名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

濱逸夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

濱逸夫のプロフィール

濱逸夫、はま・いつお。日本の経営者。「ライオン」社長。早稲田大学理工学部卒業後、ライオン油脂(のちのライオン)に入社。ハウスホールド第1研究所長、ファブリックケア事業部長、執行役員、取締役、常務などを経て社長に就任。

濱逸夫の名言 一覧

体力とは利益。キャッシュが生まれれば、次のブランドを育成できる。それがまたキャッシュを生む。


正直、数字にはあまりこだわっていません。企業にとって重要なのは、自分たちがやりたいことをやって、それで社会に貢献すること。大きくなくても、自分たちが絶対的に自信を持てる事業をしているかどうかが大切。


社長就任以来、社長懇談会という会合を全国の拠点で毎月のように実施してきました。管理職と若手、それぞれ何時間か意見交換をして、その後は懇親会を開きます。特に若手と接すると自信がついてきたなと実感します。


大胆にコストカットをすれば、短期的に利益は増やすことはできたかもしれません。しかしそれは、我々の企業理念に反します。企業は、永続的に成長していくことこそが重要なのです。時間がかかっても、徹底的に意識改革をやり、それを事業活動に連動させることが重要。


今までは、マーケティング部門が考えた売り方で、そのまま商談をする営業も多かったのですが、今ではそれぞれの営業が自分たちの取引先が何を求めているかを真剣に考えて、独自の提案ができるようになってきました。それで実績が出ると、販売店から棚割りを任されて自信が湧くんですよ。


資生堂子会社の販促会社の一部株式をライオンとユニ・チャームが取得する形で、3社提携しました。花王が総合的に幅広い商品を取り扱っているのに対して、我々3社は、それぞれ強みのある分野にある程度、特化しています。だからこそ、提携できたのです。今後は店頭だけではなく、3社のカテゴリーを連携して新しい価値を提案するような活動まで取り組みを広げたいと思っています。


まだマスマーケティングが主体ですが、考え方はかなり変わってきました。例えば、これまでは洗剤などの日用品に対する消費者の無関心は甚だしかった。何を使ってもあまり変わらないだろうと。しかし、より「自分ごと化」してもらえるように、様々なアプローチを始めています。ボディーソープの「hadakara(ハダカラ)」の詰め替えパックに消費者の声を印刷して、共感を呼ぶようなマーケティングをしているのは、その一例です。


私も会社に入ってから、社是を何千回と朗唱してきました。しかし、そういう企業理念と、実際の事業活動がしっかり結びついていたかというと、そうではありませんでした。理念を追求したいけれども、安売りにどんどん走って、何とか数字を作るということが、ずっと続いてきたんです。Vision2020を作った目的は、もう一度企業理念を全社員がしっかりと共有して、強い意志で実行できる組織に生まれ変わることでした。


濱逸夫の経歴・略歴

濱逸夫、はま・いつお。日本の経営者。「ライオン」社長。早稲田大学理工学部卒業後、ライオン油脂(のちのライオン)に入社。ハウスホールド第1研究所長、ファブリックケア事業部長、執行役員、取締役、常務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

永野毅

人は育てるものではなく、自ら育つ。リーダーや上司、あるいは会社の役割は、自ら育とうと気づくような気づきの場をどれだけたくさん与えることができるか、その場づくりです。


植木義晴

お客様から選ばれ愛される航空会社になるために一番必要なのは、社員が幸せを感じること。「自分の会社好きじゃないや」、「この仕事面白くないや」と思う集団にお客様が魅力を感じてくださることはないんですから。


美月あきこ

失敗を気にしすぎないことも大事です。これは私の失敗談なのですが、講演会で壇上に上がる途中、つまづいて転びかけたことがあるんです。聴衆の皆さんも「見てはいけないものを見た」という感じで(笑)。ところが、そのおかげで一気に雰囲気がよくなりました。「事件」を共有したことで、一体感が会場に生まれたんです。結局、そのときの講演は大成功でした。


ベンジャミン・グレアム

証券会社のアナリストは株式市場の動向を調べ、水晶球を見つめ、細かな数字の計算をしたり、スポンサー付きの旅に出る以前に、基本的な責務を果たすべきである。


稲盛和夫

経営マインドを持った人材の育成には、小さくてもいいので自らの責任で部門運営をさせることが一番。


井上直美(経営者)

危機時にはトップダウンが非常に効率的だと思いますが、平時は社員みんなが強くならなければいけない。


野田一夫

企業経営で営利だけを追求する経営者は、程度の差こそあれ大衆社会である先進国では反社会的といったイメージを負わされることにより、自社を成長の軌道に乗せることが無理なのです。単に顧客である大衆から見放されるだけでなく、経営者自身が自社の社員からノーを突きつけられるケースは、成熟した民主国家ならどこでも起こりますから、企業の長期的繁栄など、到底できっこありません。


前川賢治

やはり、メールよりも、表情を見て相手の気持ちを読みながら話す方が、話が早い。


渡邉美樹

仕事と時間の関係を考えたときに、仕事には「緊急じゃなくて大事なこと」というものがあります。緊急で大事なことというのは、言われるまでもなく誰でも必死にやりますよね。そうではなくて、緊急ではなくて大事なこと、つまり「急ぎじゃないけどやっておいたほうがいい」ことを、きちんとやっていると、緊急で大事なことはなくなっていくんです。なにしろ、事前に手が打たれていますからね。常日頃から、この大事なことをちゃんとやっていないと、緊急で大事なことばかりになって、仕事と時間に追われてしまいます。


上條努

基幹ブランドの強化が新しいファンを産む。


北島康介

水泳もビジネスも正解は1つじゃない。失敗には学ぶことがたくさんあるし、修正や改善につながります。実際に事業を進めると、それまで認識していなかった顧客ニーズも見えてきました。


西浦三郎

働き手が少なくなってくるなら生産性を上げなくてはいけませんから、福利厚生を高めてやる気を引き出す取り組みは比較的早くからやっています。今期の年間の一人当たり単体経常利益は3億4千万円から3億5千万円ぐらいになると思いますから多分、上場企業でもトップになるのではないかと思います。