名言DB

9412 人 / 110637 名言

濱口道雄の名言

twitter Facebook はてブ

濱口道雄のプロフィール

濱口道雄、はまぐち・みちお。日本の経営者。「ヤマサ醤油」社長・会長。東京都出身。慶應義塾大学商学部卒業後、ヤマサ醤油に入社。同社社長・会長を務めた。

濱口道雄の名言 一覧

失敗作の商品ラベルは手元に取ってあります。失敗からこそ学べることがあり、それを忘れないためです。


もしあなたがとても面白いアイデアを思いついて、失敗を嫌う上司に提案をする気になりますか? 私はなりません(笑)。挑戦と失敗の意義を知り、それを日々楽しんでいる人間のところにこそ、人材もアイデアも集まるのではないでしょうか。


当社の創業は正保2年、千葉の銚子で醤油づくりを始めて372年になります。美味しい醤油をお届けすることを何より大事にしていますが、ただ「守る」だけでは時代の変化に対応できません。長く続けるとは、つまり変化に対応し続けること。それが「しぶとさ」の源泉です。


もちろん、チャレンジにはリスクが伴います。ヤマサ醤油で一番多く失敗をしているのは私です。アイデアが浮かんだら試してみる。失敗したら改良してみる。それでもダメならしばらく寝かせて、時機を見てまた試して……。商品化に至らない失敗もあれば、商品化しての失敗もたくさんあります。


「昆布つゆ」は、昆布から取っただしのまろやかさに着目して商品化しました。今でこそ、めんの汁、鍋、煮物などに幅広く使える加工調味料として定番となりましたが、発売当時はだしと言えば「かつおだし」が主役とされていました。実は取引先から「売れそうにない。売り場がない。やめておいた方がいい」とダメ出しをされながらの発売でした。


私が12代目の社長になった34年前、醤油の出荷量は日本全体で約120万キロリットルほどありましたが、今や78万キロリットルを割り、私どもの売上高に占める醤油の割合も7割から3割ほどに。そんな厳しい環境でも業績を伸ばし続けてこられたのは、醤油をベースにしたユニークな商品のおかげです。


前例のない商品を発売する時、不安はつきもの。ですが、そこで立ち止まっているばかりでは、それこそ時代の変化に負けてしまいます。そもそも明治の頃、日本で初めてソースをつくって米国で販売したり、その後も「有機大豆」を原料とした醤油づくりにいち早く取り組んだり、他に先駆けて新たなことを試み、市場の開拓に挑戦することが、代々続く伝統と言えるかもしれません。


気をつけたいのは、アイデアに酔わないこと。自分が考えつくアイデアは、きっとほかの誰かも思いついているでしょう。でも、そうした多くのアイデアは、アイデアのまま消えてしまう。重要なのは、優れたアイデアを、安全でおいしい商品に仕上げる力です。メーカーとしてそうした土台の部分がしっかりしていてこそ、様々なチャレンジができる。ユニークな商品は一日にして成らず。良い環境を整え、良い素材をしっかり熟成することが肝要です。


濱口道雄の経歴・略歴

濱口道雄、はまぐち・みちお。日本の経営者。「ヤマサ醤油」社長・会長。東京都出身。慶應義塾大学商学部卒業後、ヤマサ醤油に入社。同社社長・会長を務めた。

他の記事も読んでみる

新井淳子

心理学者のレナード・ズーニンが提唱する「初動4分の法則」を活用しましょう。嫌な仕事や厄介な仕事は後回しにしがちですが、最初の4分だけ無理にでも集中して頑張る。そうすると気分が乗ってきて、どんどん進むようになるのです。その結果、やる気も自ずと高まります。


佐藤優

「明日できることも今日やったほうがいい」という意識が強いと、いまやるべき緊急の仕事と、明日やっても間に合う仕事の区別が曖昧になってくる。その結果、本来なら「先送りしてもいい仕事」まで「いまやるべき仕事」に見えてきて、「目の前にこんなたくさんの仕事がある。どうしよう」とパニックになってしまう。大切なのは、「明日できることは今日やらない」という意識を持つことだ。その意識を持つことで仕事の緊急度を冷静に判断できるようになる。


本田健

今必要なのは、5年後、10年後にどう生きるのか、まずは自分自身のビジョンを決めることです。会社に身を置きつつ、今の分野で揺るぎないプロフェッショナルを目指すもよし、新規事業を立ち上げるのもよし。独立してフリーランスで働くなり起業するなりの自由な生き方を選ぶのもいいでしょう。いずれにしても、今のうちに心構えをしておくべき。そして、そのためにはどんな勉強が必要なのか、どんな仲間をつくったらいいか、誰をメンター(先生)として教えを請えばいいかなど、必要な情報を収集していきましょう。


