名言DB

9412 人 / 110637 名言

牛尾治朗の名言

twitter Facebook はてブ

牛尾治朗のプロフィール

牛尾治朗、うしお・じろう。ウシオ電機会長。東京大学法学部卒。卒業後東京銀行に入行。カリフォルニア大学留学を経てウシオ電機を設立。経済同友会副代表幹事、経営企画庁経済諮問会議、通産省産業構造審議会各委員。松下政経塾常任理事

牛尾治朗の名言 一覧

相撲でいえば、8勝7敗でもいいんですよ。勝てない相手の時は休む。ただし休みが勝数をオーバーするようになったら、それはトップ交代の時期ですね。


いつの時代もフロンティア精神が大事。


低成長時代だからこそ、経営者は成長のビジョンを打ち出していく必要がある。


基本はイノベーション。それも技術だけでなく、商品、サービス、企業経営、そして日本の国そのものもイノベーションが必要。


社会のために役立ちたいという志を持っている経営者が成功する。


従来のトップはみんなが同じ楽器を演奏する、たとえばマンドリンクラブのプロデューサータイプでよかった。しかし、これからはオーケストラのプロデューサーでなければならない。異なった種類の楽器を演奏する団員をまとめるためのプロデューサーとしての素質が求められている。もっと言えば、会長がプロデューサー役、社長が演出家、そして主役は現場のトップであるといった組織が理想でしょう。


従業員が多様性を持つようになると、経営者のリーダーシップがますます必要になります。そのためには、やや遠めの10年後、15年後のビジョンを打ち立てることが求められる。さらに言えば、企業のキャラクターも問われる。いってみれば、ビジョンとそのビジョンを実現するための方法論が必要になります。


企業の自立と同時に、個人も自立が求められているわけですが、自立には専門的な能力と主役になれる実力を備える必要があります。とはいっても、日本の十人のうち八人は皆と仲良く助け合いながら生活したいと考えているのではないかと思います。少しきつい言葉でいえば、もたれあいながら生きていきたいと。そういう人たちも含めて、今後どうやって人を幸せにしていくか。これは大きな問題だと思います。


これからの企業は人の心を大切にする経営を考えなければいけないと思う。レイモンド・チャンドラーのハードボイルド・ミステリーの古典的作品「PLAYBACK」の中に「たくましくなければ生き残れない。優しくなければ生き残る値打ちがない」という有名なセリフがあります。企業もまた「ハード&ジェントル(たくましく、そして穏やかな人)」である必要があります。


日本が本当の豊かさを実現するためには、豊かさの意味を問い直すことが求められているように思います。そこに、日本の進むべき方向性が見えてくるのではないでしょうか?


大切なのは、質素な生活をしながら、贅沢な心を失わないことだと思います。日本にはそれができる精神風土がありますし、今日の日本には、それを実現していく環境もあります。たとえば、企業競争の激化は、標準品の価格低下をもたらし、標準品と言えども、品質が高く、生活のための必需品としては十分に満足がいくものが身近にあふれている。


吊るしの(既製品の安い)スーツを着ているけれども、靴だけ贅沢をしたいとか、スカーフだけはいいものを身に着けたいという気持ちを持つことが大切だと思うんです。日常は髪を振り乱して仕事をしているけれども、月に一回は歌舞伎を観に行くというのが、「素にありて贅を知る」ということではないか。


求められるのは、精神的な高さです。人間関係や生活の場面などで、高い精神性が尊ばれるようになる。昔は、備長炭で鍋を炊いてその薫りを楽しんだりしたものですが、そうした心を豊かにするような日々の暮らしを重んじる。あるいは、手作りのぬくもりや自然との調和に価値を見出したりすることではないでしょうか。


当然のことだが、企業は利潤を獲得しなければ成り立たない。利潤をつかむとは儲けることだが、自分の企業さえ儲かればいいと思っている間は大した企業ではない。面白いもので、自分の企業さえ儲かればいい、と企業がエゴ丸出しのころは、よい社員も集まらないものだ。私が日本青年会議所活動やその後経営者としての活動の中で、こうした考えを世に訴えてきたことが社会にもプラスになった。優秀な社員も随分と入社することになった。


東京銀行を辞めて経営者の道に入った私だが、この世の中はつくづく人と人とのつながり、あるいは助け合いでできているものだなと感じさせられた。


今も変化の真っ最中ですが、今後はこれまで成功してきた分野ほど、今まで蓄積してきたものを大胆に捨てるような決断が経営者には求められるようになる。


青い鳥というのは自分の手のひらの中にあっても、懸命に探さなければ見つけ出すことはできないものなのです。会社でも同じです。目的意識は自分自身で見つけ出さなければいけません。自分の才能の開発も、みずから求めて見つけ出すものです。


牛尾治朗の経歴・略歴

牛尾治朗、うしお・じろう。ウシオ電機会長。東京大学法学部卒。卒業後東京銀行に入行。カリフォルニア大学留学を経てウシオ電機を設立。経済同友会副代表幹事、経営企画庁経済諮問会議、通産省産業構造審議会各委員。松下政経塾常任理事

