名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

濱川智の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

濱川智のプロフィール

濱川智、はまかわ・さとし。日本のコンサルタント。「おもてなし感動研究所」所長。東京出身。観光バス運転手、広告制作などの仕事を経験したのち「きずなクラフト」を設立。著書に『Webビジネスのためのユニバーサルデザイン成功の法則65』『最強のWEBコミュニケーションシナリオ』ほか。

濱川智の名言 一覧

経済成長期は、均質なサービスで不特定多数の新規顧客を獲得し、シェアを拡大すればよかった。しかし、市場が縮小しているいまは、ターゲットを絞ってロイヤルカスタマーを増やし、収益を高めることが求められる。


顧客の声を収集し、おもてなしのCS効果を管理する仕組みも重要。それにはカスタマーサポート部門を活用するとよい。刃物メーカーの貝印は、顧客相談室が「フリートーキング」を開催するなど、顧客との緊密なコミュニケーションを図り、そこから得た情報を経営に反映させている。カスタマーサポート部門は、コストセンターではなく、おもてなし経営の戦略の柱になりえる存在なのだ。


おもてなしを経営に取り入れようとすれば、おもてなし人材、つまりプロ意識を持って、顧客の期待に本気で応える人材の育成が急務だ。しかし、おもてなしは、まさに一期一会の対応だから、マニュアルによる教育ではおもてなし人材は育たない。そこで、ぜひおすすめしたいのが、優れたおもてなしができるスタッフに「生きた教本」になってもらうことである。これは日本だけでなく、グローバルでも通用する。


おもてなしは、もてなす側だけの問題ではない。もてなされた相手も「感動」を体験することがポイントなのだ。もてなす側ともてなされる側の心が双方向で通じないと成立は難しい。企業から顧客への一方的なサービスと異なり、おもてなしは、企業のアクションに顧客が応えることで、両者の絆が深まる。


おもてなしは、単なる接客サービスとは違う。相手に心地よく感じてもらうために、相手の状態を察して、それに適した対応をするべく、気配り、創意工夫をすることがおもてなしの本質だ。「まことの心」、すなわち誠心誠意をもって相手に接することともいえる。


マーケットを奪い合う(競争)のではなく、顧客とともにつくり出す(共創)時代に入った。そのためのCS(顧客満足)の具体的な有効策が、おもてなしにほかならない。


濱川智の経歴・略歴

濱川智、はまかわ・さとし。日本のコンサルタント。「おもてなし感動研究所」所長。東京出身。観光バス運転手、広告制作などの仕事を経験したのち「きずなクラフト」を設立。著書に『Webビジネスのためのユニバーサルデザイン成功の法則65』『最強のWEBコミュニケーションシナリオ』ほか。

他の記事も読んでみる

原田泳幸

全社一丸となって残業ゼロに取り組んでいると、資料の1ページ目から読み上げるような会議や、パワーポイントにワープロの文章を貼りつけて読ませるといったプレゼンテーションは自然と減り、その分生産性は確実に高まってきました。いまでは全社員の平均残業時間は一桁です。しかも、2009年上半期には過去最高の営業利益を叩きだしました。仕事は時間ではありません。質とスピードなのです。


中村貞裕

日本初上陸のGAPは、ZARA、H&Mも一緒に宣伝することで、ファストファッションというトレンドになった。僕らはさざ波とさざ波をくっつけて大きな波を作る。そうすればライフスタイルに入り込み大きな波となって継続する。


ボビー・ジョーンズ(ゴルファー)

ゴルフが1ストロークを積み重ねていくスポーツだ、というのは昔からいわれているあたりまえのことだ。だがそれを理解するのに何年もかかった。


平康慶浩

業務に没頭する一方で上司の仕事ぶりも観察しておく。アナログ的には一緒に飲みにいくなどして、早くから上の役職の意識を学んでおくといい。


堀北真希

私は演じることを仕事にさせてもらっていて、その中で一生懸命あがく楽しさみたいなものがわかってきました。


南美希子

30歳で会社からも実家からも独立した。自分を守ってくれる傘から離れて初めて、その有難みが身に染みた。親孝行をするようになったのは30歳過ぎてからだ。親とは自分のやりたいことに出資してくれる最大のパトロンだなどと思っているうちはまだ子供だ。


永谷研一

内省は積み重ねるほど深まる。


藤田晋

優秀なリーダーは部下を褒めたり、モチベーションを高める発言をしたりするなど、様々な手を使って、部下に自発的に動いてもらおうとします。一方のダメ上司は、「つべこべ言わずにやれ」などと、権力を振りかざす。これは自分の能力不足を露呈しているだけです。


三木谷浩史

僕はいつも自分にこう問いかけている。この作業で省くべき無駄はないだろうか、もっと早く処理できるようにこの作業を改善できないだろうか。速度はいつでも優先課題なのだ。


三谷宏治

報連相はやり方を間違えると思考を停止してしまうので、注意が必要です。問題は「相談」です。上司としては部下の仕事をサポートするために報連相を徹底させようとしますが、部下が自分で考えることなく上司に相談してしまうと、思考しなくなってしまうのです。それを新入社員のころから続けていくと、上司の手足となって働く人間が増えるだけです。


野口健

自分が正しいと思ったことでも、現場で「これは違う」と思ったら軌道修正。軽いといえば軽いですけどね。この感覚はすごく大事だと思います。


山中伸弥

ノーベル賞を受賞する前は、自宅のある大阪から京都への通勤は電車を使い、移動時間はメールの読み書きや英語の勉強に充てていました。受賞後はクルマでの移動が多くなりましたが、同じようにパソコンで仕事をしています。