢でも構いません。


辻村深月

人間って、良くも悪くも他人にそれほど興味を抱かない。その無関心さや鈍感さに救われることって案外あるよなと、最近思うようになったんです。


宗岡正二

差別化、新商品開発などをきちんとやらないかぎり、我々は生き残れない。


中鉢良治

一流の技術者たちがひしめき合って、世界で一番を取るためにはどうしたらいいか、毎日活発に議論を戦わせ、切磋琢磨して競争力を高めていました。若き日の僕が、この環境から学んだものは計り知れません。
【覚書き|入社した1970年代後期から80年代のソニーの状況を振り返っての発言】


佐藤綾子(心理学者)

医師が患者に対する場合のように専門知識レベルが違う相手に向かうと、つい上から目線で一方的な高圧的発言をしがちです。ところがそれだと、聞き手の方からアイデアが出てこなくなります。社員を仲間にしてフレンドリーな言い方をして、そこから発想を得た方が得です。


瀬戸欣哉

ジュースバーは誰がボタンを操作しても同じジュースが出てきますよね。会社もそれと同じように、誰でも一生懸命働けば結果を出せるような組織でなければ、持続的に成長できない。


別川俊介

経済合理性のない赤字受注はしない、というのが当社のポリシーです。仕事欲しさに採算度外視で受注すれば、後で多額の損失が出るので将来に大きな禍根を残す。こうした当社の受注スタンスは今後も変わらない。


佐貫利雄

ベンチャー企業の意味は、大企業に対して「凡人は何人寄っても凡人」を証明すること。


西村晃(経済評論家)

ポストイットとケータイカメラと自らの体験の中で得た情報。極論すれば、情報収集と情報整理は、この3つのツールがあれば十分です。


若林克彦(経営者)

当社では毎日、全社員で工場の清掃をし、ラジオ体操をしています。健康には心の健康と身体の健康の2つの意味があると思いますが、清掃は精神的な土台づくり、ラジオ体操は身体づくりということです。


小川晋平

誰にも邪魔されない早朝の時間は、思考に使うための貴重な時間。


萱野稔人

この先は既存の仕事に付加価値を付けられる人が勝ち残る。例えばタクシーなら、これまでは目的地に連れていくだけだったけど、そこに世のニーズをふまえた+αを付ける。格差が広がるなかで高い賃金を得るのは、それができる人。