名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

瀬古利彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

瀬古利彦のプロフィール

瀬古利彦、せこ・としひこ。日本のマラソン選手。高校在学中から中長距離の各種記録を作り、早稲田大学に入学。箱根駅伝などでの活躍からマラソンに転向。京都マラソン、福岡国際マラソン、ボストンマラソンなどに出場し成果を上げる。宗兄弟、中山竹通、新宅雅也とともに日本長距離界を盛り立てた選手

瀬古利彦の名言 一覧

自分が苦しい時は、ライバルもまた苦しいのです。そう思うと、いたずらに苦しんで走ることの無意味さがわかります。自然のまま、静かに走ることで、闘志の燃焼をさらに深められるようになったのです。


瀬古利彦の経歴・略歴

瀬古利彦、せこ・としひこ。日本のマラソン選手。高校在学中から中長距離の各種記録を作り、早稲田大学に入学。箱根駅伝などでの活躍からマラソンに転向。京都マラソン、福岡国際マラソン、ボストンマラソンなどに出場し成果を上げる。宗兄弟、中山竹通、新宅雅也とともに日本長距離界を盛り立てた選手

他の記事も読んでみる

別所哲也

友人にショートフィルムの試写会に無理やり連れていかれました。渋々観ていたら、これがもう驚愕の面白さで。「ショートフィルム=実験映画=エンターテインメント性が希薄」という先入観にとらわれていた自分を恥じると同時に、すっかり虜になってしまったんです。帰国後、その魅力を友達に熱く話すのですが、これがまったく伝わらない。ならば、実際に観てもらうしかないということで、映画祭をやることになったんです。


山本ケイイチ

早朝のジョギングを習慣にしたいというのであれば、まずは早起きを2~3か月続けてみて、それができるようになった段階でジョギングを始めるのです。その際も、最初から毎日走ろうとするのではなく、「週2日」から始めて、「1日おき」「毎日」と少しずつステップアップしていくのがいいでしょう。ただ、「週2日走る」と決めたら、それは必ず守ってください。


桑原祐

ロジカルシンキングというと、数学の問題を解くように、論理的に正解を導く思考プロセスをイメージする方も多いかもしれません。しかし、問題が既に書かれている数学の試験とは違って、ビジネスではまず問題を定義することが必要です。問題が間違っていれば、そこからどんな答えを導いても、正しい判断には至りません。


須原清貴

仕事の仕分けの判断基準として頼るべきは現場の声。お客様、取引先などの声に耳を傾ける。その場合、どの意見が正しいかを考えるのも大切ですが、誰の意見が正しいかを見極めるのはもっと大切だと感じています。これからは人を見極める力が今以上に求められるはず。


嶋浩一郎

情報ツールの中でとくに書籍を重視するのは、知りたい分野について、体系的に知識を得られるからです。人との会話は、鮮度や臨場感においては本より上ですが、迂回や脱線も伴います。また、ネットの情報は信頼性の高いものもありますが、まだまだ玉石混交。正確な知識を順序立てて得るには、やはり本が最強です。


倉重英樹

チームワークを育むには、人のやったことに対して感想を言い合うことが大切。


藤田晋

仕事とは様々な制約の中で進めていくもの。どんなに困難で理不尽な状況に陥っても、そこを何とか突破していかなければなりません。


北畑稔

海外での仕事は、片手で握手をしながら片手でボクシングをやっているようなものなのです。議論があり、平行線になって、さらに議論があって、相手もこちらも一歩も引かない膠着状態になる。そうやって、お互いの本音が出尽くしたところから、やっと落としどころを探る交渉が始まるのです。


國分文也(国分文也)

やや矛盾めいたことになるかもしれませんが、(グローバルに展開していても)僕らのアイデンティティは日本の企業という所にしかないという思いはありますね。あくまでもベース(本拠)は日本。だけど、これから生きていくうえで、考えも人もグローバルでないとやっていけないし、いろいろな競争相手と太刀打ちできない。いきなり、うちが本拠地をどこかに移そうという考えは全くないです。


小島忠雄

少々荒っぽくても、攻めるべきタイミングがあります。アメリカをはじめ、あちこちで揉まれてきた経験を活かして前進あるのみです。


井上裕之

成功している人は、上のステージを目指して環境やつき合う人を意識的に変えています。自分でチャンスのステージを上げているのです。そして成功者のステージまで上がれば、何もせずにどんどん豊かになっていく。かたやステージが変わらない人は、努力してもいっこうに豊かになりません。


ロバート・キヨサキ

『懸命に働く』ではなくて『賢明に働く』。
成功する人とは、自分より頭の良い人を自分のために、そしてより大きい目標のために働かせることのできる人だ。学ぶ必要があるとわかっているのに、それに背を向けて逃げ出してはいけない。恐怖や疑いの気持ちに真正面からぶつかろう。そうすればきっと新しい世界があなたの前に開ける。