名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

瀬古利彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

瀬古利彦のプロフィール

瀬古利彦、せこ・としひこ。日本のマラソン選手。高校在学中から中長距離の各種記録を作り、早稲田大学に入学。箱根駅伝などでの活躍からマラソンに転向。京都マラソン、福岡国際マラソン、ボストンマラソンなどに出場し成果を上げる。宗兄弟、中山竹通、新宅雅也とともに日本長距離界を盛り立てた選手

瀬古利彦の名言 一覧

自分が苦しい時は、ライバルもまた苦しいのです。そう思うと、いたずらに苦しんで走ることの無意味さがわかります。自然のまま、静かに走ることで、闘志の燃焼をさらに深められるようになったのです。


瀬古利彦の経歴・略歴

瀬古利彦、せこ・としひこ。日本のマラソン選手。高校在学中から中長距離の各種記録を作り、早稲田大学に入学。箱根駅伝などでの活躍からマラソンに転向。京都マラソン、福岡国際マラソン、ボストンマラソンなどに出場し成果を上げる。宗兄弟、中山竹通、新宅雅也とともに日本長距離界を盛り立てた選手

他の記事も読んでみる

紀野一義

東大の数学の先生で、末綱恕一という方がおられますが、この方は『華厳(けごん)』の勉強をしているんです。数学というのは、研究していると、必ず、壁にぶつかるそうですね。数学の壁というのは、論理的に越えようとしても、絶対ダメだそうです。『華厳』を読んだときに、あるヒントがふと湧いたらしい。そのヒントをもとに再び壁に挑戦したら越えられたそうです。


白井俊之

目の前に重い荷物と軽い荷物があったら、重いほうの荷物を運ぶ。簡単な道を行くより難しい課題に取り組む選択をしてほしい。


高城幸司

明らかな無理難題を相手に納得してもらわなくてはならないとき、簡単なテクニックがあります。それは、相手に自分の言葉で話させることです。質問し、相手に自分の言葉で話しをさせて、当事者意識を持ってもらうというプロセスを踏むことで、禍根を残さず、結果的に仕事の効率をあげることができるのです。


篠塚孝哉

分類をシンプルにすることは、メールの整理においても大切です。受信メールをクライアントごとに分ける自動振り分け機能などは、使うとかえって煩雑になります。要返信のメールと返信不要のメールとが、それぞれのフォルダ内で混在してしまうからです。メールは基本的に、すべて受信トレイで受けるのがお勧めです。そのうえで、必要なら「タスク」「アーカイブ」の二つのフォルダをつくり、「要返信→タスクに入れるかその場で返信」「不要→削除」「返信不要だが一応保存→アーカイブ」という風に分けるとよいでしょう。


宮内義彦

土日は自分の時間の稼ぎ時です。何かを考えるというわけではなく、仕事を忘れて、実はあまり忘れていませんが、ゴルフをしたり、何かレクリエーションをします。それでも不思議なことに、日曜日の夕方くらいには何か必ず思いつきます。休日も頭のどこかで考え続けているのでしょう。実際、長期休暇のあとや出張中に何かを思いつくことが多いです。


平松守彦

地域の現場に行き、現場の発想をするということ。地域の住民が自分たちの発想で、あるモノを作っていき、県は「自ら助くる者を助く」で、やる気のある者を応援する。


松岡修造

最初は、日記に自分のマイナスの感情もドンドン書いていけばいい。その結果、こういう状況になると、自分はこんな行動をとるのかと見えてくる。その傾向がわかれば、自分の心にどう対策をとればいいのかも判断できる。


築山節

整理しきれない情報に対して、脳は不安を感じる。書き出すという行為は、心が乱れる原因を見える化すること。不安というマイナス要素も、書くことで課題や目標といったヤル気に変わる。


鎌田浩毅

大きな企画を立ち上げる時は、ゼロから仕組みを作るため多大な労力を伴います。でも、いったんその仕事が成功すれば、同じ仕組みや同じメンバーで次の仕事をしやすくなる。私はこれを「仕事のシリーズ化」と呼んでいるのですが、最小限の労力でアウトプットできるようになるので非常に効率的です。


湯本貴和

ITやSNS(交流サイト)の浸透した現代社会では、「シェア」という言葉がよく聞かれるようになりました。このシェアこそヒトをヒトたらしめているのです。昨今、イノベーションが急速に加速しているのは、ITやグローバル化によってより短い時間でより濃密にシェアできることと無縁ではないはずです。


日高利美(日髙利美)

仕事のできる方はネガティブな言葉をポジティブに言い換える言語感覚に長けています。「忙しそうだね」と言うときも、「人から必要とされてるんだね」とか、落ち着きがないのを見て「いつも元気だね」とか、言葉をポジティブな言い回しにするのが上手ですね。


松田丈志

チームメイトとワイワイと冗談を言いながらも、協調しながらキツい練習に取り組めば、メンタルは折れづらい。1人では乗り越えられない壁を乗り越えられる。