澤部肇の名言

澤部肇のプロフィール

澤部肇、さわべ・はじめ。日本の経営者。TDKの社長・会長。東京都出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、東京電気化学工業(のちのTDK)に入社。経営企画室副部長、記録メディア事業本部欧州事業部長、取締役記録デバイス事業本部長などを経て、社長、会長に就任。

澤部肇の名言 一覧

変化が激しい中だからこそ、ブレない軸がなければ適切な判断はできない。


東日本大震災では、日本人がもともと持っている「対応力」という特性が発揮されました。ただ、それを事前にやっておかない点が、日本勢の弱点です。企業は「リスク、リスク」といってリスク委員会などを設けたりしていますが、本当の意味で起こりうるリスクまではコストに加えていません。日本は地震国ですからどんなことでも「あり得るな」と思わなくてはいけません。


人員のリストラもやむを得ませんが、それだけでは社内が摩耗してしまいます。もっと、いろいろ手を打つべきです。


いい技術でいい製品をつくれば、しばらくは追いつかれないと思う甘さ、デジタル時代の怖さにも、日本企業はようやく気づきました。この1、2年経営者の間に浸透しました。あとは、行動を起こすスピードが必要です。


ものづくりで成功している世界の企業には、2通りあります。ひとつは、市場の好奇心を引き出し、使ってみたいと思わせる力を持つ製品を出す企業。もうひとつはできるだけ安く、シンプルな製品をつくる企業です。


世界で高水準を保つためには、日本人研究者だけでは足りません。核となる技術の研究でも、中国人やインド人などを投入していくことが必要です。いま、TDKには全世界で博士号を持っている社員が300人近くいますが、日本人は約100人弱だけで、中国人が約150人と最も多くなっています。そのうち何人か、チームワークに向いている人を日本に連れてきています。


もちろん守るべき情報は徹底的に守ることが大事ですが、雇った外国人が辞めていく場合でも同じですし、海外拠点がマザー工場になれば技術流出が避けがたいことも覚悟しておく必要があります。ただ、いかなる技術もいつかは陳腐化します。守ることに汲々としてグローバル化が遅れては、生き残れません。覚悟を決めて、次のイノベーションを目指すべきでしょう。


TDKでは国籍を超えて優秀な人材を活用しています。コストを下げるだけではなく、生み出す価値の方を増やすためです。


賢者は歴史から学び、愚者は経験から学ぶといいます。私はまだ愚者だから、経験から学ぶことが多いのです。失敗の経験を繰り返し、歯ぎしりしながら是正してきたというのが実情です。


企業の美しさは財務諸表に表れます。たとえば損益計算書で、利益率が高ければ高いほどいいのでしょうか。そうではなく、次の成長に向けてきちんと投資をし、従業員への正当な報酬を支払うことで、美しくバランスするのです。


正論は時に人を傷つけます。議論に勝っても、相手がこちらを向いてくれなければ仕事になりません。それを忘れてはいけません。


何が正しいかの解は状況によって変わることがあります。しかし、美しさは変わりません。だから企業でも人の生き方でも、美しさにこだわらなければいけません。


外国語の新聞・雑誌を読む作業は、苦労はありますが実りが多いと思っています。中国問題ひとつとっても、日本の新聞と外国メディアとではとらえ方がまったく違うからです。私たちは、帰国したときに情報に遅れてしまうのではないかと不安になり、海外へ出たときも日本の新聞を手にしてしまいます。しかし、ときには外からの目で世界や日本経済を見ることも必要なのです。


利益のために商品を不当に高く売るとか、従業員や仕入れ先、地域社会に迷惑をかけるようなことはあってはなりません。そうではなく、「美しい利益」をあげることが大切なのです。私はこのような考え方を歴代社長のもとで徹底的に叩きこまれました。


売上高が確保できればそれでいいではないかという考え方もあると思います。しかし、私は利益率にこだわりたい。利益率は会社や事業に対する非常にフェアな評価であると思うからです。


歴代社長のもとで徹底的に叩きこまれたトップとしての心構えは要約すると5つです。(1)フェアであれ。(2)努力せよ。(3)スピードを重視せよ。(4)数字には限界がある。それを知らないと大変な間違いを犯す(5)企業は芸術だ。


みんなが正しいと思っていることが、時代とともに変わってしまうことは珍しくありません。その点、美しいことは変わりません。経営で言うなら、利益だけでなく、社会的役割を大切に考えること。社会の公器として、どんな時代でもこれだけは大切にしなければいけないもの。それが美しさではないかと考えます。


