熊谷聖司(経営者)の名言

熊谷聖司(経営者)のプロフィール

熊谷聖司、くまがい・まさし。日本の経営者。データ復旧会社「デジタルデータソリューション(DDS)」社長。専門学校を卒業後、設計事務所、IT通信系企業を経てDDS設立に参画。事業部長、専務などを経て社長に就任。

熊谷聖司(経営者)の名言 一覧

自分のためだけにやる仕事なんていつか限界が来る。お客様のために仕事をするからこそ、自らの壁を超えるエネルギーが生まれる。


僕らが伝えたいのは、目の前のお客様のために全力を尽くすということ。困っている人を助ける信念が第一。そのためには、認知も広めないといけない。


僕らのミッションは、データ復旧を世の常識にすること。


よい転職とは、毎朝起きて「会社に行きたい」「今日も仕事を頑張ろう」「今日も仕事が楽しみだ」と思える会社へ転職する事。「仕事にやりがいを感じない」「仕事をするのが面倒だ」と後ろ向きに考えているのであれば、続ける意味はない。


背景にあるのはスローガンにもある「お客様の問題解決に役立つサービスの提供」。利益の優先ではなく、我々を頼っていただけているお客様に貢献したい一心で接してきた姿勢が、長期的に見れば当社の信頼と実績につながっていると感じます。


何より重視しているのが人材の育成です。当社の海外技術部は常に世界に向けてアンテナを張り、月一回のペースで世界トップクラスの技術者を招致して講義を開いています。営業部でもお問い合わせいただいたお客様へ最適な提案を行うべく、かつて営業マンとしてトヨタ全社でトップセールスの実績を残し、営業コンサルティングとしてもご活躍されてきた酒井亮氏を執行役員に迎え、私とともに「お客様に貢献し、支持される営業」を育てるべく定期的な研修を行っています。


僕らは、困っている人を助けることで、社会を発展させたい。社会には大切なデータがたくさんある。官公庁のデータや企業の開発データ、病院の電子カルテ……。それらも守るのが僕らの使命。弊社には、お客様から感謝のお手紙が続々と届きます。社会に貢献していると感じられますし、有難いことです。社員たちも、仕事の満足度アンケートをとると、社会貢献への満足度が、ずば抜けて高いんですよ。


私の転機は、前任者が残した負債を抱えての会社再生です。私は社長に就任する前、現在のデータ復旧事業を立ち上げ、軌道に乗せたのですが、前任者が他の事業で作った負債が約16億円ありました。データ復旧の事業で独立することも可能でしたが、債権者の方々もおられましたし、少しでもお返しできればと考えました。そうして負債を背負ったまま民事再生に入りました。そこからはつらい日々が続きましたが、残った負債はデータ復旧事業の好調、みんなの頑張りもあって1年で返済できました。


熊谷聖司(経営者)の経歴・略歴

熊谷聖司、くまがい・まさし。日本の経営者。データ復旧会社「デジタルデータソリューション(DDS)」社長。専門学校を卒業後、設計事務所、IT通信系企業を経てDDS設立に参画。事業部長、専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

伊藤良二

設定する課題の範囲が広すぎれば、集めなければならない情報量が増えて効率が落ちます。逆に課題の設定範囲が狭すぎると、本質的な答えにたどり着けなくなってしまいます。課題さえ正しく設定できれば、仕事の7割は終わったというのが私の経験的な実感です。


田中邦裕

オープンソース方式でプログラミングをする技術者のモチベーションは非常に高い。オープンソース方式の場合、開発に参加している技術者は、通常無償で開発に参加をしており、いわば好きでやっているわけですね。自らの興味によって開発をしているだけに、高い集中力や発想力が発揮されるのでしょう。私も技術者出身なので、よくわかります。


イチロー(鈴木一朗)

野球場においては、プライドを持ってその場に立つということは変わりません。これまでと何も変わらずに、ただユニフォームが変わっているだけ。信念を持ったことは、向こうのスタイルがこうだからといって揺らぐことはできないです。


澤田秀雄

理念やポリシーはずっと守っていくべきものだと思います。変化の激しい時代だからこそ、余計にそれが重要ではないでしょうか。


ラリー・ペイジ

多くの企業にとって、明確な競合が存在するかのように意識させ、それで団結するのは有効です。しかし、個人的には競合を意識するのではなく、より高みを目指していく方がいいと考えています。


中村天風

常に、心の中に感謝と歓喜との感情を、もたせるよう心がけること。何でもいいから、感謝と喜びで人生を考えるよう習慣づけよう。


澤上篤人

ぜひ考えることを面白がってほしい。私自身、この仕事で一番楽しいのは、「○年前に予想したことが、最近になって現実になったよなぁ」と思う瞬間です。


篠原菊紀

筋肉と違い、何歳になっても脳は鍛えることができる。ただ、個人の能力にはおのずと限界がある。ひらめきを必要とするような難局に陥ったとき、それを乗り越える近道は、自分の能力ではなく、他人に共感できる能力にあるのかもしれない。


吉野彰

旭化成入社数年後、「光触媒を使った活性物質」などの基礎研究をしました。当時は先端研究だった光触媒については、いい実験データも出て、面白い物質もできたのに、用途が見つからないがゆえに、結局、実験はムダになってしまったんです。この時のショックで、研究というのはマーケットのニーズを見てやらなければならないのだな、と反省しました。


大山泰弘

健常者と障害者を同じ物差しで測るのではなく、その人が社会の役に立つことができるよう周囲が応援すればいいのです。当社では、たくさんの障害者の方を雇用しています。現場では、仕事を教えるのではなく、その人の能力に合わせた工程を考えています。安心して仕事ができる環境を整えることで、彼らは、一生懸命に働きます。


奥山清行

フェラーリも特定のお客さんと世界観を共有できていることが最大の強みです。実はフェラーリというクルマは、ハードウェアとしては絶対的なものではありません。日本の自動車メーカーならば、フェラーリよりも高品質のクルマを作ることは十分可能でしょう。しかし、フェラーリは、所有することによる社会的ステータスや、オーナー同士の結びつきといった、他の商品では代替できない価値を提供しています。フェラーリを手に入れることで、その後の生活がどのように変わるかをありありとイメージさせることができる点が、他のクルマとの一番の違いなのです。


村田昭治

学ぶことを忘れるとき、人間は死んでいる。人間が死ぬのは学ぶこころを失ったときだ。


ビル・エモット

顧客の信頼を回復するには「すべてをオープンにする」ということに尽きる。どのような体制で、どのように調査を進めているのか。その結果、何が明らかになったのか。その過程をすべて公開していくべきだろう。


松田元(経営者)

昔から、自分は人と違って、何をやっても神がかり的にうまくいくと考えていました。それは多大な思い込みかもしれません。しかし、思い込みは行動を呼び込むので、思い込む中身が事実でもウソでも関係ない。思い込むこと自体が大切です。


ジム・ロジャーズ

かつて、子どもが欲しいと思ったことはなかったし、子どもがいるということは哀れなことだと常々思っていた。しかし、完全に間違っていたと思い知 らされた。父親であることがどれほど楽しいか、とても語り尽くせないほどだ。おかげで毎日が楽しいし、私の両親や親御さんたち皆のこと、また世界がずっと よくわかるし、自分のこともまえよりもっとよく分かるようになった。まだ子どものいない人は、ぜひさっさと家に帰って、しかるべく励まれよ。


ページの先頭へ