名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

牛窪恵の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

牛窪恵のプロフィール

牛窪恵、うしくぼ・めぐみ。日本のマーケティングライター、世代・トレンド評論家。東京出身。日本大学芸術学部映画学科卒業後、大手出版社で編集とPR業務を担当。その後独立し、テレビや雑誌でコメンテーターとして活躍。著書に『男が知らない「おひとりさま」マーケット』『ポジティブ・ケチのすすめ』『さとり世代の消費とホンネ』ほか。

牛窪恵の名言 一覧

たとえ部下が失敗しても、それまでの頑張りにはちゃんと意義があったことを伝えてください。できれば、「今回の結果から、こういう新しい学びが得られたことは、このチームにとっても意味があったよね」などと、本人だけでなく周囲の人たちにも、この失敗は意味があったのだと伝えるのがベストです。


いつまでも言われたことしかやらない人材では会社としても困るはず。そこで、指示を出すときには、「最低限ここまでやれれば、失敗しても大丈夫」というベースラインを示して、自分なりに挑戦や工夫をする余地を与えてあげるとよいでしょう。


部下が指示どおりにできたら、必ず褒めるのを忘れずに。その達成感が成功体験となり、少しずつ自信もついていきますし、できることの範囲やクオリティも段々とレベルアップしていくでしょう。


これはある企業で聞いた実話ですが、上司がさとり世代の部下に「明日の会議に必要だから、資料作成を頼む。頑張れるな?」と言ったら、翌朝出社しても資料はできていなかった。上司が理由を聞くと、「一時間ほど頑張ったんですが、終わらなかったので帰りました」と答えたそうです。上司は当然、「頑張る=徹夜してでもやる」という意味で言ったのですが、もはやさとり世代は使っている言語が違うので、そんな指示では意図が伝わらないのです。よって、さとり世代には期日や期間、任せる範囲などの目標を明確に示すこと。


職場でさとり世代の力を引き出すには、まずは小さなことでいいから「成功体験を積ませること」が何より大事です。コスパ(コストパフォーマンス)重視のさとり世代にとって、「達成感」は大事なキーワード。「自分はここまでやれた」という達成感を得られれば、その仕事に費やした時間や労力も無駄ではないと思えるようになります。


牛窪恵の経歴・略歴

牛窪恵、うしくぼ・めぐみ。日本のマーケティングライター、世代・トレンド評論家。東京出身。日本大学芸術学部映画学科卒業後、大手出版社で編集とPR業務を担当。その後独立し、テレビや雑誌でコメンテーターとして活躍。著書に『男が知らない「おひとりさま」マーケット』『ポジティブ・ケチのすすめ』『さとり世代の消費とホンネ』ほか。

他の記事も読んでみる

中尾ゆうすけ

人は、指示されて働くより、ある程度裁量を持って自分で考え実行するほうが、やりがいや面白みを感じることができる。


男鹿和雄

自分の意志でタブローを描くのとはぜんぜんちがいますのでね。要求されていることに少しでも近づいて描こうと思えば、自分の描き方だけではなかなかオーケーをもらえないところもあります。


佐野陽光

海外事業と技術開発に専念するためにも、私は社長を退任し、取締役となることを決断しました。クックパッドが世界でどんな取り組みができるのか、まだ何も決まっていませんが、世界の食卓を舞台に、食とITを組み合わせた新サービスを提供していきたいです。


桜井章一

他人の評価なんてどうでもいい。俺は「雀荘のオヤジ」でいい。社会が見れば下等な立場で十分。そこにいるからこそわかるんだよ。下の人の気持ちがさ。


川﨑宗則

一番何が楽しいかって、ガチガチにプレッシャーを感じて、勝ちに行くということ。本当に勝ちたいという気持ちで全試合をやりたい。


稲垣えみ子

新聞記者になった時からずっと、「この仕事の素晴らしいところは名刺一つで誰でも会いに行けるところだ」と言われて、自分でもそう思ってきたのですが、実際に辞めてみたら、名刺がないから人と出会えないということは全然なかったんです。逆に会社員だったら出会えないような人にすごく出会っている気がします。


齋藤孝(教育学者)

朝令暮改はむしろ称賛すべきでしょう。少なくとも、いつまでも決断せず、失敗も成功もできない状態よりは、本人にとっても組織にとってもずっといい。


西村英俊

社長の事業上の判断以外にも、証券、金融の市場との対応という場面で会社をつぶすことがあります。いや、社長その人が会社をつぶす大きな原因になるのです。市場というのは貪欲でいろんな意味で短気ですから、自らの確信に基づいた辛抱強い説明が必要です。短気を起こして切れてはいけませんぞ。


金光サリィ

「緊張しなくなってから人前で話したい」という人がいますが、それではいつまでたっても克服できません。近い将来に本番があってこそ、臨場感を持って準備に取り組め、その効果が高まります。


内海哲也

今年から選手会長をやらせてもらうことになりました。正直、まだそんな器じゃないと思うし、できるのかなって不安もあるんです。でも、前会長の阿部(慎之助)さんに「おまえに任せた」って信頼していただいたのが嬉しかったですね。受けたからには責任をもってやるつもりです。実は昔からジャイアンツは投手と野手の交流が少ないことが気になっていました。食事に行くのも、野手は野手同士、投手は投手同士が多いんです。せっかく選手会長になったのでチームをまとめる意味で、投手も野手もゴチャ混ぜの食事の機会を設けたいですね。


上條努

目の前の事業だけではなく、将来の事業に広がりをもたらす要素に誰かが目をつけておくべき。


角田秋生

ちょっとストレッチしているけど、もういいやと思わせないレベルの課題を適切に与えることです。「ちょうど」という概念を持って、いい意味でのエールを送り続ける。そうすることで、大人も子供同様、意欲的に学び続けることができるのです。