名言DB

9490 人 / 112001 名言

片岡勝太郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

片岡勝太郎のプロフィール

片岡勝太郎、かたおか・かつたろう。片岡電気(現:アルプス電気)創業者。神戸高等工業学校卒業後、東京電機無線(現:東芝)に入社。その後独立し、上記会社を設立

片岡勝太郎の名言 一覧

日本人社員の海外勤務は最低五年以上でなければ意味がない。二・三年では現地の従業員と人間的な関係ができない。管理職やエンジニアも現地の人間になりきらないと経営はできない。【覚書き:アルプス電気はアジアなどへの工場移転を他社に先駆けて行った。海外に拠点をシフトする心得を語った言葉】


リーダーシップの基本は人望と決断力。


片岡勝太郎の経歴・略歴

片岡勝太郎、かたおか・かつたろう。片岡電気(現:アルプス電気)創業者。神戸高等工業学校卒業後、東京電機無線(現:東芝)に入社。その後独立し、上記会社を設立

他の記事も読んでみる

渡部卓

メールでは、「感情」「人となり」といった細かい部分は伝わりませんから、毎日一緒にいる相手とも誤解や齟齬が日常茶飯事になる。


籠屋邦夫

相手のことを考えるのは、自分が話す内容をしっかり理解してからでも遅くはありません。誰か特定の人に伝えることを考えながら整理すると、「こう言ったら、あの人はこう返してくる」などと余計な思考が入り、頭がこんがらがってくるからです。


松岡修造

人間は、ひとつの嫌なことに焦点を当てると、そこからどんどん悪い方向に考えてしまいがちです。相手をより悪く見せ、状況をより悪く感じさせる負の想像力には、すさまじいものがあります。


谷口義晴

「お前なんちゅうアホなことやったんだ」と怒鳴りたくなることもありますが、「奇抜で面白いことをやったな。さらにその道を踏み込んだらどうなるんだろう」と失敗を褒めてやるのです。すると、技術者としては面白くなっていきます。


ジャック・ウェルチ

リーダーシップには5つの特質がある。一つ目はポジティブなエネルギー。ふたつ目はエナジャイズ。エネルギーを周りの人に吹き込む能力。三つ目は決断力。第四は実行能力。そして第五の特徴はパッション。情熱だ。ポジティブエネルギー、エナジャイズ、パッションは基本的に生まれ持ったパーソナリティの問題だ。だが、決断力と実行能力の最高の教師は、ビジネス最前線での戦闘だ。


寺田航平

データセンターの事業は、非常に参入障壁が高いが故に大企業に席巻されていて効率が悪い。ですから逆に「これはいける」と雷に打たれたように感じました。


高城幸司

明らかな無理難題を相手に納得してもらわなくてはならないとき、簡単なテクニックがあります。それは、相手に自分の言葉で話させることです。質問し、相手に自分の言葉で話しをさせて、当事者意識を持ってもらうというプロセスを踏むことで、禍根を残さず、結果的に仕事の効率をあげることができるのです。


井上直美(経営者)

社長就任時、使われていない資産がたくさんありました。例えばフラガールのショーです。これまでショーは単体でした。ショーをやればそれで終わりです。それではもったいないので、ショーのDVDを作りました。他には何度も見ていただくために充実した内容のプログラムを作りました。


福島文二郎

行動指針があっても、優先順位がはっきりしないと、判断を誤ることになりかねません。ですから、優先順位をつけておくことも大事です。


井上武(経営者)

「一生感動、一生勉強、一生青春」が私のモットーで、常にわくわくドキドキしながら人生を楽しむようにしています。


前澤友作

お客さんの言いなりになる必要はないですよ。よく、「お客様は神様だ」っていいますが、僕にはあの意味がわからない。ZOZOTOWNには売る人、買う人、創る人など、いろいろな立場の人がいて、僕はそのすべてが対等だと思っています。お客さんの意見にはちゃんと耳を傾けるし、不都合にはできる限り対処していきたいと思っています。でも、自分たちが気持ちいいと感じる仕事のペースはあるわけで、それが嫌なお客さんは、よそで買ってくれればいいのです。


河瀬直美(河瀨直美)

まず思いを伝えることが大切。自分から働きかけて初めて、相手から信頼してもらうことができる。