名言DB

9412 人 / 110637 名言

牟田悌三の名言

twitter Facebook はてブ

牟田悌三のプロフィール

牟田悌三、むた・ていぞう。日本のボランティア、俳優。チャイルドライン支援センター代表理事、世田谷ボランティア協会名誉理事長。東京都出身。北海道大学農学部在学中からNHK札幌劇団に入団し役者として活動。その後、『ケンちゃんシリーズ』や『金八先生 第1期』、そのほか刑事ドラマなどで活躍した。

牟田悌三の名言 一覧

私は世田谷ボランティア協会の理事業をやっていましたが、ボランティア活動で体の不自由な方たちに接する機会があると、不足とか我慢とかを知ることができます。手間を省くことで失ったものを、手間をかけて取り戻す。手間をかけるということを学べるのがボランティア活動なのです。


私はいまの子供は、足りないということを知らないのが問題だと思います。これは大人社会の影響であって、お腹が空くとか、我慢して小遣いを貯めて欲しいものを買うとか、そういう経験が少なく、欲しいと思ったらコンビニで簡単に手に入る世の中になってしまいました。その結果、我慢をすることを知らない子ばかりになってしまったような気がしてなりません。


牟田悌三の経歴・略歴

牟田悌三、むた・ていぞう。日本のボランティア、俳優。チャイルドライン支援センター代表理事、世田谷ボランティア協会名誉理事長。東京都出身。北海道大学農学部在学中からNHK札幌劇団に入団し役者として活動。その後、『ケンちゃんシリーズ』や『金八先生 第1期』、そのほか刑事ドラマなどで活躍した。

他の記事も読んでみる

西野精治

限られた時間でも、睡眠の質を高めることで日中のパフォーマンスを高められる。鍵となるのは、眠りのゴールデンタイムである寝ついた直後の90分です。このとき、アンチエイジング効果もあるとされる「成長ホルモン」の約8割が分泌され、自律神経の調整や記憶の定着も行われます。だから深夜に仕事をするときは、眠気があるならまずは寝て、黄金の90分後の最初のレム睡眠のタイミングで起きて作業したほうがはかどります。


山中勧

商品開発に関しては、「ヒット商品提案制度」というものを設けました。新商品のアイデアや既存の商品の改善案を提出したら、どんな内容であっても1件につき100円を支給します。実際に商品化された場合、売れ行きに応じて最大30万円くらいまで賞金を出すこともあります。この制度をつくってから、よりたくさんの提案が集まるようになり、ヒヅト商品がいくつも生まれています。


北尾吉孝

実は健康医療関連事業も、SBIグループの生態系の中で他のサービスと強く結びついているのです。SBIグループの顧客には富裕層のお客様が数多くいらっしゃいます。では、物理的な富を得た人は、次に何を求めるか。それは「健康」です。秦の始皇帝が晩年、不老不死の薬を探し求めたように、これは何千年も変わらない真実です。だからこそ、健康、医療分野とのシナジーが生まれるのです。


坂本光司

私たちの分析によれば、高業績企業の社員のモチベーションが必ずしも高いわけではありません。一方で、社員のモチベーションが高い企業について調べると、しっかりと継続的に利益を出している。ここには明確な相関関係がありました。やはり、経営者がまず追求すべきは、売り上げや利益ではなく、社員の働きやすさや満足度なのです。


西岡喬

技術の先進性と信頼性こそ、三菱重工のブランドと言えるものです。世界に持っていっても、太刀打ちできる技術があります。単なる生産技術ではなく、先進技術です。


岡崎嘉平太

経営者は後継者を養成することを、常に念頭に置かなければならない。事業を継続し発展させるためには、立派な後継者が必要であるし、また、自分より優れた者を養成することほど、やりがいのある仕事はない。


孫正義

負債の絶対額は基本的に問題ではなくて、償却前の営業利益に対して何倍まで借り入れるかが一番大事と思っています。


ジム・ロジャーズ

数字や資料を読み、その会社や国のことについて徹底的に調べる。それが面倒なら投資なんてしない方がいい。調査するうえで、情熱はとても需要な要素です。粘り強さに加えて、情熱がなければ成功はできないでしょう。


堀田力

いろいろな人の力を借りたい、誰の力でも借りようと思って接していると、同じように情熱や信念を持っている人が共鳴して集まってきてくれる。「一緒にやってやろう」と飛び込んできてくれる頼もしい仲間がどんどん増えていきます。


青木功

歳だから「まあ、いいや」と思ったら選手としては終わりです。


橋本治

私自身としては、現在の問題については、過去がかつてこうであったというところからの類推でしか見ていません。だから、既成のイデオロギーから何かを構築しようという気はまるでないんです。


中川政七・13代目(中川淳)

ブランディングも最終的に商品に落とし込まれますが、出発点はどちらかというと市場ではなく自分にあります。「自分がどうしたいか」「どういう商品を作りたいか」に力点を置くのです。中小メーカーの勝ち目は、ブランディングにあると考えています。


山本梁介

逆境の際に逃げずに乗り越えようとする人だけに、ピンチをチャンスに変えるアイデアがひらめく。


平井伯昌

高みを目指すために、全体のボトムアップを図ってから、最終段階で力のある選手をさらに押し出す。それが、結果を出すための1つの方法論。


山田義仁

成長できているということは、お客様に選んでもらっているということ。