名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

王貞治の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

王貞治のプロフィール

王貞治、おう・さだはる。プロ野球選手、監督。本塁打数世界記録868本をはじめ、数々の記録を残した。日本国民栄誉賞の初受賞者。現役時代は一本足打法でホームランを量産し、ホームラン王と呼ばれた。監督としても能力を発揮。読売ジャイアンツ、ダイエーホークス(ソフトバンクホークス)で計19年間監督を務めた。

王貞治の名言 一覧

努力は必ず報われる。もし報われない努力があるのならば、それはまだ努力と呼べない。


自分のためにやるからこそ、それがチームのためになるんであって、「チームのために」なんて言うやつは言い訳するからね。オレは監督としても、自分のためにやってる人が結果的にチームのためになると思う。自分のためにやる人がね、一番、自分に厳しいですよ。何々のためとか言う人は、うまくいかないときの言い訳が生まれてきちゃうものだから。


自分をいじめられるというのは、うまくなりたいからです。そうしないと打てない、勝てないと思うから、自分をいじめ抜く。仕事ではMだというのはいいことじゃないかな。自分に勝つために自分をいじめて、自分と勝負できるというのはどの世界でも必要なことだと思います。ムチで叩いてくれとは言わんけどね(笑)。


チームでも人でも、成長するときは45度の角度で一本調子で上がっていくことはない。最初は見えないくらいジワジワと上がっていき、途中から急カーブで伸びるものです。そのジワジワの時期にも、監督としては辛抱強く言い続けること、そして待ち続けることが大事なのです。


監督就任当時のホークスは万年Bクラスで「そこそこ頑張って、そこそこ給料がもらえればいい」という体質に染まっていたのです。そうしたチームの意識を変えるのが、大変でした。とにかく、言い続けるしかないわけです。優勝を目指そう、この世界で生きていける技術を身につけよう。それには練習しかない。


ジャイアンツでは、何のための練習なのか、自分の役割は何なのかを明確に意識していました。


福岡ダイエーホークスの監督に就任して、チームの指揮をとったとき、本当に驚きました。同じ野球をするのに、こんなにも違うものなのかと。それまで僕はジャイアンツの野球しか知らなかったわけです。優勝することが義務付けられているような雰囲気の中で、チームの勝利のために精一杯頑張ることが当たり前でした。ところが、当時のホークスは17年連続Bクラスを続け、万年Bクラスと言われることに慣れてしまったチームでした。


時代はどんなに変わっても、何かを目指して、一本の道を、周りの人とは違うスピードで、違う感覚の世界に住んで、どんどん突き進んでいく人というのは、必ず出てくるんです。そういう人に共通しているのは、ストイックだし、マゾ的な要素を持っているところ。自分自身をいじめるところへ身を置くことで快感を得られる。他人がどう思っても、自分に必要なことなら、どんなことでもやらないかんということになる。僕だって、ありますよ。


もう打てないんじゃないかという恐怖は、常について回るんです。結果を残してきた人ほど不安と戦ってきたはずだし、恐怖心を持っていない人は本物じゃない。その怖さを打ち消したいがために、練習するわけです。


いままでの僕の記録はみんな、耐えることで作られてきたんです。


王貞治の経歴・略歴

王貞治、おう・さだはる。プロ野球選手、監督。本塁打数世界記録868本をはじめ、数々の記録を残した。日本国民栄誉賞の初受賞者。現役時代は一本足打法でホームランを量産し、ホームラン王と呼ばれた。監督としても能力を発揮。読売ジャイアンツ、ダイエーホークス(ソフトバンクホークス)で計19年間監督を務めた。

他の記事も読んでみる

C・K・プラハラード

新興国市場に進出するには、企業は従来とは全く異なるビジネスモデルを考案しなければなりません。従来と同じ製品では売れないからです。


佐々木正悟

やる気というのは内的なものなので、自分でコントロールするのが難しい。だから、外的な環境を変える方が確実なのです。また、脳の仕組みから言えば、気の進まない仕事を前にやる気が起きないのはむしろ当たり前です。何かに夢中になることでドーパミンが放出されて、快感へと変わる。つまりやる気が湧いてくるのです。だからとにかく取り組んでやる気をわかせるわけです。


安部修仁

なぜ吉野家を選択していただいているかというと、今までの吉野家の味、サービスの蓄積があるから。その期待を裏切ることは最もよくない。


内藤忍

ものごとは最初から全部を完ぺきにやらなくてはいけないと思うと、気が重く感じられてなかなか手が付けられないものです。学生時代、テストのためにシェークスピアを原文で200ページ読まなくてならないことがありましたが、要領のいい友人を見ていると精読などせずパッパとページをめくって、重要と思った個所に線を引きながらとにかく最後まで読んでしまう。翌日と翌々日も同じことを繰り返し、最終的に3回線が引かれたところがヤマと判断してそこだけを勉強していたのです。ヤマが当たるとは限りませんが、これならおっくうさが軽減されるし最初に全体を見通すことができるので自ずと優先順位が決まっていきます。仕事でも幅広く応用できる方法です。


吉川幸孝

ちょっとやそっとの安さなら、パーク24の営業力に到底太刀打ちできない。そんな相手に価格戦略で対抗するためには、周囲が腰を抜かすほどの低価格初期費用を設定するしかない。少なくても半値。できればゼロ。


横田英毅

仕事で何が一番大切かといえば、やりがいを感じられることです。会社経営をする上で一番大切にしなくてはならないのは、社員一人ひとりのやりがい、ということになります。


井深大

難しいからこそ我々がやる価値がある。


栗木契

理論とは失敗をしないためのツールだということであって、成功を保証するツールだということではないことに注意しなければならない。


西村英俊

日本人の文化はややもするとコストという目に見える金銭には厳しい反面、それ以上に重大な損となり得る時間には甘い。スケジュールのコントロール意識をコストのコントロールと同等以上に高め、プロジェクト参加者ひとりひとりの任務を日程表に落とし込んで、スケジュール管理をさせるしかありません。


冨山和彦

革新的な技術を基礎とした新産業創出を目指す「イノベーションの担い手」として、大学発ベンチャーへの注目度が近年改めて高まっている。その一方で、「日本の大学にそんな力はない」「日本から世界を席巻するメガベンチャーが生まれるわけがない」という懐疑論も根強い。しかし、東大発ベンチャーの時価総額が1兆円を超え、東大や京大から毎年、数十件の新たなスタートアップ企業が生まれるなど、大きな地殻変動が起きつつあるのも事実だ。私自身、20年近く東大の産学連携を手伝ってきた者として、山が動き出している実感を持っている。


石川康晴

一番大切にしているのは、お客様に寄り添うことです。必ず現場に行き、お客様を見て、お客様の一番近いところにいる販売スタッフと話をすることがルーティンワークです。お客様はどんどん変化、進化しますからね。


松坂大輔

球種の追求とかトレーニングの方法、マウンドでの駆け引き、あるいは捕手や野手陣の動かし方など、仮説を立て、実験して、結果を求めて、それを分析して、実際にやれるかどうか見極めるという一連の作業が好きなんだよね。