他の記事も読んでみる

岡康道

社内に起こるであろう軋轢も予測したうえで、能力のある人に場所と環境を提供する。今流の効率経営の一方で、もう一度、そのような暗黙知を見直してみることが、会社と社員の新しい関係を築くことにつながっていくのではないでしょうか。


中山讓治(中山譲治)

自社だけで開発するのは困難になっているので、産学連携など、外部との協調や連携が重要になっています。ですので、米国での産学連携も進めていますし、日本でも東京大学の藤堂具紀先生とガンワクチンの研究なども進めています。


渡辺淳一

僕も若いころ、好きな女の子に振られ、落ち込んだこともあったよ。でも、振られた帰りに、有楽町の日劇ミュージックホールに何気なく入ってね。ダンサーが40人くらいで足を上げて踊るロケットダンス(ラインダンス)を見ていたら、「なんだ、いい女がこんなにたくさんいるじゃないか」と、もう振られた女の子のことなんか忘れよう、と自分にいい聞かせた(笑)。「あんな女にこだわるより、ダメなら次にいけばいいんだ」と。


小林喜光

なにがあってもやるんだ。やらなきゃ潰れるんだよ。
【覚書き|経営再建策について社員から無理だという声があがったときに言った言葉。この後同社はV字回復し倒産の危機を脱した】


石田淳(コンサルタント)

目標が達成できない原因は、大きくわければ3つ。「目標の立て方」「目標の続け方」「目標の立て直し方」のいずれかに問題があります。途中で挫折する残念な人と次々と目標を達成する人、この両者の差は埋めにくいものではありません。明確な違いは、目標達成できる「仕組み」を理解しているかどうか。それさえわかれば、誰でも多くの目標を達成できるようになりますよ。


後田良輔

上司に対して反論しなくてはいけないとき、相手を尊重する態度が肝要です。「それは間違っています!」などと相手を否定するのは禁物。「そういう考え方もありますね」といったん相手を認め、その後自分の意見に移ると当たりが柔らかになります。「社長はこうおっしゃっていましたが……大丈夫でしょうか」など、第三者の反対を匂わせるのも良い手です。相手の意見に賛成できないのは「自分」ではない、と印象づけられるうえ、相手の身を案じているニュアンスも出せるからです。


高萩光紀

異文化の地で日本流を押し通しても、成果は期待できません。現地に行ったら現地の作法がある。日本人の細かい時間の概念、習慣、風習などは一切忘れることが、現地に近づくコツといえます。


小田與之彦

東京から近ければ、いつでもお客様に来ていただける、と甘えていたかもしれません。私たちの旅館は不便なところにありますから、サービスを磨き続けるしかありませんでした。


夏川賀央

もはやコツコツ地味に働いても、必ずしも出世は望めません。むしろ、変化の激しい時代は、他とは違う個性的な人材にこそみんなの期待が集まるのです。過重労働とストレスから解放され、自分の楽しいこと、好きなことに時間を使う。そしてそれが仕事のうえでもプラスになるなら、残業なんてしている暇はないのではないでしょうか。


澤口俊之

同僚やプロジェクトで組む相手との協調性を高めたいのなら、その人に触れてみてください。バレーボールでは円陣を組んで手を重ねたり、監督が選手の肩を叩いたりするのをよく見かけます。あれには、オキシトシンという女性ホルモンを分泌させ、親和性を高める効果があります。オキシトシンは男性にもあり、脳内にも存在することがわかっています。ただし、あくまでも信頼できる相手にのみ有効です。嫌だと思っている人に触ったり触れられたりすると、緊張ホルモンが出てしまいます。当然のことながら、セクハラと言われないように注意してください。


吉田忠裕

日本のような気候の中では、暖冷房を使わずに窓を開けておいた方がいいという場合もあります。トータルのエネルギーの使い方という意味では、閉鎖性のみを追求し、1年中閉鎖した空間を作って熱のコントロールをすることだけが果たして良いのかどうか分からない。もちろん、こういった設備があった方がいいはずです。ただし、それさえも使わないようにすることも大事ではないかと。そこに気付いて欲しいと思いますね。そうすれば、電気その他のエネルギーソースを使わないで済むわけですからね。私たちはそういう発想で「窓」というものを考えています。


猪子寿之

感動するもの、その感動の理由が言葉で説明にしにくいもの、もしくは説明してもあまり意味がないようなものが競争力の源泉になる。デジタル社会では、そこのみが競争の差異になっていくんです。


笹川友里

急にニュース原稿を読むことになると、不安になります。間違えないか、舌の回りは大丈夫かなど。不安に思うと、まんまとそのとおりに間違えることが多いと気づきました。


似鳥昭雄

若い頃は商売を楽しむ余裕もありませんでしたが、いまが一番楽しいんです。60代が一番楽しいかなと思っていたけれど、70代になってみていまが一番楽しいから、80代はもっと楽しいかもしれない。


江上治

稼ぐ人は、勉強や資格は単なる手段であり、人生の仕事の目的に応じて選ぶものであることをわかっています。自分は何のために勉強するのか、どのような人生を生きたいのかという目的や価値観を明確にしたうえで、自分の強みを伸ばすための勉強に集中するのです。