名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

牛窪恵の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

牛窪恵のプロフィール

牛窪恵、うしくぼ・めぐみ。日本のマーケティングライター、世代・トレンド評論家。東京出身。日本大学芸術学部映画学科卒業後、大手出版社で編集とPR業務を担当。その後独立し、テレビや雑誌でコメンテーターとして活躍。著書に『男が知らない「おひとりさま」マーケット』『ポジティブ・ケチのすすめ』『さとり世代の消費とホンネ』ほか。

牛窪恵の名言 一覧

たとえ部下が失敗しても、それまでの頑張りにはちゃんと意義があったことを伝えてください。できれば、「今回の結果から、こういう新しい学びが得られたことは、このチームにとっても意味があったよね」などと、本人だけでなく周囲の人たちにも、この失敗は意味があったのだと伝えるのがベストです。


いつまでも言われたことしかやらない人材では会社としても困るはず。そこで、指示を出すときには、「最低限ここまでやれれば、失敗しても大丈夫」というベースラインを示して、自分なりに挑戦や工夫をする余地を与えてあげるとよいでしょう。


部下が指示どおりにできたら、必ず褒めるのを忘れずに。その達成感が成功体験となり、少しずつ自信もついていきますし、できることの範囲やクオリティも段々とレベルアップしていくでしょう。


これはある企業で聞いた実話ですが、上司がさとり世代の部下に「明日の会議に必要だから、資料作成を頼む。頑張れるな?」と言ったら、翌朝出社しても資料はできていなかった。上司が理由を聞くと、「一時間ほど頑張ったんですが、終わらなかったので帰りました」と答えたそうです。上司は当然、「頑張る=徹夜してでもやる」という意味で言ったのですが、もはやさとり世代は使っている言語が違うので、そんな指示では意図が伝わらないのです。よって、さとり世代には期日や期間、任せる範囲などの目標を明確に示すこと。


職場でさとり世代の力を引き出すには、まずは小さなことでいいから「成功体験を積ませること」が何より大事です。コスパ(コストパフォーマンス)重視のさとり世代にとって、「達成感」は大事なキーワード。「自分はここまでやれた」という達成感を得られれば、その仕事に費やした時間や労力も無駄ではないと思えるようになります。


牛窪恵の経歴・略歴

牛窪恵、うしくぼ・めぐみ。日本のマーケティングライター、世代・トレンド評論家。東京出身。日本大学芸術学部映画学科卒業後、大手出版社で編集とPR業務を担当。その後独立し、テレビや雑誌でコメンテーターとして活躍。著書に『男が知らない「おひとりさま」マーケット』『ポジティブ・ケチのすすめ』『さとり世代の消費とホンネ』ほか。

他の記事も読んでみる

今井登茂子

相手は、こちらの仕草や表情、声を敏感に読み取りながらこちらが発する言葉に心がこもっているかどうかを判断します。それが「印象」というもので、好感を持たれるかどうかは、その印象の積み重ねで決まってくるのです。


片倉達夫

我々のビジネスは、3~5年という中長期スパンで動いています。現場の課題はお客様によって異なるため、一社一社と深いパートナーシップを結んだうえで課題を見据えたプロジェクトを推進しています。


ダニエル・ピンク

社員が最高のパフォーマンスを発揮できる職場環境を提供するのが、マネジメントの本質となります。


大山泰弘

人のために動けば、必ず回りまわって戻ってくる。


藤田晋

逆境でも、前向きに働き続けられるかどうか。それには、現在のポストや給料ではなく、それまでの経験で得た「見えない報酬」が効いてくると思っています。見えない報酬とは、会社から表彰されたり、上司から褒められたり、人から感謝されたりした「うれしい経験」です。働き続ける中で、自分の会社を好きになったり、仲間を大事に思えることも、ある意味で報酬と言えるでしょう。そういった見えない報酬をたくさん得ている人は、高いモチベーションを維持して働くことができます。会社の経営状態が厳しい時でも、粘り強く働けますし、年収がアップするからといって、安易に転職することもないでしょう。働いた対価は、何も出世や金銭的な報酬だけではないのです。


大嶋啓介

いつも大声を出して朝礼をやっているので、「てっぺん」には元気のいい活発なメンバーばかり集まってくると皆さん思われるらしいんです。だけど実際には、自分に自信がなくて話すのもすごく苦手、というような子たちが多いんですよ。それが、毎日やっているうちに変わっていくんです。


高木芳紀(髙木芳紀)

自分の名刺をつくるときは、名刺にどんな仕事をさせるかを考え、目標設定をすることが大事。たとえば、ビジネスに結びつけるのか、勉強仲間を募るのか、一緒に趣味を楽しむコミュニティーをつくるのか、と。


佐藤優

考えなきゃならないのが、経済的な見極め。かつての右肩上がりの時代なら、結婚したら、子供の教育と住宅の、いずれにもお金をかけられました。が、いまはその余裕はありません。子供の教育に力を入れるなら、マイホームは諦め賃貸にする。家を買うなら、子供は私立は諦め、公立で我慢してもらう。どちらかを選択すべき時代です。自分たちの家族は何を優先し、選択するか、その見極めが大事なんです。


平岡昭良

若手時代に営業担当として仙台に勤務していた頃、システム開発案件が受注寸前でライバル社に奪われそうになりました。役員の親戚がライバル社に勤めていたのが理由とのこと。納得できないので、交渉してその会社の役員会で再提案する機会をいただきました。そのかいあって何とか受注できました。ただ、なぜ逆転できたのか分かりませんでした。後日、親戚がいるというその役員から「君の説明はまるっきり分からなかったけど、真剣に提案してくれたのは伝わった。親戚うんぬんではないと思ったよ」と言われました。うれしかったですね。


松井道夫

個人向け国債?そんなハイリスクな商品、うちでは取り扱いません!
【覚書き|松井証券は第二次世界大戦まで多くの国債を購入していたが、敗戦でそれらが一気に紙くずになったことを経験している。その件について先代から当時の状況を克明に説明されたのかもしれない。また、一見リスクのないものこそリスクが隠れているという意味もあるのではないでしょうか】


弘兼憲史

仕事において僕は、「相手のため」という目線を忘れないことを大切にしています。例えば資料やファイルを渡す時でも、相手に分かりやすい工夫や、作業しやすくなる配慮をしたうえで渡す。その積み重ねが評価につながり、自分も気持ちよく仕事ができます。


葛西敬之

人事評価でとくに良くないのが、人の評価を拙速に判断し、それさえもすぐに変えることです。