王貞治の名言

王貞治のプロフィール

王貞治、おう・さだはる。プロ野球選手、監督。本塁打数世界記録868本をはじめ、数々の記録を残した。日本国民栄誉賞の初受賞者。現役時代は一本足打法でホームランを量産し、ホームラン王と呼ばれた。監督としても能力を発揮。読売ジャイアンツ、ダイエーホークス(ソフトバンクホークス)で計19年間監督を務めた。

王貞治の名言 一覧

努力は必ず報われる。もし報われない努力があるのならば、それはまだ努力と呼べない。


自分のためにやるからこそ、それがチームのためになるんであって、「チームのために」なんて言うやつは言い訳するからね。オレは監督としても、自分のためにやってる人が結果的にチームのためになると思う。自分のためにやる人がね、一番、自分に厳しいですよ。何々のためとか言う人は、うまくいかないときの言い訳が生まれてきちゃうものだから。


自分をいじめられるというのは、うまくなりたいからです。そうしないと打てない、勝てないと思うから、自分をいじめ抜く。仕事ではMだというのはいいことじゃないかな。自分に勝つために自分をいじめて、自分と勝負できるというのはどの世界でも必要なことだと思います。ムチで叩いてくれとは言わんけどね(笑)。


チームでも人でも、成長するときは45度の角度で一本調子で上がっていくことはない。最初は見えないくらいジワジワと上がっていき、途中から急カーブで伸びるものです。そのジワジワの時期にも、監督としては辛抱強く言い続けること、そして待ち続けることが大事なのです。


監督就任当時のホークスは万年Bクラスで「そこそこ頑張って、そこそこ給料がもらえればいい」という体質に染まっていたのです。そうしたチームの意識を変えるのが、大変でした。とにかく、言い続けるしかないわけです。優勝を目指そう、この世界で生きていける技術を身につけよう。それには練習しかない。


ジャイアンツでは、何のための練習なのか、自分の役割は何なのかを明確に意識していました。


福岡ダイエーホークスの監督に就任して、チームの指揮をとったとき、本当に驚きました。同じ野球をするのに、こんなにも違うものなのかと。それまで僕はジャイアンツの野球しか知らなかったわけです。優勝することが義務付けられているような雰囲気の中で、チームの勝利のために精一杯頑張ることが当たり前でした。ところが、当時のホークスは17年連続Bクラスを続け、万年Bクラスと言われることに慣れてしまったチームでした。


時代はどんなに変わっても、何かを目指して、一本の道を、周りの人とは違うスピードで、違う感覚の世界に住んで、どんどん突き進んでいく人というのは、必ず出てくるんです。そういう人に共通しているのは、ストイックだし、マゾ的な要素を持っているところ。自分自身をいじめるところへ身を置くことで快感を得られる。他人がどう思っても、自分に必要なことなら、どんなことでもやらないかんということになる。僕だって、ありますよ。


もう打てないんじゃないかという恐怖は、常について回るんです。結果を残してきた人ほど不安と戦ってきたはずだし、恐怖心を持っていない人は本物じゃない。その怖さを打ち消したいがために、練習するわけです。


いままでの僕の記録はみんな、耐えることで作られてきたんです。


王貞治の経歴・略歴

王貞治、おう・さだはる。プロ野球選手、監督。本塁打数世界記録868本をはじめ、数々の記録を残した。日本国民栄誉賞の初受賞者。現役時代は一本足打法でホームランを量産し、ホームラン王と呼ばれた。監督としても能力を発揮。読売ジャイアンツ、ダイエーホークス(ソフトバンクホークス)で計19年間監督を務めた。

他の記事も読んでみる

長谷川英祐

完全に追尾するグループよりも、うっかり者がある程度存在するグループのほうが、より効率が上がった。
【覚え書き|アリを「仲間のフェロモンを間違いなく追尾するグループ」と「時々間違えるうっかり者が交じったグループ」に分け、えさを巣に持ち帰る効率を調べた実験について】


