名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

瀧川克弘の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

瀧川克弘のプロフィール

瀧川克弘、たきがわ・かつひろ。日本の経営者。「未来工業」社長。高校卒業後、照明器具製造販売メーカー取締役などを経て未来工業に入社。札幌営業所長、取締役、営業部長、常務などを経て社長に就任。

瀧川克弘の名言 一覧

弊社は基本的に残業禁止です。早く帰って思い思いの社外活動をすることによって、社員が多様化します。社員が個性的なほうが組織の力も上がる。


弊社の年間休日は140日ほどあります。長期の休みが明けた後は、初日からフル回転。皆、集中して仕事をします。十分休むことで、モチベーションが上がるようです。


弊社では報連相を禁止しています。最初は責任の重さに重圧を感じても、慣れてくれば即決できるように。自分で決めることが楽しくなります。


電気代の節約のために不要な照明を消すのが、弊社のルール。だから、蛍光灯のスイッチにはひとつひとつ名札がついています。そうすれば、担当者が責任をもって電気を消す。節電意識も身につきます。


弊社にはタイムカードがなく、出勤簿に自己申告させています。管理しないことで、社員に余計なストレスを与えずに済みます。ごまかす人は皆無。人間放任すると、逆にちゃんとするものです。


弊社にはコピー機が1台しかありません。目的は、紙の節約と、社員間コミュニケーションを生むこと。コピー待ちで並べば、会話が生まれるのでは、と。


報連相禁止には二つの狙いがあります。一つは上司の判断に頼って、思考停止になるのを防ぐこと。もう一つは現場に決定権を与えて、やりがいをもたらすことです。億単位の仕事でも任せます。責任感が芽生えるので、そうは失敗しません。


どんなアイデアでも提案すれば500円がもらえるようにしています。悪口と「給料あげろ」以外なら何でもOK(笑)。優秀者には上限3万円まで支払います。常に考えるクセや、積極的に提案する姿勢を身につけてもらうのが目的です。


瀧川克弘の経歴・略歴

瀧川克弘、たきがわ・かつひろ。日本の経営者。「未来工業」社長。高校卒業後、照明器具製造販売メーカー取締役などを経て未来工業に入社。札幌営業所長、取締役、営業部長、常務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

安田佳生

人には集中できる時間帯があります。人生をよくするために必要なのは、とことん深く考えるこだわりの時間と、それ以外の深く考えないこだわらない時間とを、うまく同居させることです。


守安功

ほんの数人が新しいものを生み出し、とんでもない価値を生み出す例はいくらでもあります。モバゲーにせよ、怪盗ロワイヤルにせよ、開発したのは5人ほどのチームですから。


高田明(ジャパネットたかた)

私は言葉だけで商品の説明をしていません。例えば小型のカメラを持ったら「小さいでしょ」と指先の動きで示します。表情や動作、自分の体全体で「すごいですよね」と語りかけ、数十万人の方との会話を楽しむのです。


野村忠宏

相手に投げられた時に、純粋に「悔しい」という思いが今も湧いてきます。それは「まだうまくなりたい」「強くなりたい」という成長意欲の表れだと思っています。


オマル・エル=アッカド

自分はずっとフィクションの書き手になりたいと思いながら記者の仕事を続けていて、たまたま10年たってこの本(『アメリカン・ウォー』)を出せた。世の中には1年でデビュー作を出版する人もいれば、20年たってもまだ出せない人もいる。それは、人それぞれです。


斎藤保

やはり科学が好きで、「どうせなら、新しいことをやりたいな」ということで、大学は航空科学を専攻して。航空機にとって必要なのは推進系だということで、航空エンジンを選ぶわけです。


カルロス・ゴーン

会社の規模は直接競争力にはつながりません。会社の規模は成功の鍵にはなりませんが、何かあった時にそのリスクを和らげるクッションの役割を果たしてくれるのです。


井上高志

いくら予測をしても突発的な差し込み案件は入ってくるものですから、毎週月曜の夜は必ず空けておき、緊急事態に対応できる体制にしてあります。予定をかっちり入れるのは総時間の90%程度にとどめ、つねに10%くらいのゆとりを残すのがコツです。


津田秀樹

自然は思うようにならないのが当たり前なのに、人工物に慣れた都会人が自然の中に入ると、その不便さに腹を立てる。それはお門違いです。


河合利樹

従業員の頑張りに報いるためには利益を生み出し続けないとダメです。独創的な提案で付加価値を生み出していくしかない。そして成果が出たら、頑張っている社員に対しては手厚く報いていきます。そうでない社員にはきちんと反省してもらいつつ、再度チャンスを与えるというような新人事制度を導入しました。


尾崎元規

成功する商品は必ずストーリーを持っています。ストーリーに欠陥や無理がある場合、その商品は絶対に成功しません。商品の企画や提案に限らず、提案書は、誰かにストーリーを語って聞かせるつもりで書き上げるといいでしょう。


宮崎駿

次があるとかないとかっていう話はもういいですよ。それに関しては、天命だと思ってますから。