名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

潮田健次郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

潮田健次郎のプロフィール

潮田健次郎、うしおだ・けんじろう。日本の経営者。アルミ建具大手「トーヨーサッシ」創業者。

潮田健次郎の名言 一覧

経営者には喜びがある一方で、一度失敗したら奈落の底だ。


会社の業績が上がれば営業トップもそこで働く人間も自然に風格がてくる。不思議なことだがこれは事実だ。仕事が人を作るんです。


企業家は会社の使命を確立しなければなりません。自分はどのようにして富を生み出すのか明確にしなければならない。ドラッカーが言っていますが、組織というものには元々共通点がない。しかし、いけばな教室でも、山岳クラブでも、会社でも、たったひとつだけ共通しているのは目的です。目的がなければ、組織が存在しない。だから企業家は組織が存在する理由を明らかにしなければならないのです。


彼は経済成長がどういうときに起こるのかを検討した。「イノベーションが起きたときに経済は成長するんだ」ということを初めて言った。その国の経済なり産業なりが成長するためには必ずイノベーションがある。新しい経営方式や新しい企業が出てきて、古い企業を破壊していく。「創造的破壊」と言っているのですが、それで経済が成長し、国が成長していく。それがなければ経済成長はありえない。


企業家とはそういう改革をする人を言うのです。自分の全責任のもとに会社を立て直し、ものすごく元気のいい会社にして行く。一般に企業家というと、創業者を含めて会社を所有している経営者を言うのですが、そうではなく、自分の全責任で仕事のイノベーションができる人。それが企業家です。


褒章の類いにはこれまで関心はなかったんですが、もらえばやはりうれしい。ですから将来、次は勲一等をもらいたいと思います


潮田健次郎の経歴・略歴

潮田健次郎、うしおだ・けんじろう。日本の経営者。アルミ建具大手「トーヨーサッシ」創業者。

他の記事も読んでみる

松井道夫

会議をやって、全会一致で「それはいいですね。ぜひやりましょう」ということになったら、むしろそれを理由にしてやめます。経営者はひねくれていないとダメなんです。意外性がないのとオリジナリティがないのとは同義です。


カルロス・ゴーン

ビジネスの観点から言えば、1位であれ2位であれ3位であれ、意味はありません。というのも1位から3位までの差は30万台強。ビジネス上の意味はないと思っています。重要なのは順位ではなくスケール(規模)。企業が一定の規模以上になり、その規模を賢く活用できれば、ビジネスをする上で大きな意味を持つことになります。年間1060万台売っているところと400万台売っているところでは、購買力、開発力、生産力などで大きな差が出てくるからです。


高橋俊介

すべてのジャンルを網羅するのは難しいので、自分の守備範囲でいい。複数の切り口で世の中の原理原則を知っておくと、即興力が高まる。


横田雅俊

私たちは毎年、300社の営業担当者上位10%と下位10%、各100人を対象にアンケート調査を実施している。その中で、ファーストアプローチ後に受注できなかったお客様に対して、どのくらいの期間、アプローチし続けますかという質問を投げかけたところ、売れない営業担当者は平均6カ月、トップセールスは平均25カ月。トップセールスは4.1倍も長くアプローチを続けていた。


松木安太郎

30歳になったときは、まだサッカー選手として現役だったし、結婚して子供もできたころで、公私とも充実していた時期でした。でも不安でした。いまの時代なら現役をもっと続けるという選択も可能でしょうが、当時はある程度以上の年齢になった選手が活躍できる場所はほとんどなかったですから。けれどやっぱり、できるかぎりピッチに近いところにいたい。そんな気持ちから指導者になる道を選んだわけです。


冨安徳久

誰かのために生きなさい。この世に人として生を受けて生きることは、誰かのために行動を起こし、役立つということです。


羽生善治

いまの情報化社会では知識や計算は簡単に手に入る、出来るものです。だからもうあまりそれらに意味はない。これからの時代の人間にとって大事なのは決断する事だと思います。


ソクラテス

友と敵とを持たねばならない。友は忠告を、敵は警告を与えてくれる。


アレックス・ゴルスキー

真のパートナー企業と出合えるかどうかは我々の戦略上、重要な要素になっています。


西浦三郎

企業は時代が変わるたびに、新しいビジネスモデルを作る必要がある。


平田雄一郎

経営者が社員に「短い時間で同じ量の仕事をやれ」というのは、重い荷物を持った人に、もっと重い荷物を持たせるようなもの。仕事を減らせば余裕が生まれ、仕事の質を高められる。それが強さになる。


石坂典子

私は創業者の娘ですから、父親の背中を見て育ってきています。裸一貫から、ダンプ1台から始めてきた父です。すごい仕事だなというのは、この会社に入るときまで分からなかった。人様が嫌がる仕事、汚いゴミを分ける仕事をする社員さんたちを見たんですね。当時は露天ですよ。屋根もかかっていない。冬は寒い。夏は暑い。雨の日もカッパを着て仕事をしてゴミを分けているんですよ。普通の人はやりたがらない仕事ですね。そういう仕事をやって、社会に埋める廃棄物を減らしていくという、この人たちの報われる環境というのがあるのかって思ったのが最初でした。