名言DB

9412 人 / 110637 名言

片瀬真一の名言

twitter Facebook はてブ

片瀬真一のプロフィール

片瀬真一、かたせ・しんいち。日本の経営者。「うる虎ダイニング」社長。東京都出身。駒沢大学法学部中退後、焼き肉店店長、エリアマネジャーなどを経て32歳で独立。「うる虎ダイニング」を設立。

片瀬真一の名言 一覧

特に最近では、飲食店に行く前にネットで評判やメニューを調べるのは当たり前。そういう時にインパクトのある写真が出てくるのは、マーケティングとしても有利。


一頭買いは部位別に買うよりも仕入れることができます。結果、提供価格1万円の上ロースが4000円で出せるということもあるのです。高級和牛をリーズナブルな値段で提供することで、お客様に喜んでいただけると直感しました。


焼き肉をやりたい、という意思を持っている人と一緒にやりたい。このビジネスは、1~2年で元が取れるという業態とは少し違います。焼き肉という不況にも強い業態、和牛という安心安全がPRできる分野で勝負したい、という人を探していきたい。


片瀬真一の経歴・略歴

片瀬真一、かたせ・しんいち。日本の経営者。「うる虎ダイニング」社長。東京都出身。駒沢大学法学部中退後、焼き肉店店長、エリアマネジャーなどを経て32歳で独立。「うる虎ダイニング」を設立。

他の記事も読んでみる

田村潤

45歳でキリンビール高知支店長として赴任した私は、高知の県民性を知らないに等しい状態でした。「本質は現場にある」を信条とする私にとって、高知を知らぬまま知恵を絞るのは違うと思った。そこで、誰よりも地元をよく知る人たちにブレーンになってもらい、定期的に非公式なアイデア会議という名の飲み会を開いたんです。メンバーはラジオ局のプロデューサー、広告代理店の社員、そして地元の女子アナなど多士済済。共通点は、誰よりも地元のことを知っていることでした。高知の人が何を好み、何を嫌うかを、彼らが助言してくれたんです。


小林一雅(小林製薬)

小林製薬には、ユニークな社内制度がいくつもあることで知られていますが、その多くは社員の士気を高めるためのものです。たとえば「ホメホメメール」。会社に貢献した社員に、私や社長などトップが直々にメールする制度です。


藤本やすし

一流でない人とそうでない人の差は、「有名になりたい」とか「お金持ちになりたい」とか、はっきりした野心を持っているかどうかだと思います。


宮内義彦

いままでの日本社会で企業に求められてきたものは、企業本来の役割より大きな社会的責任です。その結果、バブル崩壊後の日本企業は、もともと企業に求められている役割も十分に果たせなくなってしまいました。これからの日本企業は、社会に対して本来の守備範囲に戻らなければ、収益の向上は望めなくなります。


三宅雪嶺

できるかできないかわからぬときは、できると思って努力せよ。


松本清雄

ドラッグストアの業界では最近、食料品を強化する動きがある。当社は1976年から2006年までの長い間、食品スーパー事業に取り組み、結局は撤退した経緯がある。食品は廃棄ロスが多く、経営が弱った時に足を引っ張る。例えば郊外のドラッグストアで、近くにスーパーがない場合などは、食品の扱いに力を入れるが、そうでないケースでは、中途半端に自前で広げないほうがよいと思う。


原昭彦

接客をしていたある日、餃子の皮が欲しいというお客様に対して、私はあろうことか「最後の1つ」を間違えて別の方に渡してしまったのです。「私の餃子の皮は? お宅の店のじゃなきやダメなのよ」。がっかりさせてしまったお客様のために私は工場まで商品を取りに行き、ご自宅まで届けました。あの時、改めて感じたのは、「成城石井のものだから買いたい」というお客様の熱い思いです。わざわざ足を運んでくださるお客様の期待や信頼は、決して裏切ってはいけない。あのお客様の顔は今でも鮮明に覚えています。


陰山英男

大人の勉強を成功させるには、いくつかポイントがあります。まずは、学びの対象をひとつに絞ること。あれもこれもと同時に手を出さず、ひとつのことをずっと考え続ける状態にするのです。そうなれば、実際は勉強していない瞬間でも、常に脳細胞は刺激されている状態になります。


大川隆法

個人として傑出している人が、人を使って仕事をするのは大変なことです。「自分ができる」ということと、「人を使って成果をあげる」ということは、別の能力。


齋藤茂(経営者)

開発したゲームで社名を出さないことに対し、不満はまったくないです。お客さん、つまりゲーム会社は、訴訟、クレーム、すべてを引き受けてやっています。利益も大きく、半面、損をするときも大きく「ハイリスク・ハイリターン」です。一方、我々は「ローリスク・ミドルリターン」を狙う。


小林栄三

コンプライアンスに関しては、上を見ればきりがないですが、追求し続けなければいけません。創業者である伊藤忠兵衛が「三方よし」と言っています。売り手よし、買い手よし、世間よしということです。まさにいま問われているコンプライアンスの精神です。


富田直人(経営者)

何をするか考える中、4つの軸を決めました。それは好きなこと、得意なこと、伸びる事業であること、そして一番になれる可能性があること。この条件にあてはまるものは何かと考えたら、もう法人営業支援しか残っていなかった。


ジム・バグノーラ

マーケティング、販売、ファイナンス、技術といった各分野の担当者がリーダーシップの精神を持つことで組織は成長する。


齋藤孝(教育学者)

「考える」とは理性に徹することだ、という意識をもっと明確に持つほうがよいだろう。自己観照するにも、自分の心を抽象的に見つめてなんとなく「もの思う」のではなく、理性のもとにひたすら具体的に「考え抜く」のだ。理性という手綱で心の揺れをコントロールすることこそが考えることである。


西山知義

実は創業当時と比べると、客層が変わってきたんです。当初は若者や女性が主なターゲットでしたが、チェーン展開後は、家族のお客様が増加しました。そうなると、特定部位のこだわり肉など、スパイクの立ったメニューだけではインパクトを出しづらい。それぞれの客層のニーズに合わせたメニューをきめ細かく開発していかないと、外食産業では生き残れなくなっています。