是枝裕和

作品よりも自分のことがかわいくなってしまうと、「俺の言うことに逆らうな」となりがちです。それを「イニシアチブ」と勘違いすることが、上の人間、映画で言うと監督には、しばしば起こる。ビジネスの世界でも、同じではないでしょうか。


鈴木敏文

目指すものを実現する方法がなければ、自分たちで考えればいい。必要な条件がそろっていなければ、条件そのものを変えていく。それが挑戦するということ。


町田精孝

お客様の期待を上回る製品・サービスを提供できる企業でありたい。


藤井美保代

上手な休憩の秘訣は、「脱マンネリ」。席を立って洗面所に行くなら、ときには別のフロアに行ってみる。ランチに行くなら毎日同じ人とではなく、別の部署の誰かを誘ってみる。このように場所や人を変えると、脳が触発されます。


大高弘之

営業には2種類あり、ひとつは短期に成果を出そうとする強引な手法の「狩猟型」営業。値引きで売り込むなど、お客の食いつきはいいが、一度売れればそれっきり。一方「農耕型」は顧客と営業マンとの人間関係を重視するスタイル。両者にいったん信頼関係が生まれれば、長期的なつき合いに発展します。これこそが不況時代に求められる姿勢。


坂本孝

重要なことは、自分よりも優秀な人を少なくとも2人集めること。できれば自分とは性格や能力、得意分野が異なる人と組むのがいいでしょう。特性の違う3人ががっちりスクラムを組んでシナジーを発揮すれば、ビジネスはうまくいきます。


澤田秀雄

会社が生活のすべてだと、会社の中のことしかわからず、外で起こったことには勘が働かない。でも、その範囲を広げていけば、さまざまなことに勘が働くようになります。皆さんも、いつもの行動範囲から一歩踏み出して、新しいことを見てみたいという好奇心を忘れないでください。


平野耕太郎

お客様の意識が変化している。環境に優しい機械や、ICT、IoTによる自動化やさらに安全な建設機械を求めている。さらに新車を買うだけでなくレンタル、中古車など選択の幅も広がっており、そうした提案をしてくれるメーカーが望まれている。我々はそのメーカーでありたい。


大久保薫(経営者)

お客さんも同じ物件を仲介してもらえるなら、より質の高い仲介の人に案内してもらいたいと思うのです。誰でもいいわけではない。やっぱり人柄の良く、勉強もしていて頼りになるような営業マンからモノは買いたいでしょうし、営業マンも自分の実力をどんどん開花させられる環境の方が楽しいはずですから。


小笹芳央

通貨の取引は信頼関係を土台に考え出された仕組みですから、お金は信頼のあるところに集まる。一方で、約束を破った人には罰が与えられる。


香山リカ(精神科医)

仕事には演技が必要なのです。それを自覚しないで、「本当の自分はこんなことは苦手なんだ」とか、「もっと自分にふさわしい場所があるはず」なんて思ってしまうからつらくなったり、うまくいかなくなったりするのではないでしょうか。「いやあ、じつは僕、人づき合いが苦手なんですよ。だから本当はあなたとも話したくないんです」なんて正直にいう人と、一緒に仕事をしたい人はいません。


川口淳一郎

先生に言われた通りに頑張る。教科書通りの勉強ばかりする。そうした良い子からは新しいことに挑む挑戦者は生まれない。世界初は生まれない。「学ぶプロ」になっちゃダメ。


山本憲明

会社員時代、残業が当たり前で月100時間になることもありました。そういった状況をまずいと思い、仕事の効率化を始めました。関連会社への請求書は手書きから電子化にするなど、やる必要のない作業時間を見直し、ムダなルーチンを減らしていきました。


ジェフ・ベゾス

(多くの企業が上手くいかないのは)各地域の担当者がローカルのお客さんではなく、本社の上司を喜ばせようとするからです。


ページの先頭へ