牛窪恵の名言

牛窪恵のプロフィール

牛窪恵、うしくぼ・めぐみ。日本のマーケティングライター、世代・トレンド評論家。東京出身。日本大学芸術学部映画学科卒業後、大手出版社で編集とPR業務を担当。その後独立し、テレビや雑誌でコメンテーターとして活躍。著書に『男が知らない「おひとりさま」マーケット』『ポジティブ・ケチのすすめ』『さとり世代の消費とホンネ』ほか。

牛窪恵の名言 一覧

たとえ部下が失敗しても、それまでの頑張りにはちゃんと意義があったことを伝えてください。できれば、「今回の結果から、こういう新しい学びが得られたことは、このチームにとっても意味があったよね」などと、本人だけでなく周囲の人たちにも、この失敗は意味があったのだと伝えるのがベストです。


いつまでも言われたことしかやらない人材では会社としても困るはず。そこで、指示を出すときには、「最低限ここまでやれれば、失敗しても大丈夫」というベースラインを示して、自分なりに挑戦や工夫をする余地を与えてあげるとよいでしょう。


部下が指示どおりにできたら、必ず褒めるのを忘れずに。その達成感が成功体験となり、少しずつ自信もついていきますし、できることの範囲やクオリティも段々とレベルアップしていくでしょう。


これはある企業で聞いた実話ですが、上司がさとり世代の部下に「明日の会議に必要だから、資料作成を頼む。頑張れるな?」と言ったら、翌朝出社しても資料はできていなかった。上司が理由を聞くと、「一時間ほど頑張ったんですが、終わらなかったので帰りました」と答えたそうです。上司は当然、「頑張る=徹夜してでもやる」という意味で言ったのですが、もはやさとり世代は使っている言語が違うので、そんな指示では意図が伝わらないのです。よって、さとり世代には期日や期間、任せる範囲などの目標を明確に示すこと。


職場でさとり世代の力を引き出すには、まずは小さなことでいいから「成功体験を積ませること」が何より大事です。コスパ(コストパフォーマンス)重視のさとり世代にとって、「達成感」は大事なキーワード。「自分はここまでやれた」という達成感を得られれば、その仕事に費やした時間や労力も無駄ではないと思えるようになります。


牛窪恵の経歴・略歴

牛窪恵、うしくぼ・めぐみ。日本のマーケティングライター、世代・トレンド評論家。東京出身。日本大学芸術学部映画学科卒業後、大手出版社で編集とPR業務を担当。その後独立し、テレビや雑誌でコメンテーターとして活躍。著書に『男が知らない「おひとりさま」マーケット』『ポジティブ・ケチのすすめ』『さとり世代の消費とホンネ』ほか。

他の記事も読んでみる

樋口武男

1万人の社員がいれば、経営者は2万個の目で見られていることになります。そう思ったら身が引き締まるのではないでしょうか。


斎藤広達

人間一人の情報収集には限界があるので、時間をかければかけるほど、得られる情報の質は低くならざるを得ません。意思決定のスピードを上げたいなら、情報を得るための時間や量をあらかじめ決めてから取り組みましょう。たとえば、未知の分野の企画を考えるなら、初心者向けの入門書を1冊だけ読むとか、グーグル検索するなら15分だけ、といった工夫です。


三浦雄一郎

子供にはあまり「勉強しろ」とは言いませんでした。小学校の頃から「冒険しろ」「一緒にキリマンジャロに登ろう」と。要するに面白いけど、苦しいことをやらせるわけです。れを何回も経験させるんですよ。勉強だって苦しくなってくる。それを「面白くなるように工夫してみろ」と言っていたら、いつのまにか医学博士を取っていて。


厳浩(経営者)

