名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

牛窪恵の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

牛窪恵のプロフィール

牛窪恵、うしくぼ・めぐみ。日本のマーケティングライター、世代・トレンド評論家。東京出身。日本大学芸術学部映画学科卒業後、大手出版社で編集とPR業務を担当。その後独立し、テレビや雑誌でコメンテーターとして活躍。著書に『男が知らない「おひとりさま」マーケット』『ポジティブ・ケチのすすめ』『さとり世代の消費とホンネ』ほか。

牛窪恵の名言 一覧

たとえ部下が失敗しても、それまでの頑張りにはちゃんと意義があったことを伝えてください。できれば、「今回の結果から、こういう新しい学びが得られたことは、このチームにとっても意味があったよね」などと、本人だけでなく周囲の人たちにも、この失敗は意味があったのだと伝えるのがベストです。


いつまでも言われたことしかやらない人材では会社としても困るはず。そこで、指示を出すときには、「最低限ここまでやれれば、失敗しても大丈夫」というベースラインを示して、自分なりに挑戦や工夫をする余地を与えてあげるとよいでしょう。


部下が指示どおりにできたら、必ず褒めるのを忘れずに。その達成感が成功体験となり、少しずつ自信もついていきますし、できることの範囲やクオリティも段々とレベルアップしていくでしょう。


これはある企業で聞いた実話ですが、上司がさとり世代の部下に「明日の会議に必要だから、資料作成を頼む。頑張れるな?」と言ったら、翌朝出社しても資料はできていなかった。上司が理由を聞くと、「一時間ほど頑張ったんですが、終わらなかったので帰りました」と答えたそうです。上司は当然、「頑張る=徹夜してでもやる」という意味で言ったのですが、もはやさとり世代は使っている言語が違うので、そんな指示では意図が伝わらないのです。よって、さとり世代には期日や期間、任せる範囲などの目標を明確に示すこと。


職場でさとり世代の力を引き出すには、まずは小さなことでいいから「成功体験を積ませること」が何より大事です。コスパ(コストパフォーマンス)重視のさとり世代にとって、「達成感」は大事なキーワード。「自分はここまでやれた」という達成感を得られれば、その仕事に費やした時間や労力も無駄ではないと思えるようになります。


牛窪恵の経歴・略歴

牛窪恵、うしくぼ・めぐみ。日本のマーケティングライター、世代・トレンド評論家。東京出身。日本大学芸術学部映画学科卒業後、大手出版社で編集とPR業務を担当。その後独立し、テレビや雑誌でコメンテーターとして活躍。著書に『男が知らない「おひとりさま」マーケット』『ポジティブ・ケチのすすめ』『さとり世代の消費とホンネ』ほか。

他の記事も読んでみる

大坪清

希望とは、与えられるものではなく、いろいろなことを学びつつ、成長し変わっていく新たな自分を発見することだ。そのためには、理想を胸にいつまでも若々しい感性を持ち、何事からも学びとろうという姿勢が大事だ。


笹氣健治

人生は、グッドラックとバッドラックが交互に訪れるものです。一生成功し続ける人などいないし、反対に一生失敗続きの人もいません。つまり、そのときどきで運のよし悪しに一喜一憂するのは意味がないことなのです。「人間万事塞翁が馬」という故事成語もあるとおり、これはずっと昔からいわれている真理です。


廣江研

やってみてできなければやり方を工夫する。最終的な責任は俺がとる。


小山佳延

マーケットサイズは小さくても、そこでナンバーワンであり続けることが勝利の方程式。


ウォルト・ディズニー

好きなことだけにのめり込んではいけない。他の分野へチャレンジできなくなってしまうからだ。自分の好きなもの以外、見えないようにするのは馬鹿げたことだ。


入山章栄

ビジネスには、世界中で共通する「普遍的な側面」もあります。「普遍的な側面」の何かひとつについて強みを持っている人は、ある意味「グローバル人材」に近いといえるかもしれません。そうであれば、(逆説的ですが)そのような強みは日本国内でも培える、ということになります。


見田村元宣

早起きの習慣化は、できれば夏に始めたほうがいい。冬は寒くてキツイですから(笑)。それと何をするか決めておいたほうがいい。私の場合は早起きしてメルマガやブログなどを書くという目的がありましたから。


箭内道彦

自分がいいと感じることも、人から見たらよくないことかもしれない。


榎本博明

自分もイライラしないためには、感情を沈静化させる作用がある「ポジティブセルフトーク」が有効です。例えば、上司の理不尽な言葉に、「もう我慢できない!」とカッとなったら、「大したことじゃない」「大丈夫、落ち着こう」などと自分に言い聞かせる癖をつけます。暴言を比較的冷静に受け止められ、相手への嫌悪感も軽減します。


北山ひとみ

遠くの人より近くの人からの理解を得ることの方が難しいもの。


渡辺文夫

うちには成績優秀な学生が入社してくると言っても、学者の集団じゃあるまいし、そういうの支店長にもなれません。会社は企画部長みたいのばかり揃えてもしょうがない。小さい時から上ばかり見て、試験に通りさえすればいいと思っている人は、会社に入って目標がなくなると勉強しなくなる。これじゃ人生わびしい。


安田隆夫

売り上げデータの活用は、当社もやっています。しかし、お客さんの心を、お客さんと同じように感じ取れる謙虚な気持ちの方が、はるかに大事。