澤部肇の経歴・略歴

澤部肇、さわべ・はじめ。日本の経営者。TDKの社長・会長。東京都出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、東京電気化学工業(のちのTDK)に入社。経営企画室副部長、記録メディア事業本部欧州事業部長、取締役記録デバイス事業本部長などを経て、社長、会長に就任。

他の記事も読んでみる

池田松次郎

自分が潰されないようにそればかり考えた。雑念は気にせず、馬耳東風と心がけ、さらにヤケ酒はなるべく飲まずに本を読んで嫌なことを忘れるようにしたものです。一番ストレス解消に役立ったのは天文学の本でした。


田島敏弘

一流の経営者になる条件として、日本でもアメリカでも奥さんがよくないとダメだということだと思います。経営者は多くの人間の生活を預けられている以上、モーレツ型にならざるを得ないが、その間、家庭をしっかり守っていく奥さんがいないと、経営者として十分に活躍していくことができなくなってしまいます。


鳥原隆志

関係者への根回しを怠っているために、成果を出せない「もったいない人」が多い。


井深大

他人がやらないことに全力を注げ。


谷井昭雄

たとえ適性に見合っていなくても、今いる部署で与えられた仕事に一所懸命取り組めば、おのずと適材適所になっていく。


井筒和幸(映画監督)

映画は非日常を楽しむもの。映画で涙を流したいとか癒されたいとか言うなら、チケット代で美味いもんでも食いに行けばいいんや。


藤田紘一郎

2010年、米国科学アカデミー紀要(PNAS)に、生活習慣病の危険因子が長寿に及ぼす影響を調べた論文が掲載されました。これは、100歳以上の約1700人の長寿者と若年群の全ゲノムを解析した研究です。これまで多くの病気は、生活習慣と遺伝的要因が互いに関与し合って発症すると考えられており、100歳以上の長寿者は病気を起こすリスク遺伝子がないか、もしくは少ないのだろうと推測されていました。研究の結果は、病気のリスク遺伝子に関しては両者のあいだにほとんど差がないというものでした。つまりどの世代においても、リスク遺伝子の数の多さが生活習慣病の発症を決定付けているわけではないのです。


江上剛

銀行員時代、支店長として赴任した先の引継ぎで、前任者から「この支店では3人しか仕事をしていない」と言われて驚いたことがあります。確かにその3人は優秀でしたが、前任者は彼らにばかり仕事をさせることで成果を上げていました。これは成果主義の弊害でもあります。そこで私は、男女の区別なく順番を決めて、毎日、一人の部下と一緒に取引先を回りました。ときには、喫茶店に入ってお茶を飲みながら部下と話をして悩みを聞いたりしました。それは、部下の人となりを見つける貴重な時間でもあります。


堀場雅夫

異国でしんどい経験をすれば、それだけ人生の幅は間違いなく広がる。まずは行ってみることや。


ピエール・ナンテルム

IBMなどは技術については強いでしょう。ただし、業界ごとにIoTをどう活用するかといった専門知識やソリューションの提供では、アクセンチュアが差別化できると考えています。最適なパートナーから技術を調達したうえで、当社が組み合わせて提供するというスタンスです。


マザー・テレサ

このお金でいくつのパンが買えますか?
【覚え書き|ノーベル平和賞授賞時の発言】


市江正彦

重要性を感じ、新たな方針として「お客様への約束」というものを作りました。それはお客様からの信用、信頼をまずは回復しようということでもありました。その中でも、安全はもちろん最優先にしますが、次に、お客様の時間を大切にしようということで欠航、遅延は最小限にする、やむを得ない場合は他社の便を利用してでもお客様にご迷惑をかけないようにしましょう、としました。私自身、「1に安全、2に定時、3に経済性」と言い始め、利益よりもまず「時間どおり」ということを優先させたのです。


長榮周作(長栄周作)

人によって教え方が異なりますから、すべてをそのまま受け取っていると、わけがわからなくなってしまう場合もあります。そこで混乱したまま放置せず、しっかりと自分の頭で考えることで、自分なりの剣道、自分なりのビジネスのノウハウを構築できるのではないでしょうか。まずはしっかり受け止め、そこから独自色を出していく。


金子靖代

お客様の声をきちんと拾って、一つひとつ改善していけば、CS(顧客満足度)は必ず上がっていく。


作山若子

大きな組織の中では、仕事と家庭の両立が難しくなり、もっと自分らしい仕事をしたいと、いつしか考えていました。また、妊娠・出産を経て、自分が食べたり飲んだりしたものが、すべて子供に影響することを実感したため、自分が心から納得した商品を消費者に提供していきたいと思うようになりました。


ページの先頭へ