瀬古利彦の名言

瀬古利彦のプロフィール

瀬古利彦、せこ・としひこ。日本のマラソン選手。高校在学中から中長距離の各種記録を作り、早稲田大学に入学。箱根駅伝などでの活躍からマラソンに転向。京都マラソン、福岡国際マラソン、ボストンマラソンなどに出場し成果を上げる。宗兄弟、中山竹通、新宅雅也とともに日本長距離界を盛り立てた選手

瀬古利彦の名言 一覧

自分が苦しい時は、ライバルもまた苦しいのです。そう思うと、いたずらに苦しんで走ることの無意味さがわかります。自然のまま、静かに走ることで、闘志の燃焼をさらに深められるようになったのです。


瀬古利彦の経歴・略歴

瀬古利彦、せこ・としひこ。日本のマラソン選手。高校在学中から中長距離の各種記録を作り、早稲田大学に入学。箱根駅伝などでの活躍からマラソンに転向。京都マラソン、福岡国際マラソン、ボストンマラソンなどに出場し成果を上げる。宗兄弟、中山竹通、新宅雅也とともに日本長距離界を盛り立てた選手

他の記事も読んでみる

橋本俊治(経営者)

形にすることは、ある意味で、楽なこととも言えます。何もないゼロから作り上げていく、あるいは発想していくことの方がはるかに難しいと感じます。ですから、(他の部門との)連携プレーの重要性を肌身で感じることができました。


古森重隆

将として、ひとつのカギになるのは「オーナーシップ」だと思います。いかなるときも会社や組織の問題を我が事として考えることができるか。それをバネとし、創意工夫し、難問を解決し、自分を鍛えていくことができるか。それが、リーダーとしての成長スピードに大きな差を与える。


佐藤卓(経営者)

私は「合目的的」なんですよ。「現代日本の国民食であるカレーを、革新的な調理法で健康的かつ最先端な食事として進化させ、世界中の人々に知ってもらう」。この目的に合う行動かどうかということに対しては、私は極めて貧欲で忠実。その下にぶら下がる目標や計画を変えることは躊躇しない。


山部和孝

「即断即決」がモットー。良い話も悪い話もその瞬間が旬。その場で解決しないと、良いものは悪く、悪いものはさらに悪くなりますから。


井上勝弘

嘘のない、本音で向き合う姿勢ならば、最終的には視聴者に受け入れられる。


堀威夫

人間は「易きに流れるもの」です。当たり前のことを当たり前にやるのは、実は大変難しい。


牧野正幸

ゲームであればジーンズにTシャツなど、カジュアルな服装で開発した方が発想が広がるかもしれない。しかし、私たちがつくっているのは大企業の社員が、きちんとした格好で働いているオフィスで使われるソフト。作り手もビシッと決めたスーツ姿で向き合った方が、使う人の気持ちを考えながらつくれる。


町田勝彦

他にはない独自のオンリーワン技術を磨いて、オンリーワン・デバイスをつくり、オンリーワン商品を作らなければいけない。そして、オンリーワンを積み重ねることで、ナンバーワンになれと言っています。技術や商品に限らない。コーポレートガバナンス(企業統治)も、販売の仕方でもオンリーワンを目指したい。あらゆるところで独自性を出していきたい。


タイガー・ウッズ

ヘイトレター(嫌がらせの手紙)を捨てずにとっておきました。壁に貼って、ことあるごとに読み返し、なにくそ、こんなことに負けるもんかと逆にゴルフのエネルギーへ転化したのです。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

朝礼の席でも、あなたがみんなを呼び集めた席でもいい。ともかく褒めたい人については大勢の前でまずあなたがその人の取り組みを紹介し、そのうえでみんなで拍手喝采したり本人を持ちあげたりして身も心も舞いあがらせよう。本人は照れるだろうが、そうされて嬉しくないはずがないのだ。その演出によってメンバーが多くの人の称賛を浴びるようになればそれぞれが自分の仕事に一層誇りを持ってくれるようになる。そしてあなた自身はチームにヒーローを生みだすことが楽しくてたまらなくなっているはずだ。


アルフレッド・アドラー

ピンク色のレンズのメガネをかけている人は、世界がピンク色だと勘違いをしている。自分がメガネをかけていることに気づいていないのだ。


津田秀晴

雑談上手な営業マンというと、話題が豊富で話術も巧み、自らもたくさん話していくイメージがあるかもしれませんが、一流の営業マンの多くは、あえて聞くことに重点を置いているものです。それは、相手のニーズや価値観を知り、問題解決のための提案の精度を高めるためです。


幸田伸一

時には騙されることもあるが、いちいち会議を開いて相手の信用情報などを精査していては、特に新興国向けビジネスでは、瞬く間に誰かにチャンスを奪われてしまう。


久保田豊

私はいつも陣頭に立って働いた。あるとき降雨が続いて洪水が起こった。内務省は河川の改修をやっているのだから、洪水を防ぐ責任はない。責任は県にあるわけだ。しかし県の役人は誰もこの対策を講じない。それを見かねて私はこれを買ってでた。二日二晩、不眠不休でとにかくこれを食い止め、地元民から大変喜ばれた。


柴田励司

若いころは多少無理をすることがあってもいいと思いますが、40歳からはダメです。無理をすることで周囲に与える影響も大きくなりますから。勉強に励む前に、自分の健康管理や時間の使い方をいったんリセットすることをお勧めします。


ページの先頭へ