名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

熊本浩志の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

熊本浩志のプロフィール

熊本浩志、くまもと・ひろし。日本の経営者。デザイン家電のリアル・フリート創業者。宮崎県出身。名古屋商科大学卒業後、東芝に入社。同社でデザイン家電アテハカシリーズをプロデュース後、東芝を飛び出し独立。日本のデザイン家電の先駆けリアル・フリート社を設立。社会人軟式野球クラブの東京バンバータの球団代表兼監督なども務めている。著書に『たかが野球で人生が変わる』。

熊本浩志の名言 一覧

目的がなく情報を集めるのは時間のムダ。情報を活用するには、まず自分自身でこういうことをやりたいんだというものが先に必要。私の場合は、未来のニーズを妄想します。


原宿にオフィスを構えているのは、収集しなくても、最先端の情報が集まってくるからです。行き交う人を眺めているだけで、次にどんな未来が訪れるかを感じられますね。


漠然と情報を集めてアイデアを練るわけじゃありません。最初にアイデアありきです。


「固定概念と先入観は最も悪」「過去の事例を参考にするな」と社員に徹底しています。私たちは今までにないビジネスモデルをつくっているわけですから、仮説検証をしながら自分たちでノウハウをつくっていくしかありません。そのためには、僕がそうだったように、一回の失敗でくじけず、どんどん挑戦していくしかないんです。


高校の野球部の監督に教わったのですが、「目的と目標を分けて考えること」が重要だと考えています。まず目的は、「日本の家電を再び世界に認めさせること」「家電から日本の住環境を変えること」のふたつです。一方、それを実現するための目標は、市場シェア1%である1000億円の売上を達成することです。まず目標ありきで、目標はその目的を達成するための手段です。このことは社員にも徹底しています。ですから、プレゼンでは「この企画の目的は……」と語りだしたら、その瞬間にボツです。


商品企画、デザイン、マーケティング、宣伝、営業など、通常大手メーカーでは縦割り組織で分担している機能を、当社では製造から販売まで一貫して行っています。そうしないと、本来のブランドコンセプトは、消費者にきちんと伝わっていかないと思うのです。


家電そのものの開発も、少しずつアイテムを増やしていきました。一貫しているのは、単体としての美しさではなく「部屋に置かれてインテリアに調和する家電」という視点でデザインしてきたことです。


通常、大手メーカーの家電は大型量販店で売られていますが、「店頭に出た途端に値引き」というのが当たり前になっています。それでは、作り手のモチベーションは一向に上がらないし、業界も健全ではありません。その状況をなんとか変えたいと考えました。それで、ライフスタイルショップやセレクトショップなどを主要販路としたのです。


営業から工場回り、経理まで、全部自分でやらなきゃいけませんでした。いま思えば、東芝に何十年いても経験できないことを、20代半ばで全部経験できたわけですから、そのときはつらかったですが、ラッキーでした。飛び込み営業を必死でつづけたものの目標は達成できず、残った在庫は2億円。人生最初の大きな挫折でした。
【覚書き|東芝勤務時代に企画した「デザイン家電アテハカ」に取り組んだ当時を振り返っての発言】


単調なエクセル入力ばかりやらされて、正直最初の一年は辞めたくて仕方がなかったのです。でも、「3年間限定の東芝の名刺を使って、やれる限りのことをやってみよう」と思ったんです。それで、定時になると真っ先に会社を出て、いろいろな業界の人に会いに行き、名刺を配りました。
【覚書き|東芝勤務時代を振り返っての発言】


現場にいる人が報われない、夢を持てない仕事に未来はないでしょう?


何言ってるんですか、僕の友達は自分が気に入ればTシャツに1万円払いますよ。家電だって値段をわかってくれる人はいるはずです。
【覚書き|東芝内でデザイン家電を売り出そうとしたとき、価格が高いと言われたことに対する返答】


将来的には1000億円企業を目指します。1000億円といっても、日本の家電市場全体から見ればわずか1%ですよ。たとえば、音楽の世界で誰でも知っている曲というと、CDセールスが100万枚くらい。ところがクラブシーンでその1%の1万枚売り上げた曲というのは、クラブに行けば誰でも知っています。そういう存在は強いですよね。マイナーシーンであってもトップになれば、数の理論を超えて、あるとき突然メジャーに躍り出るかもしれない。そういうのってカッコいいじゃないですか。


広告効果ももちろんあったのでしょうが、それより大切なのは、サローネという舞台に出たことで、社員が自分の仕事に誇りを持てたこと。社員の目線が上向きであれば、会社も必ず伸びていく。
【覚書き|サローネとはイタリアの見本市ミラノ・サローネのこと。独創性の強い生活用品、家電が出品され、世界中のバイヤーが集まるイベント】


ベンチャーである以上、やはり赤字続きではやっていけない。とはいえ、品質を重視するあまりコストがかさんで原価率が50%を超えてしまった商品もあります。コスト高でも値崩れがないという前提があれば、直販などで流通コストを抑えた分で吸収できます。