我々がどんなに素晴らしいプロジェクトに参加しても、プロジェクトが終わり、自分たちの役目も終わったら、当社には何も残らなくなってしまいます。成果物はお客様の企業にあるからです。では、我々に何が残るのか。あるいは何を残すべきか。そこで考えたのが、サービスを体系化して残していくことでした。たとえば、サービスの価格化は見えないのでなかなか難しい。そのため個人プレーでやっていると、社長とお客様の人間関係で価格が決まってしまう。でも、これでは一代限りの仕事になって長続きしない。だからこそ、体系化が大事なのだと考えています。つまり、サービスを商品にしていくことです。そうすることで、個人頼みのサービスが一般性を帯びた商品になり、また組織としての強さを持つようになると考えています。ここが1つの分かれ目だと思うのですが、この転換をなかなかできない会社はプロジェクトのリピートだけで終わってしまうと思います。


内田和成

自社が市場を開拓したとしても油断はできません。みなさんはホームベーカリー(家庭用パン焼き器)を最初に世に送り出したメーカーをご存知でしょうか。いまやホームベーカリー市場は年間出荷数43万台に成長しましたが、この市場を切り開いたのは船井電機でした。しかしその後、大手メーカーが続々と参入し、船井電機は早々に市場から撤退を余儀なくされました。市場性が高ければ、他社にとっても魅力的な新規事業になります。たとえブルーオーシャン(競合なし市場)を見つけたとしても、その後の競合との戦いに負けてしまえば元も子もありません。


ジョン・D・ロックフェラー

私はいかなる失敗も、チャンスに変えるよう常に努力してきた。


高田純次

「そんな貧乏な人生になったのは、あなたの努力が足りなかったからだ」他人は言うことでしょう。言わせておけばいいのです。もちろん世の中には努力して成功した人もいることでしょうが、努力して成功しなかった人もたくさんいます。逆に、ろくに努力もしないで成功しちゃった人も。人生はそんなもんです。運不運とか、親にもらった名前が悪かったとか、いろいろあるじゃないですか。


中尾彰宏(経営者・医師)

経営で心がけていることは、フィードバック時間の最短化です。アクションを起こしてから結果になるまでの時間をできるだけ短くしたいと考えています。それが素早いアクションにつながります。


盛田昭夫

いつまでも勝ち抜くためには、我々の貴重な戦力を本当に得意な専門的なものに集中しなければならない。自分の得意なところで勝つ以外にないんだということを、よく知らねばならない。得意なことだけ一生懸命やることによってのみ、競争に勝てる。これは簡単明瞭な原則である。


包行均

子供の頃、家の手伝いで草刈りをやらされるのが嫌で嫌で、ゴーカートに乗って走り回っているうちに草が刈れたらいいなと思っていたんですよ。


ウィンストン・チャーチル

現在のわれわれは悪い時期を通過している。事態はよくなるまでに、おそらく現在より悪くなるだろう。しかしわれわれが忍耐し、我慢しさえすれば、やがてよくなることを、私はまったく疑わない。


真藤昌瑳熙

人の性格は様々ですから、コミュニケーションの仕方は一様ではありません。部下への任せ方も同様に、タイプによって変えるべき。


岸田祐介

ビジネスの本質は信頼されるかどうか。


山本博(アーチェリー)

シドニー・オリンピックに落選してからは、金メダルを意識することはなくなりました。自分のためにのためにやっているのですから、とにかく自分が考えるいいプレーをしよう。そう思ったら、ずいぶん気持ちが楽になりました。30代の最後に出場した釜山アジア大会での優勝や、その後のアテネ・オリンピックでの銀メダルは、そうして気持ちが吹っ切れた結果だと思います。


岩野達志

大部分の不動産屋はほぼ「自分たちで儲けて、自分たちで銀座で飲んで終わり」で自己完結してしまっていて、我々は社会で何の役にも立っていないという感覚はずっと持っていました。不動産屋がどうしても社会的に見て地位が低いというか、尊敬されないような感じがする理由の一つもそこにあると思います。だから、何かしら個人に利益を還元できる仕組みができないか、と考えたわけです。


ページの先頭へ