名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

犬塚尚美(悠木そのま)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

犬塚尚美(悠木そのま)のプロフィール

犬塚尚美(いぬづか・なおみ)。日本の人材開発プロデューサー。慶應義塾大学法学部卒業後、丸紅勤務、コピーライター、作詞家などを経て東海総合研修所(のちの三菱UFJリサーチ&コンサルティング)で人材開発・経営コンサルティング業務に携わる。その後、人材開発プロデューサーとして独立。悠木そのま(ゆうき・そのま)のペンネームでワークスタイルデザイナーとしても活躍。

犬塚尚美(悠木そのま)の名言 一覧

人は先の見通しが立つと気分が楽になり、やる気が出てくるものです。


気配りは究極の段取り。


脳の基本回転数を上げるには、脳に適度なプレッシャーを与える必要があります。それには制限時間をあえて短めに設定するといいですね。


仕事の流れを簡単なフロー図などにして、手順を見える化すれば、作業の順番をいちいち考えたり、すべきことを思い出したりせずに済みます。


現実をふまえると、物理的な残業ゼロは不可能。それよりも自分の予定した時間をオーバーせずに帰宅する「心理的残業ゼロ」を目指すべきです。


私はデスクワークの日には、午後2時頃に昼食をとります。正午過ぎが最も企画分析力が高まるから。考えごとはこの時間帯に限ります。


予定を立てるときは「1.2倍の法則」をふまえてください。所要時間の見積もりは、実際にはその1.2倍かかる。たとえば1時間かかると思ったら、実際には1時間12分かかるものと思っていたほうがいいですね。


「私はいつも割り込み仕事ばかりで予定が立てられない」とイライラしている人がいますが、いつもであれば、それは割り込み仕事ではなく定型業務と言えますね。


ずっと同じ作業をしていると脳は退屈によって疲れてしまい、作業効率が落ちることがわかっています。だから休みを取ったほうが、むしろ効率がいいのです。


みなさんに「メモを取るのはなぜですか」と尋ねると、「忘れないため」とおっしゃいます。でも、そうではありません。メモを取ったら忘れてもいい。むしろ忘れたほうがいいのです。


脳には基本回転数があります。これは簡単に言えば、脳がどれだけ速く動くかということ。時間的なプレッシャーをかけずにいると、脳はゆっくりとしか回転しません。そこで、まめに時計を見るようにすれば、脳はプレッシャーを感じて回転数を上げていきます。


「忙しい」が口癖の人ほど、どの仕事にどれくらいの時間がかかるか、把握できていません。まずは時計を見る習慣をつけることから始めて、平均所要時間をつかむことです。


犬塚尚美(悠木そのま)の経歴・略歴

犬塚尚美(いぬづか・なおみ)。日本の人材開発プロデューサー。慶應義塾大学法学部卒業後、丸紅勤務、コピーライター、作詞家などを経て東海総合研修所(のちの三菱UFJリサーチ&コンサルティング)で人材開発・経営コンサルティング業務に携わる。その後、人材開発プロデューサーとして独立。悠木そのま(ゆうき・そのま)のペンネームでワークスタイルデザイナーとしても活躍。

他の記事も読んでみる

篠原正義

ニーズを押さえつつ、誰に向けて仕事をしているのかという意識さえ忘れなければ、作り手の気持ちはお客さんに伝わるでしょう。


宋文洲

残業しなくてもきちんと利益を出せることを証明したい。うちは午後5時半にオフィスの電機を半分消します。見ていってください。


水戸岡鋭治

高いハードルがあるからこそ、人は一層努力できる。


菊池保人

「独立した働き方」は、一つの収入に依存せず、自分で自分自身のキャリアを組み立てる生き方です。会社員の中には、生活のためにやりたいことを我慢する人もいます。しかし副収入があり、現在の勤め先に頼らなくても暮らせる収入があれば、夢に向かって進路変更したり、地域貢献のために自分の時間を費やしたりしやすくなりますよね。そうなれば、個人の立場は強くなりますし、その人と家族、会社との関係性もより良く変わるでしょう。


福井正憲

福寿園の歴史を振り返ると、その時代に価値ある企業であったからこそ、生き残ってきたのだ。単に守るのではなく、その時代に価値あるものを提供してきたからこそ今日がある。


海老原嗣生

自分がどんな分野の能力を持っているかという「能力の棚卸し」が重要。そして、その際に役立つのが、「OS」と「アプリケーション」に分けて因数分解する発想。OSとは、折衝力や企画力、マネージメント力など、職務に関係なく必要なビジネススキルのこと。一方、アプリケーションとは、特定の職務や業界に閉じた専門知識や技術のことです。自分のキャリアはどのようなOSとアプリケーションで成り立っているのかを棚卸しすることで、自分の本当の市場価値を知ることができるのです。


平野岳史

日雇い派遣業には働く側、労働者を受け入れる側、それぞれにニーズがあった。働く側は、今すぐお金がほしいけれど、好きな時にできるだけ家の近くで仕事をしたいと考えている。一方、企業側も、仕事量に合わせた人材がほしい。そのため前日に大量の発注をしても、きちんと時間どおりに人材を送り込んでくれるのであれば利用したいと考えている。お互い非常にわがままです。そのニーズを満たしてあげることで、仕事はどんどん増えていきました。


織畠潤一

組織は小さくても構わない。それよりも、最先端を走っていること。突き抜けようとしていること。それが大事。


内藤大助

いまね、みんなね、やっぱりお金は欲しいと思いますよ。僕だってもちろん欲しい。でもね、その前に自分の環境に感謝ですよ。いかに周りの人たちに支えられてるかって考えたらね。お金の前にやっぱありがたみを感じますよ。ビジネスマンだってね、給料に不満があるとかいうのはね、チャンピオンになってからでいいんです。チャレンジャーのうちはチャンスがあるだけでもありがたいですから。条件出すのはチャンピオンになってからいくらでもできるんですから。


石川泰彦

良い製品を開発すれば売上増が期待できるメーカーなどとは異なり、サービス業の収益の源泉は100%が「人・チーム」といっても過言ではありません。事業所のリーダーが変わるだけで利益が2倍になることもあり、人材への投資は極めて重要な取り組みと考えます。


畑山浩昭

本学は学部制ではなく、学群制を採用しています。学群制というのは、専攻としての必修科目はあるものの、特定の分野だけではなく、隣接した分野も広く学ぶことができるんです。私が学生の時もそうでしたが、今の学生たちを見ていると、高校生の頃になりたかったものって結構変わってきますよね。大学に入ってからも変わるし、卒業してからも変わると思うんですよ。だから、がっちりと4年間のカリキュラムを固定して勉強するのではなく、各学群の持つ専門科目の中から、自分が興味のあるものを選択して、自分の学びの形をつくっていってほしいと考えたんですね。


平井伯昌

切羽詰まった状況では、周囲の雑音が消え、上に這い上がるためには何をすべきかだけを考えるようになります。崖っぷちに立たされた時こそ、思わぬ力が発揮される。俗に言う「火事場のばか力」です。それを利用して、今すぐできることを精一杯やれば、短時間でのリカバリーは可能だと思います。