名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

瀧靖之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

瀧靖之のプロフィール

瀧靖之、たき・やすゆき。日本の脳医学者、医師。「東北大学加齢医学研究所」教授。北海道出身。東北大学大学院医学系研究科博士課程修了。東北大学病院加齢核医学科長、東北大学加齢医学研究所教授を務めた。

瀧靖之の名言 一覧

何かを続けたいと思ったら、まずは、その習慣化したいことの先にある夢や目標を明確化すること。


目標が明確化されると、「では、そのためには何をしたらいいか」という具体的な課題が生まれ、その課題をこなしていくために必要なものを考え、探すようになる。この思考・行動パターンが、脳を活性化させる。


40代くらいの世代は、目の前の仕事をこなし、家族や子供のことを考えることが優先で自分のことなんて考えられないという人や、今さら夢なんて……と思う人もいるかもしれません。しかし、そんな世代だからこそ、10年後、20年後、自分がどうありたいかを意識的に考えることが重要なのです。


脳には、何か一つの能力が伸びると、それには直接関係しない部分の能力も伸びていくという「汎化(はんか)」という性質がある。努力をして脳内の枝を増やした人ほど、潜在的な脳力が高く、仕事や物事の処理能力が高いといえる。


脳には記憶全体をコントロールする「海馬」という部分がある。海馬の体積が大きいほど記憶にかかわる脳力が高く、脳力を発達させる能力も高くなる。この海馬の神経細胞を新しく生んでくれるのが有酸素運動。また、最近は「瞑想」でも海馬が増えることが確認されている。


脳の力を最大限に発揮する秘訣は、「好奇心」「人との関わり(コミュニケーション)」「有酸素運動」。好奇心を追求したり、人とのかかわりの中で新しい経験を積み重ねると、どんどん脳内ネットワークは増強され、「脳力」がアップしていく。


脳が喜び、活性化することは「主観的幸福度」を上げる。つまり、「幸せになりたい!」という欲求を満たすぞ、と脳に感じさせることです。やる気が起こらない、集中力が続かない、モチベーションが上がらないというのは、すべて脳が眠っているからです。脳を目覚めさせるには、自分が心地良い、楽しいと思えることをみずから積極的に行なうことが一番。


「不快・嫌い」な物事の中に、「自分なりのメリット」を見出す。「単調でつまらない仕事だけれど、これを1時間後までに完璧に仕上げてみよう」「あの人は苦手だけれど、洋服のセンスは参考になるからいいところをチェックしよう」など、自分なりのメリットを見つけ出せば、どんな物事や困難も楽しむことができ、次第に続けられるようになってくるはず。


人を褒めるには、まず相手に興味を持ってよく見ることが必要です。すると、たとえ経験が浅い年下の部下であっても、言葉遣いが丁寧だったり、パソコンスキルが高かったりするなど、自分にはない優れたところが見つかるはず。そこを褒めてあげることで部下は信頼感を持ち、褒める側は、相手に対する好奇心を持つことで脳が柔軟になっていきます。つまり、褒めることは、褒めるほうにも褒められるほうにも、どちらにも良い影響を及ぼすのです。


瀧靖之の経歴・略歴

瀧靖之、たき・やすゆき。日本の脳医学者、医師。「東北大学加齢医学研究所」教授。北海道出身。東北大学大学院医学系研究科博士課程修了。東北大学病院加齢核医学科長、東北大学加齢医学研究所教授を務めた。

他の記事も読んでみる

高田明(ジャパネットたかた)

ジャパネットにとって生命線になるのが、販売する商品の選び方です。カギになるのは「使いやすさ」です。高齢者でも簡単に操作できる商品が最も適しています。買った商品が届いて、使いにくかったらどうなるのか。説明を求める購入者からの電話がカスタマーセンターに集中して、電話がつながりにくくなります。そうなると、他の商品を買ったお客様からの電話がとれなくなり、ジャパネットというブランドの品質を落としてしまいます。そんな商品は売ってはいけません。


増田紀彦

顧客や市場は常に変化しています。実はプロ自身も変化している。プロになった瞬間から、競争相手から狙われたり、もっと優れた競合が出現したり、Alに代替されたり、自らの精神や肉体が衰えたりといった逆風にさらされることになる。この逆風の中でも顧客の期待に応え続ける者こそがプロなのです。


藤野英人

長い現役生活を誇る人は例外なく努力の人であるし、心身ともに健康でなければできないことである。


樋口裕一

話がうまく通じない人の多くは、相手の話がちゃんと聞けていません。聞く力がつけば、同時に話す力も自然とアップするはずです。加えて、自分の意見に説得力を持たせようと思ったら、なぜ自分はそう思うのか、裏付けをきちんと説明することです。裏付けが加わって初めて、論理的に相手を説得することができるのです。


長谷川穂積

普段は節約派です。家計の管理は俺の担当。収入から貯金をして、毎月、嫁に生活費と小遣いを渡してます。そういう考えの根底にあるのは、ボクシングは紙一重の勝負だという実感です。1戦1戦に人生が、家族が、生活がかかっていますから。


平松守彦

私の一村一品はね、シイタケや焼酎も「品」だけど、品格・人格も含める人づくりなんですよ。地域で成功しているところはいい人材がそろっている。私は「豊の国づくり塾」という塾をつくりまして、その塾長を務めています。


石川康晴

僕がいつも社員に言い続けているのは、「お客だけ見ていればいい」ということです。お客の目がファッション誌をとらえているならファッション誌だし、お客が共感に惹かれているのなら、共感でなければならない。


鈴木修

コスト意識を経営がはっきり持つためにも、本社を工場から離してはならない。スズキの本社はいまも静岡県浜松市高塚町の工場横にあります。創業以来、本社工場の考えを変えたことはないし、今後も変わらないでしょう。


ホルスト・シュルツ

リーダーシップの役割は、夢や仕事の目的を明確にし、その達成のための動機づけをしっかり行ない、ひとかけらの疑いもないという状況にさせることです。そうすることによって、そのスタッフは真に仲間になり得るのです。マネジャーというのは、仕事を機能としてとらえて人を採用しますが、一方のリーダーというのは、「人を自分たちの仲間にする」ために、人を採用します。私は、たんに仕事をさせるために人を雇うのは反道徳的なことであると、個人的には思っています。人を道具のように扱うことは反道徳的なことですよね。仕事をさせるために人を雇うことは、人を道具として扱っていることと同じです。リッツ・カールトンは、世界中に点在していますが、すべてを一つにまとめるものが、いま私がお話したことなのです。


手嶋龍一

外交官でも、公認会計士でも、営業マンでも、生き方を懸けて「断じて譲れない一線」があるはず。大義に殉じる覚悟を持った人が、人を動かすことができる。


岩田松雄

経営は人がすべてである、と実感していましたから、社員のモチベーションを高める施策を数々実施しました。初めてお店に自由裁量予算をつくったスターバックスでは、こんな出来事もありました。ある雨の日、店舗の目の前で交通事故が起こりました。それを目撃したスタッフが、事故を起こし茫然と立ちつくしている女性に、一杯のコーヒーをお渡ししたそうです。その後私は、女性からいただいたお礼の手紙で、そのことを知りました。


犬伏泰夫

今の時代はスピードが最も重視されています。納得を得られるまで議論していては間に合わないという見方もあるでしょう。しかし、急いでいるあまり、「分からないやつは分からないんだ」と納得を置き去りにして進めてしまうのは良くないことです。