名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

濱川智の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

濱川智のプロフィール

濱川智、はまかわ・さとし。日本のコンサルタント。「おもてなし感動研究所」所長。東京出身。観光バス運転手、広告制作などの仕事を経験したのち「きずなクラフト」を設立。著書に『Webビジネスのためのユニバーサルデザイン成功の法則65』『最強のWEBコミュニケーションシナリオ』ほか。

濱川智の名言 一覧

経済成長期は、均質なサービスで不特定多数の新規顧客を獲得し、シェアを拡大すればよかった。しかし、市場が縮小しているいまは、ターゲットを絞ってロイヤルカスタマーを増やし、収益を高めることが求められる。


顧客の声を収集し、おもてなしのCS効果を管理する仕組みも重要。それにはカスタマーサポート部門を活用するとよい。刃物メーカーの貝印は、顧客相談室が「フリートーキング」を開催するなど、顧客との緊密なコミュニケーションを図り、そこから得た情報を経営に反映させている。カスタマーサポート部門は、コストセンターではなく、おもてなし経営の戦略の柱になりえる存在なのだ。


おもてなしを経営に取り入れようとすれば、おもてなし人材、つまりプロ意識を持って、顧客の期待に本気で応える人材の育成が急務だ。しかし、おもてなしは、まさに一期一会の対応だから、マニュアルによる教育ではおもてなし人材は育たない。そこで、ぜひおすすめしたいのが、優れたおもてなしができるスタッフに「生きた教本」になってもらうことである。これは日本だけでなく、グローバルでも通用する。


おもてなしは、もてなす側だけの問題ではない。もてなされた相手も「感動」を体験することがポイントなのだ。もてなす側ともてなされる側の心が双方向で通じないと成立は難しい。企業から顧客への一方的なサービスと異なり、おもてなしは、企業のアクションに顧客が応えることで、両者の絆が深まる。


おもてなしは、単なる接客サービスとは違う。相手に心地よく感じてもらうために、相手の状態を察して、それに適した対応をするべく、気配り、創意工夫をすることがおもてなしの本質だ。「まことの心」、すなわち誠心誠意をもって相手に接することともいえる。


マーケットを奪い合う(競争)のではなく、顧客とともにつくり出す(共創)時代に入った。そのためのCS(顧客満足)の具体的な有効策が、おもてなしにほかならない。


濱川智の経歴・略歴

濱川智、はまかわ・さとし。日本のコンサルタント。「おもてなし感動研究所」所長。東京出身。観光バス運転手、広告制作などの仕事を経験したのち「きずなクラフト」を設立。著書に『Webビジネスのためのユニバーサルデザイン成功の法則65』『最強のWEBコミュニケーションシナリオ』ほか。

他の記事も読んでみる

塚越寛

「自己実現ができないような会社にしがみついているのは負け組だ」と若い人が言うのは間違っている。「自分で努力して、この会社を変えてやる」くらいの気構えが欲しい。


田中仁(経営者)

スターバックスはコーヒーを飲む習慣を変えていきました。我々は新しいメガネの文化を、今どこにも無く、ジェイアイエヌだから創れる世界に求めていきたい。


尾畠春夫

「物は有限、知恵は無限」。これは大事な言葉。


野村克也

衣食住なにひとつとってもプロ意識とつながるよ。今の選手たちは栄養の知識もあるし、食事のバランスもいいが、果たして意識はどうなのかね?


竹下佳江

チーム力の向上は必須ですが、一方で一致団結と意識しすぎるのはダメな面もあります。「誰かがやってくれる」という個人競技にはあり得ない妥協が生まれるからです。自立した選手が何人コートに立つかが、チームの強さのカギ。


菊池廉也

アイデアを生み出すためには、一人ひとりが主体的に動かなければなりません。


永守重信

資金は稼ぐだけではなく、どう使うかだ。財務戦略は経営の重要な根幹であることを忘れてはダメだ。


小路明善

人と会うときには下調べが重要だと思いますが、それは社員に対しても変わらないのです。たとえば事業所を回るとき、イントラネットの改善事例を投稿するコーナーに、その事業所で働く社員が何か投稿していないかを調べます。そして、現地に出向いたときに、「○○さんはいい情報を発信してくれていますね」などと個人名を出して話します。すると、その社員は報われたあと感じてくれ、ほかの社員も「頑張れば社長に認められるかもしれない」と感じるのではないかと思います。


松本恭攝

インターネットを使って印刷業界を効率化するには、自社で印刷を受注するeコマースも考えられるし、印刷会社に出店してもらうモールを作ることも考えられます。実際にいろいろと試してみて、最も需要があると感じたのが、印刷会社ごとに価格や得意分野を比較できるマッチングサービスだったのです。


赤澤健一

廃棄物処理は単なるゴミ捨てではなく、社会貢献型の重要なビジネスです。その思いがあれば、業界の常識にとらわれない新しい発想を生むことができます。


高岡浩三

生産性が高い人は、「解決すべき顧客の問題は何か」をまず設定し、そこに集中して結果を出す。一方、生産性が低い人は、解決すべき課題を設定せずに仕事を進めるため、「仕事ではないこと」に無駄な時間を費やしてしまう。


清宮克幸

先人のやり方をすべて間違いだと頭から否定するのは逆に危険です。多くの人が長年そうしてきているということは、何か理由があるからかもしれません。ですから、「なぜそれを続けるのか」をまずよく考える必要があります。その結果、本来の目的が忘れられた、ただなんとなく続けられていることであったり、いまの時代に会っていないやり方だった場合は、目的を達成するもっと効果的なやり方を新しく発想し、具体化していけばいいのです。