名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

牛田一雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

牛田一雄のプロフィール

牛田一雄、うしだ・かずお。日本の経営者、光学技術者。「ニコン」社長。東京出身。東京大学工学部応用物理学科卒業後、日本光学工業(のちのニコン)に入社。レンズ設計に長期間携わる。その後、精機カンパニー半導体露光装置事業部投影レンズ統括部長、執行役員精機カンパニー開発本部長、副社長などを経て社長に就任。

牛田一雄の名言 一覧

変化に対応できないと生き物は滅びていく。


企業は変わらなければ滅びる、というのが私の考えです。そこで、まず組織を変えました。


日本勢は圧倒的シェアを持つなかで、エボリューション(順次発展)をすればいいと思っていた。一方、ASMLは技術でレボリューション(革命)を起こし、オセロゲームのようにシェアを奪った。ニコンがこの差を埋め、追い抜く世界最高性能を持った製品を送り出すことができたのは、今年4月。14年の歳月を要した。


当社はあと数年で創立100周年を迎えます。私の頭の中には、医療も含め新しい事業の「種」となる構想があります。次の100年につなげられるよう、これらの種を着実にまいていきます。


社内に欠けている技術は、積極的なM&A(合併・買収)で取り込みます。ニコンは自前主義でしたが、それだけでは新しい事業を作ることはできません。


私は入社から50歳まで、顕微鏡や半導体露光装置などの光学設計に携わり研究一筋の生活を送ってきました。50歳で半導体装置などの精機カンパニーの開発本部長に就き、未経験なことばかりで困惑したことを覚えています。当時はとにかく生産や技術、営業担当者など、一人ひとりに話を聞いて回り、開発本部の方向性を決めるようにしていました。そのやり方は、今の私の経営にも引き継がれています。各部門の声に耳を傾けながら、困難な経営環境も乗り越えていきたいと思います。


なぜ今ニコンが変わらなければならないか。それは、カメラ市場の停滞という難局にあるからです。スマートフォンの台頭で、コンパクトカメラの販売は厳しく、一眼カメラも急激な成長は見込めません。売上の7割以上をカメラという一事業に頼る状態は、会社として非常に危険です。


牛田一雄の経歴・略歴

牛田一雄、うしだ・かずお。日本の経営者、光学技術者。「ニコン」社長。東京出身。東京大学工学部応用物理学科卒業後、日本光学工業(のちのニコン)に入社。レンズ設計に長期間携わる。その後、精機カンパニー半導体露光装置事業部投影レンズ統括部長、執行役員精機カンパニー開発本部長、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

木村達央

「若者のニーズがわからない」最近は様々な業界でこんな悩みを耳にします。ですが、ここで語られる「若者」とは一体誰を指すのでしょうか。いま、この瞬間に店頭で買い物をしている彼女たちが何を求めているかが重要です。ここで大雑把に「若者」と括ってしまうと、真の姿を見誤る危険性があります。


ロバート・キヨサキ

ますます貧乏になりたいのなら、方法は簡単だ。いつも周囲に言われていることを、何も考えずにやり続ければいい。「お金を貯め、良い仕事に就き、株・債券・投資信託に分散投資すればよい」のだ。


山田隆持

お客様が10の要望を出されたら、それを12、13にしてお返しする。「コストはそれほど変わりませんから、こんなサービスを追加されてはいかがですか」とご提案するわけです。そのサービスがお客様にとってプラスだったとき、初めてお客様は褒めてくださる。そのお褒めの言葉が、法人営業にとって最高の喜びになる。こうした積み重ねでしか、お客様の信頼は獲得できません。


永守重信

ある買収企業に行き、そこの社長に「あなた、明日から仕入れ先の上位10社を回って、値下げ交渉をしてきなさい」と伝えると、目をむいて「私の経歴をご存じですか」と言う。知ってますよ、東大を出て某銀行で活躍した後、会社経営を11年やってこられたんですよね、と返すと、「それをわかっていて、私を下請けに行かせて値下げ交渉しろと言うんですか。そんなのプライドが許しません」とおっしゃる。だから私は「これだけ株価をガタガタにしておいて、プライドなんて関係ありますか」と言いました。そしたらハッとされてね。実際に下請けに交渉に出かけてみると、それまで来たことのなかった社長が直々に来たものだから、値段が下がる下がる(笑)。おかげで、社員のクビを切ることなく、50億円の赤字が50億円の黒字に転じました。


猪子寿之

東京はシンガポールなどアジアの強力なライバルに対抗していかなくてはなりません。五輪はその東京が、世界との接点を深める瞬間になります。日本では特に、地方に歴史と文化が根付いた素晴らしい場所が点在しており、その多くはアクセスがいい。人が能動的に動く楽しさに気づき始めたという事実を受け止め、日本の入り口の一つとなる東京が新しい流れをどんどん取り入れていくべきです。


清家篤

手塩にかけて人材を育ててきたのが日本企業の強みであり、ここを疎かにしてはならない。


前田安正

なぜ文章を書けない人が増えているのか。一口にいえば、自分を客観視できないからです。実体験なのですが、会社で自己評価をさせると、ものすごく高く点数をつける人と、必要以上に低くつける人の両方がいます。自分を一定の基準にのっとって、明確に評価できないということです。自分を俯瞰できないのは、「こう書いたら相手はどう思うのか」を想像できないことでもあります。「相手のために何をすればいいか」と考える意識が薄ければ、「伝わる文章」は書けないでしょう。


小池正一郎

「休むも相場」という格言がありますが、私からすれば休むのは不戦敗と同じ。参加しなければ勝つ権利を手にできません。毎月1万円でも3万円でも投資を続けるのです。


太田肇

よくあるのは、「この仕事は君に任せた」と言いながら、後で「私に相談もせず勝手なことをするな」などと矛盾した叱り方をするケース。これは、どこまで任せるか線引きがはっきりしていないから起こることです。線引きを明確にし、任せた限りは一切口をはさまないといった割り切りが重要です。


山根多恵

たとえば、規格外で商品にならないといわれる野菜を買い取って、宿の料理に用いたり、「もったいない野菜」というネーミングで販売するルートをつくる、といった活動をしています。最初は、そんな野菜を買い取ってもらえることに驚いていた農家のおばあちゃんたちも、適正な値段で売れるとわかると、俄然イキイキしてくれるんです。最近は、横文字野菜の栽培にも積極的に挑戦してくれるようになりました。


山田進太郎

メルカリはこれまで、非常に短期間で事業が拡大していったため、それを支える組織をどう作るかが大きな課題でした。一般の日本企業のように、普通の新卒採用や中途採用に頼っていては限界があります。スタートアップのスピード感で、プロダクト開発や事業を主体的に牽引していける人材が必要でした。スタートアップの起業経験者やプロダクト開発経験者を積極的に採用していったのは、そのためです。起業家は、会社経営を続けていれば何事も自由にできるわけですが、それよりもむしろチームで大きなプロダクトを作ることにモチベーションを感じる、という人もいます。実際、メルカリには、そうした元・起業家や元CTO(最高技術責任者)がたくさん入社しています。


日野原重明

いのちとは君たち一人一人に与えられた時間のことだ。今は自分の時間を自分のために使っていい。でも大人になったら、いつか他人のために時間を使ってください。