名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

熊本昌弘の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

熊本昌弘のプロフィール

熊本昌弘、くまもと・まさひろ。日本の経営者。神戸製鋼社長・会長。大阪府出身。東北大学法学部を卒業後、神戸製鋼に入社。阪神淡路大震災、アジア通貨危機などを乗り越え同社の経営を行った。日本建設機械工業会長なども務めた人物

熊本昌弘の名言 一覧

もし、多角化の道を諦めていたら、いまの神戸製鋼はありません。当社の重要な柱になっているアルミやチタンだってもともとは多角化事業でした。もちろん、半導体事業から撤退するなど、辛酸もなめています。ですが、このときの経験は私たちの大切な製品のひとつである液晶のターゲット材への進出に生かされています。


阪神淡路大震災のとき副社長として復興の指揮を執ることになった私は、「これはひとつ間違えると神戸製鋼がつぶれるかもしれない」と感じ、まず社員と家族の人命救助を優先し、次に神戸製鋼はなにがあっても神戸を離れない、製鉄をやめないという方針を矢継ぎ早に打ち出しました。会社は自分たちを見捨てないという安心感が社員に広がり、命令もしていないのに多くの社員が休日に会社に出てきて復旧作業に汗を流してくれました。もし経営トップの方針がぐらついていたら、平日でも社員は会社に出てこなかったかもしれません。


生の情報を得て自分で判断するのは大変です。しかし、企業のトップにとって、これが最も大切な能力です。東西貿易の情報を独占して巨利を手にした東インド会社や、徹底的な情報収集で勝利を収めた日論戦争、楽市楽座を開いて全国の情報を集めた織田信長の例を出すまでもないでしょう。


日本人は、情報に対する意識が乏しい気がします。技術情報を安易に海外に出し過ぎです。技術立国を目指さなければならない日本は、情報をもっと大切にすべきでしょう。


阪神淡路大震災で、ひとつ大切なことを学びました。生の情報をきちんとトップに上げさせることです。危機に直面してトップに判断材料がないのが、最も危ない。ここで、「生煮えの情報なんて持ってくるな。対策も持ってこい」なんて部下を怒鳴ったらおしまいです。もう情報は上がってきません。


本業を守ることは大切ですが、それと同じように新しい分野に挑戦することも重要だと思います。それぞれの技術は、他の技術と関連していて連続性があります。製品だけを見れば、まったく関係ないような技術でも、実はつながっているケースは多々あります。それに、自分たちのキーテクノロジーを基に常に新しい分野へ挑戦していくことは、社員のやる気を引き出す効果も大きいと思います。企業は結局、社員のやる気に支えられているのです。


日本の製鉄業が強さを確保し続けていられるのも、私たちが苦しいときに頑張ったおかげだと思っています。私の社長、会長時代、証券アナリストや新聞記者から、「本業一本に絞って経営資源を集中させろ」とか、「多角化は間違っている。武士の商法が成功するはずはない」などと、ひどい言われ方をされました。しかし、私は自分の意思を決して曲げませんでした。


確かに過去には苦しい時代がありました。しかし、どんな産業にだってあるものでしょう。人生だって、苦もあれば楽もあります。苦しいときに何をしてきたかが大切なのです。


製鉄業というと、成熟産業だと思っている人が少ないようです。しかし、それは全く違います。エレクトロニクスでも自動車でも、新しい技術革新を支えているのは素材です。


熊本昌弘の経歴・略歴

熊本昌弘、くまもと・まさひろ。日本の経営者。神戸製鋼社長・会長。大阪府出身。東北大学法学部を卒業後、神戸製鋼に入社。阪神淡路大震災、アジア通貨危機などを乗り越え同社の経営を行った。日本建設機械工業会長なども務めた人物

他の記事も読んでみる

鎌田富久

技術ベンチャー企業は技術が売りなので、ゼロから始める分野を一歩先に選んだほうがいい。昔のパソコンのように、まだみんながそんなに大きくなるとは思っていないが、成長速度が速くて、どこかで加速するような分野がベストです。


上田雄太(経営者)

当社がMVNO市場に参入した段階で、既にBtoCの市場はレッドオーシャンでしたので、そこで戦うつもりはありませんでした。パシフィックネットのレンタル・販売サービスと組み合わせることで、BtoB市場で他社にはない付加価値を付けていくことが重要だと考えました。


中部謙吉

商売のコツとして、親父は昔から「高く買って安く売れ」ということを教えていた。ちょっと聞くと変な気がするが、売り手は高く買ってやれば喜んでいいものをどんどん売ってくれるし、買う人は安いほうがいいに決まっている。とくに鮮魚の仲買問屋としてはこの商法はものをいった。


新井良亮

ルミネ、アトレはそれぞれ成長しています。もし、ルミネとアトレが同じタイプの店だったら、グループでの競争が激化してしまいますが、ルミネは都心型で20から30代の上質な女性層に絞り込んでいます。アトレは生活密着型で幅広い層を対象とし、デベロッパーの役割も担っています。


草野仁

人間の適応力は意外とすごいものです。話すことが苦手だった私が40年以上この仕事をしているのですから。


畑村洋太郎

相手に分かりやすく伝えるために、表現をかみ砕いたり、やさしい言葉に置き換える工夫は、多くの人が実践してきていることでしょう。ただ、言葉の置き換えには注意が必要です。言葉は別の言葉と一対一で等価に対応しているわけではないからです。たとえば「コモンセンス」という言葉を辞書で引けば、「常識」や「良識」といった訳語があてられています。ただ、日本語に置き換えると微妙にニュアンスが変わってしまうのです。


二宮清純

心地よいと感じている自分に気づいたら、すぐにもっと緊張感のある距離に移動しなければなりません。楽な場所というのはもう終わっているということです。


森澤篤

アートの場合は、創造力に富む作品により誰かに大きな感動を与えることが世の中へのインパクトになる。一方、ビジネスで求められる創造性は、売り上げが伸びる、新しい顧客がつく、ブランドイメージが高まるなど、具体的な結果につながらなければ意味がない。たとえ斬新なアイデアでも、1円も生まないアイデアには投資しようという人はいないだろう。


松村幸治

私がこの事業を始めた頃は「マニュアルなんかで食えるのか」と言われたこともありましたが、大手企業さんに少しずつ採用されていくことで他にはない技術を30年以上かけて蓄積することができました。


新井直之(執事)

きちんとした時間の区分けがなく、プライベート、ビジネス、ボランティアなどが渾然一体となって進んでいくのが大富豪の時間術なのです。


田中和彦

「とりあえずやってみよう」という感覚を大事に、様々な仕事に挑戦してみるといい。


定保英弥

お客様が安心して安全に過ごせる空間づくり、またお客様からのリクエストには期限を守って対応するなど、当たり前のことを当たり前にできるよう、基本の徹底を心掛けています。