名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

瀧川克弘の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

瀧川克弘のプロフィール

瀧川克弘、たきがわ・かつひろ。日本の経営者。「未来工業」社長。高校卒業後、照明器具製造販売メーカー取締役などを経て未来工業に入社。札幌営業所長、取締役、営業部長、常務などを経て社長に就任。

瀧川克弘の名言 一覧

弊社は基本的に残業禁止です。早く帰って思い思いの社外活動をすることによって、社員が多様化します。社員が個性的なほうが組織の力も上がる。


弊社の年間休日は140日ほどあります。長期の休みが明けた後は、初日からフル回転。皆、集中して仕事をします。十分休むことで、モチベーションが上がるようです。


弊社では報連相を禁止しています。最初は責任の重さに重圧を感じても、慣れてくれば即決できるように。自分で決めることが楽しくなります。


電気代の節約のために不要な照明を消すのが、弊社のルール。だから、蛍光灯のスイッチにはひとつひとつ名札がついています。そうすれば、担当者が責任をもって電気を消す。節電意識も身につきます。


弊社にはタイムカードがなく、出勤簿に自己申告させています。管理しないことで、社員に余計なストレスを与えずに済みます。ごまかす人は皆無。人間放任すると、逆にちゃんとするものです。


弊社にはコピー機が1台しかありません。目的は、紙の節約と、社員間コミュニケーションを生むこと。コピー待ちで並べば、会話が生まれるのでは、と。


報連相禁止には二つの狙いがあります。一つは上司の判断に頼って、思考停止になるのを防ぐこと。もう一つは現場に決定権を与えて、やりがいをもたらすことです。億単位の仕事でも任せます。責任感が芽生えるので、そうは失敗しません。


どんなアイデアでも提案すれば500円がもらえるようにしています。悪口と「給料あげろ」以外なら何でもOK(笑)。優秀者には上限3万円まで支払います。常に考えるクセや、積極的に提案する姿勢を身につけてもらうのが目的です。


瀧川克弘の経歴・略歴

瀧川克弘、たきがわ・かつひろ。日本の経営者。「未来工業」社長。高校卒業後、照明器具製造販売メーカー取締役などを経て未来工業に入社。札幌営業所長、取締役、営業部長、常務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

高嶋美沙子(Misako Rocks!)

私は積極的で前向きなんです!だから大学時代にアメリカに留学していたときも、どんどん友達をつくりました。当時の友達はパンクロッカーだったから、真似して髪の毛をバリカンで刈ってみたり。帰国した私を空港に迎えに来た両親が私に気づかなかったくらいでした。


樋口武男

世の中の動きをつかみつつ、思い切って新しいことに踏み切るわけです。思い切り、割り切り、踏み切りの3つの「切り」が大事だと考えています。スピード感をもってスパッと決断しなければいけません。


植木理恵

自分のペースに持っていくためにはたくさん喋って主張する。そんなふうに考える人もいますが、必ずしも正しい方法とは限りません。特に女性は仲良くなるほど〈会話時間が増えるのですが、反対に男性は信頼しあうにつれて会話量が減る傾向があります。このため男性に対しては、饒舌であるよりも、言葉ですべてを言い尽くさない「以心伝心」の態度を選んだほうが、相手と同調できる可能性が高いのです。


井上高志

心底「伝えたい」と思う内容を自分の中で明確化することが何より重要。思いが込められた話は、たとえ訥々(とつとつ)としていても相手の心に響くもの。


ドナルド・トランプ

経験と実績がない場合、エネルギーと情熱を売り込むべき。


和田秀樹

優秀な人ほど、朝令暮改や変節ができる。ダメな人ほどいままでやってきたこと、言ってきたことに縛られて沈んでいく。


内藤忍

借りを返すチャンスは、慌てずに待てば必ずやってきます。せっかくお礼の品を贈るなら、相手の好みや興味関心をとことんまで研究し、相手の状況や立場を考慮した一品を差し上げたいじゃないですか。これは、お金がなくても、知恵さえあればできることです。相手の期待を超えたサプライズで、相手に喜んでもらえることを心がけています。


中嶋悟

もし、並のレーサーとトップクラスのレーサーに差があるとすれば、それは執着心と根気の差だ。


松井忠三

海外展開では、国柄や文化、気候風土に合わせたブランドの「解釈」が必要です。


矢部輝夫

地道に当たり前のことを当たり前のようにやってくれるから会社が成立しています。だから、当たり前のことを褒める必要がないと言うのは違う。


森信親

すべての地銀の状況が悪くなっているかというと、大きなばらつきがあります。規模の大小で差が出ているかというとそうではなく、小さい規模でもきちんとした収益を上げている金融機関があります。経営の質が大きく左右する時代になってきたのではないでしょうか。


ウォルター・スコット

時と潮流は人を待たない。