名言DB

9425 人 / 110833 名言

牛窪恵の名言

twitter Facebook はてブ

牛窪恵のプロフィール

牛窪恵、うしくぼ・めぐみ。日本のマーケティングライター、世代・トレンド評論家。東京出身。日本大学芸術学部映画学科卒業後、大手出版社で編集とPR業務を担当。その後独立し、テレビや雑誌でコメンテーターとして活躍。著書に『男が知らない「おひとりさま」マーケット』『ポジティブ・ケチのすすめ』『さとり世代の消費とホンネ』ほか。

牛窪恵の名言 一覧

たとえ部下が失敗しても、それまでの頑張りにはちゃんと意義があったことを伝えてください。できれば、「今回の結果から、こういう新しい学びが得られたことは、このチームにとっても意味があったよね」などと、本人だけでなく周囲の人たちにも、この失敗は意味があったのだと伝えるのがベストです。


いつまでも言われたことしかやらない人材では会社としても困るはず。そこで、指示を出すときには、「最低限ここまでやれれば、失敗しても大丈夫」というベースラインを示して、自分なりに挑戦や工夫をする余地を与えてあげるとよいでしょう。


部下が指示どおりにできたら、必ず褒めるのを忘れずに。その達成感が成功体験となり、少しずつ自信もついていきますし、できることの範囲やクオリティも段々とレベルアップしていくでしょう。


これはある企業で聞いた実話ですが、上司がさとり世代の部下に「明日の会議に必要だから、資料作成を頼む。頑張れるな?」と言ったら、翌朝出社しても資料はできていなかった。上司が理由を聞くと、「一時間ほど頑張ったんですが、終わらなかったので帰りました」と答えたそうです。上司は当然、「頑張る=徹夜してでもやる」という意味で言ったのですが、もはやさとり世代は使っている言語が違うので、そんな指示では意図が伝わらないのです。よって、さとり世代には期日や期間、任せる範囲などの目標を明確に示すこと。


職場でさとり世代の力を引き出すには、まずは小さなことでいいから「成功体験を積ませること」が何より大事です。コスパ(コストパフォーマンス)重視のさとり世代にとって、「達成感」は大事なキーワード。「自分はここまでやれた」という達成感を得られれば、その仕事に費やした時間や労力も無駄ではないと思えるようになります。


牛窪恵の経歴・略歴

牛窪恵、うしくぼ・めぐみ。日本のマーケティングライター、世代・トレンド評論家。東京出身。日本大学芸術学部映画学科卒業後、大手出版社で編集とPR業務を担当。その後独立し、テレビや雑誌でコメンテーターとして活躍。著書に『男が知らない「おひとりさま」マーケット』『ポジティブ・ケチのすすめ』『さとり世代の消費とホンネ』ほか。

他の記事も読んでみる

小林宏治

松下さんともあろう人が、この有力な未来部門に見切りをつけるとは、いかにも残念。コンピュータは今でこそソロバンが合わないが、これは将来必ず、家庭電器の分野にも不可欠なものになる(小林宏治、こばやしこうじ、日本電気(現NEC)社長・会長、日本工学アカデミー会長、勲一等旭日大綬章受賞者、NEC中興の祖と評される、コンピューターと半導体を主軸に事業を展開)


藤田恭嗣

最近の私のテーマは楽しむことです。自分の趣味を楽しむということではなく、自分の人生を楽しく生きたい。目の前は楽しいと感じられず、苦労しているかもしれません。しかし、重要なのは人生が終わるときに楽しかったと思えるかどうかです。目先の楽しみではなく、深い楽しみを探してください。


虫明元

未知のルートを見つけるには、思考の融通性が必要。


井上礼之

パラダイムシフトの時代では、M&Aや提携、連携の重要性はますます高まります。すべて自前で賄いながら市場を攻略しようとすれば、それを担う人材の育成や確保に時間がかかり、手遅れになることが往々にしてあるからです。


鳥居正男

社員の仕事のボトルネックになることを避けるため、意見や判断を求められたときは即断即決します。どうしても、日中に業務がこなしきれなかった場合などは、深夜1時2時でも、家からメールを返信します。


日和佐信子

不祥事が続出するのは、買ってくれるお客様だけを見ていればいいという企業の甘えがあるからだと思います。


高岡浩三

生産性が高い人は、「解決すべき顧客の問題は何か」をまず設定し、そこに集中して結果を出す。一方、生産性が低い人は、解決すべき課題を設定せずに仕事を進めるため、「仕事ではないこと」に無駄な時間を費やしてしまう。


古森重隆

人や組織、技術、企業文化などの優れた資産を生かせば、新しい価値を見つけることができる。価値を創造し続ける装置としての機能が企業にはある。


佐々木常夫

仕事は初めが肝心です。計画を立てておくと仕事の無駄がなくなります。でも、無計画なまま仕事をしている人が多い。だから、必要ない仕事までしたり、非効率な仕事の進め方をしたりして、勤務時間内に仕事が終わらず、残業が増えてしまうのです。


曽山哲人

決断を避けて「リスクを取らないでいるリスク」のほうが、ずっと怖いのです。リスク怖い病にならないようにするには、決断経験を重ね、挑戦を許容できる体質になるべきです。