東芝という会社にとっては失敗だったというのはもちろん理解しています。でもアテハカが世に出たことで、明らかに何かが変わった。僕らは言ってみれば荒波に浮かぶ船なんです。みんなが止めたのも聞かずに漕ぎ出してしまった。でも、止めた人たちも決して僕らのやろうとしたことに否定的ではなかった。だから失敗したまま船を戻すわけにはいかないんです。
【覚書き|東芝時代、デザイン家電のアテハカシリーズを企画し、脱量販店を目指したが見込んだほど売れなかった。熊本氏は諦めず東芝を飛び出しデザイン家電ベンチャーを立ち上げた】


東芝に入ってまず感じたのは、この業界は「終わってる」ということ。家電は自動車と並ぶ日本の基幹産業だったはず。なのに現場は疲弊しきっていて、ものづくりの誇りも何もない。このままじゃヤバいと思いました。


プロジェクトXの見すぎかもしれないけど(笑)、ものをつくる行為というのは俺にとってものすごく尊いことなんですよ。だから当然、ものをつくる人も生き生きと働いていると思っていました。ところが、東芝時代に訪れた工場は、薄暗くて冬でも暖房すら入っていない。そこで働く人たちも「ここでつくったものなんて、どうせニッキュッパ(2980円)で売られるんでしょ」とあきらめ顔。


熊本浩志の経歴・略歴

熊本浩志、くまもと・ひろし。日本の経営者。デザイン家電のリアル・フリート創業者。宮崎県出身。名古屋商科大学卒業後、東芝に入社。同社でデザイン家電アテハカシリーズをプロデュース後、東芝を飛び出し独立。日本のデザイン家電の先駆けリアル・フリート社を設立。社会人軟式野球クラブの東京バンバータの球団代表兼監督なども務めている。著書に『たかが野球で人生が変わる』。

他の記事も読んでみる

藤田弘道

バブルの時代には、本業以外絶対に手を出しませんでした。それでバブルがはじけて本業以外に手を出した企業は相当痛い目にあいました。でも、わが社の進むべき道はデジタル化を迎えて印刷というコア技術をどのように利用して、その市場の変化に対応するか。ほかの事業に手を出さずに、印刷会社は印刷技術をどう利用して、事業を確立するかということが経営の基本だったと思うんです。


大橋未歩

スーパーで買い物をしていて、すごく食べたいと思うものは、身体が欲しているものだと思うんです。たとえば、「今日はお肉が食べたいな」と思ったら、焼き肉にするとか。食べ過ぎはよくありませんが、我慢するのはもっとよくありません。身体の声に耳を傾けて、身体が欲することにちゃんと応えてあげるよう心がけています。


星野佳路

商品やサービスが「似たり寄ったりの状態になる」ことを、経済用語では「コモディティー化」と呼びますが、そうなると、セオリーに従うだけでは、差別化が図れない。カレー屋の例だと、今どきは「安くてうまい」だけでは、ライバルに勝てません。


松田充弘(マツダミヒロ)

具体的な質問ができた時点で、もはや問題の半分は解決している。


柴田和子(セールス)

「人にしてもらうときは八分(はちぶ)。人にしてあげるときは十二分に」という母の教えを胸に、人のためにできることは、どんな小さなことでも全力で取り組んできました。


今野由梨

最近の若いベンチャー経営者にも言いたい。お金や名誉を目的にした起業が悪いとは思いません。ただ、自分に課せられた社会的な役割を意識してほしいって。


中鉢良治

42歳のとき、米国アラバマの工場に赴任することになりました。自分のコアコンピタンス(核となる価値)は研究開発だと思っていたので、「何で俺が」という思いがありました。しかし、私の美学からいって、人事についてはグズグズ言わないことにしていたので、行きますと即答しました。


坂本孝

失敗から学んだ教訓は、「すでに誰かがやっていることを真似ても勝てない」ということ。


草刈民代

バレエをやめて女優に転向するとき、マイヤ(マイヤ・ミハイロヴナ・プリセツカヤ)さんに言われたんです。一番大事なのは、なぜ自分がそこにいるのか考え続けることだ、と。経験した一つ一つを噛みしめ咀嚼しながら生きてきたマイヤさんだから言える、説得力のある言葉です。あなたならできると言ってもらえて、嬉しかった。


徳重徹

設立当初から、当社は世界展開を視野に入れて、日本発のベンチャーにも世界を変える力があることを示すつもりでやってきた。


南原竜樹

DNAは使い方次第。自分のDNAに合った戦略がとれるかどうかだ。商売はスポーツとは違って、決められたルールに沿って実行しなくてはならないものではない。だから自分のDNAに合った商売のやり方は必ずある。フォローの風の中でボールを打つようにすればいい。


板尾創路

20代の頃は、40代の半ばで映画に出たり、日記を出版したりしているなんて全く想像してませんでした。正直、先のことはいまでもわからないですし。目標があったわけでもないし、予想と違うなという残念さを感じてもないし、好きなことをやっていたら、自然とこうなってましたね。