名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

瀬戸内寂聴の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

瀬戸内寂聴のプロフィール

瀬戸内寂聴、せとうち・じゃくちょう。日本の小説家、尼僧。旧名は瀬戸内晴美。大正生まれ。東京女子大学国語専攻部卒業。『女子大生・曲愛玲』で新潮同人雑誌賞、『田村俊子』で田村俊子賞、『夏の終り』で女流文学賞、『花に問え』で谷崎潤一郎賞、『場所』で野間文芸賞、『風景』で泉鏡花文学賞などを受賞。天台寺住職現名誉住職、比叡山延暦寺禅光坊住職、敦賀短期大学学長などを務めた。

瀬戸内寂聴の名言 一覧

大きな椿の花を咲かせるには、どうすると思いますか?まだ、つぼみが小さいうちに、ひとつだけを残してみな摘んでしまうのです。そうすれば、大輪の花を咲かせることができるのです。


相手の立場に立ってモノを考えれば、人間は他者のためにどんなことでもできるのです。


世の中は常に変化し、人生には予期せぬことが起こり、そして、人間は必ず死ぬ。こう覚悟しておけば、度胸が据わります。大変な災害に遭おうと、会社をリストラされようと、「ああ、これこそ世の習い」と感じることができれば、慌てふためくことはありません。


私は、いい母になる才能、いい妻である才能、そうした才能をひとつひとつ摘み取ってきました。そして、小説を書く才能だけを残したのだから、これだけたくさんの才能を犠牲にしたのだから、せめて小説を書く才能だけはちゃんとしてくださいとお釈迦様にお願いしています。


お釈迦様は「この世は苦だ」とおっしゃいました。お釈迦様は国が戦争するのも、自分の国が滅ぼされるのも見ました。人間の嫌なところを見て、自分が可愛がっていた弟子がどんどん死んで孤独を味わいました。それでも、最後の遊行の旅に出られたとき「この世は美しい。人の命は甘美なるものだ」とおっしゃいました。この世に対する全肯定、人に対する全肯定です。お釈迦様がこうおっしゃったのだから、この世は美しく、人の命は甘美なのだと私は信じます。私たちはもっともっと楽観的に生きていい。私はそう思っています。


60歳ぐらいのころ、ちょっと心臓の存在を感じるようになって、東京で3本指に入るという心臓のお医者さんに診てもらったことがあります。お医者さんが、「講演旅行などとんでもない。年寄りらしく庭で草むしりでもしてなさい」とおっしゃるので、「どうせ心臓が悪くて死ぬのなら、もっと仕事をしてやれ」と思って、仕事を倍に増やしたことがありました。そうしたら、私は死ななかったのに、そのお医者さんが亡くなってしまいました。


人間はみんな死にます。川端康成さんも、三島由紀夫さんも、遠藤周作さんも、つい最近は北杜夫さんも、みんな死んでしまった。私のように90まで生きてごらんなさい。親しい人間は全部死んだということが、よくわかります。だからもう、私は死ぬことも怖くないし、病気も気にしません。


小説を書くことは私にとって快楽なのです。この快楽を手放したくないという欲望が、私にはあります。煩悩は捨てなくてはなりませんが、私はいい小説を書きたいという煩悩だけは、いまも捨て去ることができません。死ぬまで煩悩を抱えて生きるのが、人間というものです。煩悩を完全になくせばブッダ(悟った人)ですが、世の中はブッダばかりになってしまったら、ちょっと困るでしょう。だから私は、そんなに立派なお坊さんではないのです。


この世は変化するものだと思っていれば、どんな事態に直面しても度胸が据わります。孤独の問題も同じです。お釈迦様は人間は一人で生まれてきて、一人で死んでいくとおっしゃいました。最初から人間は孤独だと思っていれば、たとえひとちぼっちになったとしても、うろたえることはありません。


お釈迦様は「この世は苦である」とおっしゃいました。生きることは苦しいと。しかし、この世は苦であると最初から思っていれば、どんな苦しみにも耐えられます。苦だと決まっているのだから、じたばたしたって仕方がないのです。


人間は生まれてきたら必ず死にます。死ぬために生まれてくると言ってもいいでしょう。幸福が永遠に続かないように、命も永遠ではないのです。


持って生まれた才能だけでは、もはや文学の理想を究めることはできません。バックボーンというのでしょうか、確固たる信念と哲学がなければ、本当に書きたいものは書けない。何か、人間よりも大きな存在に助けてもらいたいという気持ちが非常に強くなったのです。
【覚書き|出家した理由のひとつについて語った言葉】