林信秀

頭取になった今でも、時代の変化を肌で感じ、新しい考えを毎日でも出せるようにしたい。そのために、毎朝6時すぎに出勤し、8時半くらいまで、今日すべきこと、一週間で、一カ月で、一年で考えるべきことを整理し、新しいアイデアを考えています。


平野岳史

最悪なのは、やる気が出ないのを会社や仕事のせいにして、転職を繰り返すことです。そういう人は、どんな状況でいかなる仕事を任せられても、必ず自分なりに成果を出すというのが優秀なビジネスマンだということが、わかっていないのです。


桑原豊(経営者)

部下の調子が悪いときにしっかりフォローすることを心がけています。人間には、いいときもあれば悪いときもあります。強い人は、それでもいい。いいときは浮かれないように自戒するし、悪いときは自分で自分を励ますことができますから。しかし、中にはいいときに浮かれすぎて、逆に悪いときに落ち込んでしまう人もいます。いいときと悪いときの振り幅が大きい部下に対して、放置は良くない。上司のフォローが必要不可欠です。


赤瀬川原平

アキラメというのは人生的なものである。体験に基づくというか、体験の集積というか、いずれにしろ体に発するというか、体からじわりと湧き出る。それにひきかえ、シラケというのは、体験からのものとは違う。じーっと頭で考えさせられて、右も駄目、左も駄目、上に行ってもしょうがない、やる気がしない、シラける、というものではないのかな。


江見朗

必要なのは、一瞬の積み重ねです。お客さまは、電話での注文のとき、配達のとき、食べているとき……と、一瞬の積み重ねで「銀のさら」を評価します。一瞬とはいえ、気持ちが乱れたスタッフと接したお客さまは、二度と注文しないかもしれません。「よい一瞬」をつくることが経営者や店長の役割だと思いました。それが「怒らない経営」の原点でもあります。


北村龍平

高校2年生になると周りがみんな受験勉強を始めたんですが、勉強する理由は、いい大学に行くため、いい就職先に行くためであって、人生のテーマやゴールは特になかったりする。やりたいことがあって、それに対して死ぬほど努力するのは当たり前だと思いますが、何となく受験勉強を始めることがどうしても理解できなかった。じゃあ、自分がなりたいものは何かと言えば、映画監督というのが一番現実味があって、なれるんじゃないかと思えたんです。


藤田晋

成長のスパイラルに入るには、とにかく量をこなす。それに尽きます。ですから、朝は始発電車で出社し。ほかの社員が出てくる頃には、営業先に向かいました。土日はもちろん、ゴールデンウィークも夏休みも関係なく働いていました。
【覚書き|人材サービスのインテリジェンスでトップ営業マンになった理由について語った言葉】


大西賢

今回の経営破たんによって、「JALの将来のため」という理由で会社を去っていった方が大勢いました。このことは、絶対に忘れてはならないと思います。彼らのためにもJALの再生をやりきることを約束しなければならない。


奴田伸宏

オリジナル作品は何をどうつくるか、すべてがゼロからなので、ある意味で辛く厳しい作業です。でも、伝統の技を用いて新しい作品を生み出していくことも、私たち職人の役割です。


久保憂希也

会議の冒頭で誰も「ファクト」を出さない。「どれくらい売れたのか」「どこで売れていないのか」というファクトが出てこないと、課題を議論するのも不可能になります。定量的に考えて初めて定性的な議論もできるのです。最初から「私はこう思う」など、定性的な話から入ってしまうと、そこにファクトはないから、後から検証することもできない。「時系列ではどうなっているのか」「1人当たりではいくらになるのか」など定量的な事実を出すことで会議はかなり短縮できます。


松本零士

人は、限りある命だからこそ頑張れる。生命体の寿命には限りがある。だからこそ力の限り生きて、満足して死ぬことができる。それが楽しい人生でしょう。


守安功

上の立場にいる人は、部下が発言しやすい環境を整える一方で、部下からの発言を受け止めなければいけません。私は前社長(南場 智子)に対して、言いたいことをズバズバ言っていました。南場からは、「守安は、DeNAでなければ絶対に出世しない」と言われていたくらいです。上司の懐の広さゆえ、許されていたのだと思います。