名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

猪木武徳の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

猪木武徳のプロフィール

猪木武徳、いのき・たけのり。日本の経済学者。「日本経済学会」会長。滋賀県出身。京都大学経済学部卒業、米国マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了。大阪大学経済学部教授、経済学部長、国際日本文化研究センター所長、日本経済学会会長などを務めた。

猪木武徳の名言 一覧

偉大な先人の思想に触れることには、理論という骨に肉を与える役割がある。


無防備に原典に挑むと、読みどころを見落とす。最初は良き水先案内人となる解説書を探そう。


経済学の理論を現実に応用するには、人間社会の不合理を理解する必要がある。優れた文芸や映画に触れることも、その助けになる。


経済学の学び方として、忙しいビジネスパーソンにお薦めしたいのは、「日経文庫」から出ている経済学の本。経済学の主要科目が網羅され、それぞれのエッセンスがコンパクトにまとまっている。この中から、自分にとって興味が湧く本を選び、1冊読み切ることから始めよう。


「経済学は理屈がちで、現実には役立たない」という批判もある。その一因は、主流派の経済学が「自由で独立した合理的な個人」という、現実離れした前提の上に理論を組み立てていることにある。しかし、主流派の理論は必修。限界があると承知して使えば、思考の枠組みとして大いに役立つ。


猪木武徳の経歴・略歴

猪木武徳、いのき・たけのり。日本の経済学者。「日本経済学会」会長。滋賀県出身。京都大学経済学部卒業、米国マサチューセッツ工科大学大学院博士課程修了。大阪大学経済学部教授、経済学部長、国際日本文化研究センター所長、日本経済学会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

熊谷正寿

モノの見方が非常に大切です。私たちの仕事を、「ドメインを売っている」「サーバーを売っている」と感じるのか、「インターネットの情報を増やし、世の中を便利にしている」と感じるのかで、働く際の意識は随分変わってくるでしょう。要はモノの捉え方なのです。幹部全員が仕事の本質的な内容をきちんと理解できるように説明しています。


大山健太郎

人材育成の制度設計における私の基準は2つあります。「人事評価が従業員を育てるためのツールとなっているか」「自分が従業員の立場ならどんな人事制度を望むか」この2つの視点を基に、人を育てるという姿勢を明確に打ち出す必要があります。


徳川光圀

一騎で立ち働くことは、匹夫の勇であるから、大した御用にも立たぬ。


小杉友巳

生涯現役をより正確に言えば、仕事も含めたあなたのやりたいことすべてということです。それは生きることと言い換えてもいいかもしれません。70歳になっても、80歳になっても、やりたいことがあって、その夢に向かって邁進している方は現役という感じがしませんか?私がお会いしてきた生涯現役の達人たちは、仕事に限らずやりたいことをたくさん持っている方ばかりでした。


能町光香

上司と定期的に目標設定の時間を持つ、報告や連絡の際はその延長として自分の課題や改善すべき点を指摘してもらう、といった方法を積極的に取りましょう。上司はそうした果敢さを持つ部下を歓迎します。部下が何を考え、どんな目標を持っているかを知ることで、組織にどう役立ってもらうかを判断できるからです。


青木均一

信長を研究することによって信長の偉さを知った。私は秀吉びいきであり、いまでも変わらないが、信長がなかったら秀吉は出なかっただろう。しかし秀吉はなくても、信長は出ていた。稀代の大器であり、天才児である。信長を知ったことは、私にとっても得るところが多かった。
【覚書き|日本陶管高浜工場長時代を振り返っての発言。同工場は桶狭間に近く、青木氏は古戦場を直接見に行ったことをきっかけに信長を研究することになった】


ルー大柴

楽屋では若い人の会話や交流には、積極的に参加し、コミュニケーションをはかっています。本番前には「何かきっかけがあったら、突っ込んで来いよ。俺は全然大丈夫だからな」と言ってあげます。すると彼らは本気で突っ込んできます。僕も負けずに返していくと、自然に若い力が蘇ってきて心がときめいてくるんです。若い人たちとの積極的なコミュニケーションをぜひお勧めしたい。


小林大輝(小説家)

僕はあまり日本の小説が読めないんですね。その理由を、ちゃんと言語化はできないんですけど、とにかく読みづらくて。自分の読めるものを書こうと思ったら、こうなりました。


有森裕子

手帳には自分を鼓舞する言葉を書くようにしていました。何か目標を持ったとしても、思っているだけだと忘れることで逃げられますよね。書くことで「目標から逃げるな」と自分に言い聞かせられます。


猪瀬直樹

サポート精神を持つには、自分が受けた親切に気付くことが大切。たとえば部署に届く書類や伝票が積み重なっていて、誰かが気を利かせて整理用のボックスを作ったとします。自分が直接やってもらったことではないかもしれませんが、ここで何も感じない人はダメ。誰かがやって当然と考えている限り、気が利く人にはなれません。「気が利く」は、「気がつく」から始まるのです。


河辺よしろう

商品を買う時には、必ず目的ときっかけがあります。目的はお客さまが決めますが、きっかけはこちらでつくれます。「問題解決」「負担の軽減」「楽しませる」の3つの要素につながる提案をしましょう。


リンダ・グラットン

人生に対して長期にわたって恩恵をもたらす3つの「無形資産」

  1. 「生産性資産」。人が仕事で生産性を高めて成功し、所得を増やすのに役立つ要素。スキルと知識が主たる構成要素であるが、他にも様々な要素が含まれる。
  2. 「活力資産」。肉体的・精神的な健康と幸福のこと。健康、友人関係、パートナーやその他の家族との良好な関係などが該当する。
  3. 「変化資産」。変化するために必要な資産。自分についてよく知っていること、多様性に富んだ人的ネットワークを持っていること、新しい経験に対して開かれた姿勢を持っていることなどが含まれる。