人は、人を愛していると思い込み、実は自分自身だけしか愛していない場合が多い。


瀬戸内寂聴の経歴・略歴

瀬戸内寂聴、せとうち・じゃくちょう。日本の小説家、尼僧。旧名は瀬戸内晴美。大正生まれ。東京女子大学国語専攻部卒業。『女子大生・曲愛玲』で新潮同人雑誌賞、『田村俊子』で田村俊子賞、『夏の終り』で女流文学賞、『花に問え』で谷崎潤一郎賞、『場所』で野間文芸賞、『風景』で泉鏡花文学賞などを受賞。天台寺住職現名誉住職、比叡山延暦寺禅光坊住職、敦賀短期大学学長などを務めた。

他の記事も読んでみる

佐々木常夫

私は入社以来20年問、企画や管理業務に従事した後、いきなり営業の課長に任命されました。着任前、私に対する悪い評判が聞こえてきた。新たに部下になる社員たちに「営業を何も知らない課長が来るらしい」とバカにする気持ちがあったのでしょう。そこで私は着任するなり部下たちにいった。「営業のことは皆さんのほうがよく知っているはず。教えてください」と。


曽野綾子

自立というのは、ともかく他人に依存しないで自分の才覚で生きること。今の自分に合う生き方を創出し、自分で工夫して生活を楽しむこと。


澤口俊之

自分で「報酬」を設定することも有効です。たとえば、「1日頑張ったら帰りに一杯飲もう」「この1週間を乗り切ったら週末は旅行だ」と、楽しいことを用意するのです。これらの報酬を、1日や1週間といった短いスパンから、3カ月や半年、1年後といった長いスパンのものまで、バリエーションを持たせて設定すると、それだけやる気が続きます。


下村朱美

教育とは、礼儀や感謝の気持ちを教えることも大切であると思っています。社会に出たら、技術や知識を誉めてもらえるよう、お客様に「あなたにお願いしたい」と言ってもらえるよう教育をしています。


宮嶋宏幸

ヤマダ(電機)さんは事業を横に広げていくという戦略のようですが、当社はもう少し縦に掘り下げていく状況だと思っています。


赤羽雄二

自信があれば、やりたいことに次々とチャレンジできるし、たとえ壁に突き当たっても乗り越えられる。自分は成長できると信じているから、そのための努力や工夫も続けられる。一方、自己肯定感が弱い人は、何をやるにしても、「私にはムリ」「やってもどうせ何も変わらない」と諦めてしまう。


吉楽裕

ある美容雑誌に、客が美容室に不満を感じているワースト5は「値段が高い」「時間がかかる」「予約が面倒」「メニューが多すぎる」「商品を売りつけられる」と書かれていた。この反対のことをやればうまくいくのではないかと思った。


似鳥昭雄

市場の掘り起こしは、いくらでも、ナンボでも出来る。だから、まだその仕事は完成していないし、今は途中です。


茂木健一郎

ひとりの人間が、ずっと生きてきた、その軌跡の中からにじみ出る言葉は、時に人の心を打つ。たくさんの経験に裏付けられた短い言葉の中に、凝縮された「叡智」がある。


牧野克彦(セールストレーナー)

商談で無理やり自分の話に持っていくのは逆効果です。反対に、「どうぞ、思う存分話してください」という雰囲気をつくると、30分ほどで満足されるお客様がほとんどです。


藤森義明

LIXILではすでに、未来のCEO選びの前哨戦として後継者候補約60人を社内からピックアップして、エグゼクティブ・トレーニングを施しています。これは、「リーダーシップとは何か」についての気づきを起こさせるトレーニングであり、今後は、トレーニングを受けた社員の成長ぶりをウォッチしていくことになる。


坂本孝

「俺のイタリアン」「俺のフレンチ」に集まってくる一流の料理人と話をすると、彼らが置かれていた環境が必ずしも幸せではなかったことがわかります。飲食業界ではいま、品質の均質化や効率のためにセントラルキッチンの導入が進み、料理人が自分たちの腕を存分に発揮する機会が減っています。どんなに頑張って働いても、将来に明るい展望を描けないのです。このような状態を変えたいと思ったのが、私が飲食業を始めた原点です。