名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

澤部肇の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

澤部肇のプロフィール

澤部肇、さわべ・はじめ。日本の経営者。TDKの社長・会長。東京都出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、東京電気化学工業(のちのTDK)に入社。経営企画室副部長、記録メディア事業本部欧州事業部長、取締役記録デバイス事業本部長などを経て、社長、会長に就任。

澤部肇の名言 一覧

変化が激しい中だからこそ、ブレない軸がなければ適切な判断はできない。


東日本大震災では、日本人がもともと持っている「対応力」という特性が発揮されました。ただ、それを事前にやっておかない点が、日本勢の弱点です。企業は「リスク、リスク」といってリスク委員会などを設けたりしていますが、本当の意味で起こりうるリスクまではコストに加えていません。日本は地震国ですからどんなことでも「あり得るな」と思わなくてはいけません。


人員のリストラもやむを得ませんが、それだけでは社内が摩耗してしまいます。もっと、いろいろ手を打つべきです。


いい技術でいい製品をつくれば、しばらくは追いつかれないと思う甘さ、デジタル時代の怖さにも、日本企業はようやく気づきました。この1、2年経営者の間に浸透しました。あとは、行動を起こすスピードが必要です。


ものづくりで成功している世界の企業には、2通りあります。ひとつは、市場の好奇心を引き出し、使ってみたいと思わせる力を持つ製品を出す企業。もうひとつはできるだけ安く、シンプルな製品をつくる企業です。


世界で高水準を保つためには、日本人研究者だけでは足りません。核となる技術の研究でも、中国人やインド人などを投入していくことが必要です。いま、TDKには全世界で博士号を持っている社員が300人近くいますが、日本人は約100人弱だけで、中国人が約150人と最も多くなっています。そのうち何人か、チームワークに向いている人を日本に連れてきています。


もちろん守るべき情報は徹底的に守ることが大事ですが、雇った外国人が辞めていく場合でも同じですし、海外拠点がマザー工場になれば技術流出が避けがたいことも覚悟しておく必要があります。ただ、いかなる技術もいつかは陳腐化します。守ることに汲々としてグローバル化が遅れては、生き残れません。覚悟を決めて、次のイノベーションを目指すべきでしょう。


TDKでは国籍を超えて優秀な人材を活用しています。コストを下げるだけではなく、生み出す価値の方を増やすためです。


賢者は歴史から学び、愚者は経験から学ぶといいます。私はまだ愚者だから、経験から学ぶことが多いのです。失敗の経験を繰り返し、歯ぎしりしながら是正してきたというのが実情です。


企業の美しさは財務諸表に表れます。たとえば損益計算書で、利益率が高ければ高いほどいいのでしょうか。そうではなく、次の成長に向けてきちんと投資をし、従業員への正当な報酬を支払うことで、美しくバランスするのです。


正論は時に人を傷つけます。議論に勝っても、相手がこちらを向いてくれなければ仕事になりません。それを忘れてはいけません。


何が正しいかの解は状況によって変わることがあります。しかし、美しさは変わりません。だから企業でも人の生き方でも、美しさにこだわらなければいけません。


外国語の新聞・雑誌を読む作業は、苦労はありますが実りが多いと思っています。中国問題ひとつとっても、日本の新聞と外国メディアとではとらえ方がまったく違うからです。私たちは、帰国したときに情報に遅れてしまうのではないかと不安になり、海外へ出たときも日本の新聞を手にしてしまいます。しかし、ときには外からの目で世界や日本経済を見ることも必要なのです。


利益のために商品を不当に高く売るとか、従業員や仕入れ先、地域社会に迷惑をかけるようなことはあってはなりません。そうではなく、「美しい利益」をあげることが大切なのです。私はこのような考え方を歴代社長のもとで徹底的に叩きこまれました。


売上高が確保できればそれでいいではないかという考え方もあると思います。しかし、私は利益率にこだわりたい。利益率は会社や事業に対する非常にフェアな評価であると思うからです。


