名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

濱口秀司の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

濱口秀司のプロフィール

濱口秀司、はまぐち・ひでし。日本のビジネスデザイナー。京都大学卒業後、松下電工(のちのパナソニック電工)に入社。新事業企画部長、同社米国研究所上席副社長、米ソフトウェアベンチャーCOO(最高執行責任者)、米デザインコンサルティング会社「Ziba」戦略ディレクター・エグゼクティブフェローなどを経て「monogoto」を設立。

濱口秀司の名言 一覧

質は重要ですが、数や時間などとにかく測ることのできる量による思考管理を習慣づけることが大切。


普通の人は情報がないと怖いと言いますが、僕は情報があったほうが怖い。いろんな情報が入ってくると自分が考えやすい方向に進んでしまうので、バイアスを壊すのが難しくなる。


人間の脳みそは必ずバイアスをつくる。先入観と言ってもいいのですが、そのバイアスと反対方向に考えると、周りが驚くようなアイデアが生まれる。


情報量が少ないほうがイマジネーションも湧く。カラー写真より白黒写真のほうが想像力を刺激するのと同じです。それは脳が色を補完しようと働くからで、情報の欠損率が高いほどイマジネーションをフルで使える。


情報量が少ないほうが情報をハンドリングしやすく、バイアスを同定しやすい。それに、基本情報を取り扱ったほうが潜在的により深いバイアスを取り扱うことになり、バイアスが壊れたときのインパクトが大きい。


一番怖いのはアイデアだけを考え続け、無駄に時間が過ぎていくこと。そうではなく、5分考えたらそこで打ち切り、次の5分はそのアイデアを生み出している思考システム、そこに潜むバイアス、ひいてはバイアスの破壊方向を探る、というように時間管理をすればいいでしょう。


ビジネスは学問と違って、真理を探求する必要がありません。学問であれば、質で思考のプロセス管理をすればいいのですが、そうすると質の判別ができないときにプロセスが停滞することになる。ビジネスでは徹底的に量(数や時間など)で管理すべきで、そうすれば思考プロセスが常に動き続けることになります。


基本は絶対に「質」よりも「量」です。たとえば会議で「アイデアを5個出そう」と言えばすぐに出ますが、「すごくいいアイデアを5個出そう」と言ったとたんに話し合いが止まってしまいます。いいか悪いかの「質」は主観であり、神様でも判断できないものです。


仕事中、50%の時間はアイデア自体にフォーカスしていますが、残りの50%はバイアスを探ること、バイアスを壊すことを考えています。


バイアスがあるから僕たちは効率的に生活できるのですが、それに縛られていたらイノベーションは起きません。まずは何がバイアスになっているのかを見極めて、それを破壊することでイノベーションが生まれてくるのです。


ミーティングの事前準備は一切必要としません。僕がクライアントとミーティングするときは、全く情報の事前インプットを要求しません。できるだけ少ない情報で相手と会います。その代わりミーティングの初日は相手の話を質問も挟まないくらいに、注意深く聞きます。最初に話すことは、相手が意識しなくても非常に重要な意味を含んでいるからです。そして、自分の限界点まで頭を働かせて相手の話を解析します。


僕は企画のアイデアや出会う人、すべてのことを無意識のうちに構造的に見ています。頭の中では、歩いているときからシャワーを浴びているときまで、1日に100個以上のダイヤグラム(図表)が浮かぶ。仕事のときは、それらのダイヤグラムをモレスキンのノートにひたすら描いていきます。これは単に思考を具現化するためであって、あとから見直すことは全くありません。結果、大量のノートを消費することになります。


濱口秀司の経歴・略歴

濱口秀司、はまぐち・ひでし。日本のビジネスデザイナー。京都大学卒業後、松下電工(のちのパナソニック電工)に入社。新事業企画部長、同社米国研究所上席副社長、米ソフトウェアベンチャーCOO(最高執行責任者)、米デザインコンサルティング会社「Ziba」戦略ディレクター・エグゼクティブフェローなどを経て「monogoto」を設立。

他の記事も読んでみる

冨安徳久

本の執筆は主に朝です。私は5時に起きて、新聞を読んだりメールをしたりするのですが、その朝の2時間を使いました。ちなみに、ジムに通う時は4時起きです。人は平等に1日24時間しか与えられていませんから、時間は大切に使わねばなりません。


ルディー和子

生物物理学者は、人間の脳はいろんな状況を生き抜くために融通性が高く、いつも揺らいでいると言います。意識的に建前を応えたり、嘘をつく人もいますが、本人も気づかない無意識のところで判断をしていることがほとんどなので厄介なのです。


畑村洋太郎

英語の言いかえを考えるときに限られますが、私がよく活用するのは、ウェブスターの英英辞典です。この辞典は、概念を他の言葉で代替するのではなく、それを構成する要素について解説を試みています。さらに嬉しいのは、初出がいつで、時代とともに概念がどのように変化したのかという時間軸まで加わっている点です。時間軸を加えると、概念を立体的に把握しやすくなります。これは日本の辞書に見られない特徴です。


田中良和(GREE)

1年ほど前に、ある地方で講演を行う機会がありました。グリーも創業当初は、周囲から「うまくいかないよ」と言われ、しばらくはサービスを維持するのがやっとという時期がありました。そうした会社の歴史などをお話しすると、皆さんから、「簡単にうまくいって成長したと思っていましたが、山あり谷ありだったんですね」と言われました。どうしても、うまくいっている部分だけが世の中に広まっていきますからね。


竹内一郎

テレビに出ている人たちのように、見られることを意識して生活している人は、つねに磨かれているようなもの。美男美女ではなく、三枚目のキャラクターだと思われている芸人でも、魅力的な外見を持っているものです。


栗山年弘

弊社は従来から市場の多角化にも取り組んでいます。我々はスマートフォンやテレビなどの最終製品に特化した会社ではないため、それぞれの市場で培ったノウハウや技術を別の市場へソリューションとして提案することが可能です。ですから製品も、入出力のHMI(Human Machine Interface)、センサー、コネクティビティ(通信)と機能で分けていて、例えば家電で培ったHMI技術を自動車へ提供できますし、今度は産業機器やヘルスケア市場にも提供していきます。もちろん市場によってRight Spec(最適なスペック)は違いますがベースとなる技術は共通です。そこが部品メーカーの立ち位置だと思います。


江上治

自分が現在よりもよくなろうと思ったら、考え方も行動もまったく異なる方法を選ばなければならない。


津坂純

自分なりの仮説を立てたら、とにかく実行する。バットを振るんです。10回振って3回当たれば、3割打者です。1回も振らなければゼロです。得点できません。


須田将啓

やりたいモノやサービス自体については誰よりも考えていなければいけません。「とにかく自分がこのサービスを使いたい。だから私に任せてくだきい」といえるのが一番強い。「このサービスのターゲットは自分です」といえる状態で企画を持っていくのが最強だと思います。


ゲーテ

学術においても、実際は人は何も知ることはできない。つねに実践が必要である。


関谷英里子

勉強というのはゆっくりでも続けていれば、少しずつ力がついていきます。力がついてくることで、学ぶこと自体が楽しくなって、ペースも上がってきます。ですから、最初は毎日やると決めていたことが、実際は一週間に一日しかできなくても、まったく気にする必要はないのです。


西脇俊二

お金やモノといった刺激は持続力がありません。人を満足させるのは簡単なもので、「賞賛の言葉」で十分。お金よりもはるかに意欲を保てます。ただし、相手のタイプにより、褒める内容やシチュエーションが変わってきます。その人の最重要な価値観に合わせて内容を変えるべきなのです。