歴代社長のもとで徹底的に叩きこまれたトップとしての心構えは要約すると5つです。(1)フェアであれ。(2)努力せよ。(3)スピードを重視せよ。(4)数字には限界がある。それを知らないと大変な間違いを犯す(5)企業は芸術だ。


みんなが正しいと思っていることが、時代とともに変わってしまうことは珍しくありません。その点、美しいことは変わりません。経営で言うなら、利益だけでなく、社会的役割を大切に考えること。社会の公器として、どんな時代でもこれだけは大切にしなければいけないもの。それが美しさではないかと考えます。


澤部肇の経歴・略歴

澤部肇、さわべ・はじめ。日本の経営者。TDKの社長・会長。東京都出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、東京電気化学工業(のちのTDK)に入社。経営企画室副部長、記録メディア事業本部欧州事業部長、取締役記録デバイス事業本部長などを経て、社長、会長に就任。

他の記事も読んでみる

西山逸成

僕にとってはパンも料理もひとつのツール。これを使ってお客様をどう喜ばせるか。お店はそのための装置。


大谷昭宏

プロ野球選手だって打率3割あれば上出来なんだから、仕事も3割うまくいけばいいんですよ。


樋口泰行

外資系企業の日本法人トップは、本社の力を最大限に活用しつつ、いかに日本のお客様・パートナー様のお役に立てるか、そして従業員にそのミッションを浸透させるかが使命。例えるならメッセージソングを歌い上げるようなものです。


似鳥昭雄

社内では、仕事は自分のためにやりなさいと言っています。会社のため、社長のためではなく、自分の技術を高めていくために仕事をやりなさいと。そうやっていけば、価値のある人間になる。そうしたら給料も上がるし、責任も上がるし、自分のやり甲斐もできます。


水野幸男

外国から評価の安定したソフトウェアを買ってくる手法は、確かに手軽で安上がりです。しかし、そればかりでは独自技術は育ちませんし、現場の意欲が高まるはずもありません。


小栗成男

部下を注意するときは「なぜ、そう考えるのか」を真剣に聞いてから、こちらも指摘する理由をできる限りわかりやすく伝えるようにしています。


伊庭正康

トップセールスの人達は、営業する際に必ずシナリオを用意しています。だから話が早い。下準備は重要です。とはいえ準備に時間をかけ過ぎず、集中してやっていました。


山崎元

仕事や勉強をするとき、やる気が湧いてこないなら、まず、本当にやる必要があるのかを考えてみるといいでしょう。たとえば、語学ができたら情報収集の幅も広がるし、仕事で活かせることもあると思って勉強をしてみても、モチベーションが上がらないことがあります。そこで「勉強しなくても困らないのではないか?」と思い直し、 実際やめて困らなかったということがよくあります。本当に必要があるかどうかの見極めが重要です。


ビリー・ビーン(球団経営者)

データは「勝利に結びつくもの」と「そうでないもの」を峻別した。それまで球界で重視されてきたのは打率と打点だった。しかし、このふたつは偶発性に左右される要素が強い。当たりが悪くてもたまたま野手がいないところにボールが飛べばシングルヒット程度にはなる。多くの打点をあげられたとしても、それは自分の打席の前にランナーが溜まっていたからだ。そこで我々が注目したのは、こうした偶発性に左右されにくい出塁率と長打率だ。


平野洋一郎

開発の人間も売ることを知らないと、自分の思うソフトを世に出せない。


八木洋介

グローバル競争に勝ち抜くために、年齢も性別も国籍も関係なく、優秀な人材を発掘し、育て、登用する。そこには年功制の要素はない。


林文子

私がBMWに就職活動をした当時は、今とは違って人を採用する際には年齢や性別の制限がありましたから、普通なら40代の女性を採用する会社はないだろうと最初から諦めてしまいますが、私は誠意を持って伝えれば、必ず気持ちは通じると信じていました。年齢や性別がハンデになるとしても、「実年齢よりも気持ちは若いし、体力もある。ぜひ私にやらせてください」と言えば、相手も受け止めてくれるはずだと考えました。