名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

潮田健次郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

潮田健次郎のプロフィール

潮田健次郎、うしおだ・けんじろう。日本の経営者。アルミ建具大手「トーヨーサッシ」創業者。

潮田健次郎の名言 一覧

経営者には喜びがある一方で、一度失敗したら奈落の底だ。


会社の業績が上がれば営業トップもそこで働く人間も自然に風格がてくる。不思議なことだがこれは事実だ。仕事が人を作るんです。


企業家は会社の使命を確立しなければなりません。自分はどのようにして富を生み出すのか明確にしなければならない。ドラッカーが言っていますが、組織というものには元々共通点がない。しかし、いけばな教室でも、山岳クラブでも、会社でも、たったひとつだけ共通しているのは目的です。目的がなければ、組織が存在しない。だから企業家は組織が存在する理由を明らかにしなければならないのです。


彼は経済成長がどういうときに起こるのかを検討した。「イノベーションが起きたときに経済は成長するんだ」ということを初めて言った。その国の経済なり産業なりが成長するためには必ずイノベーションがある。新しい経営方式や新しい企業が出てきて、古い企業を破壊していく。「創造的破壊」と言っているのですが、それで経済が成長し、国が成長していく。それがなければ経済成長はありえない。


企業家とはそういう改革をする人を言うのです。自分の全責任のもとに会社を立て直し、ものすごく元気のいい会社にして行く。一般に企業家というと、創業者を含めて会社を所有している経営者を言うのですが、そうではなく、自分の全責任で仕事のイノベーションができる人。それが企業家です。


褒章の類いにはこれまで関心はなかったんですが、もらえばやはりうれしい。ですから将来、次は勲一等をもらいたいと思います


潮田健次郎の経歴・略歴

潮田健次郎、うしおだ・けんじろう。日本の経営者。アルミ建具大手「トーヨーサッシ」創業者。

他の記事も読んでみる

松本晃(経営者)

パートナー企業を選ぶのは、結婚相手を選ぶ時と同じです。相手は美人なのか、実家は金持ちなのか。そういうことより大切なのは、オネスティー(正直さ)でしょう。海外では相手を騙そうとするのはある程度常識です。騙された方が悪い。そんな中でも正直な経営者や企業を選ばないとうまくいきません。これから誰かと結婚するとして、相手の資産を調べ上げても仕方ない。見知らぬ海外でパートナーシップを組むとなれば、何より相手がオネストであること、そして経営者が優秀であることが大事です。


若林克彦(経営者)

清掃とは心で磨くもの、心の浄化。会社の始業時間は朝8時半ですが、8時には全社員が出勤してきます。そして、本社周辺の清掃を行います。


秋山進

なぜ上司があなたに仕事を任せてくれないのか。上司が置かれている状況や、上司のタイプを考えると3つの場合が考えられます。

  1. 上司が権限委譲したくてもできないと思っている場合。
  2. 権限を委譲した結果、困った事態が生じるのを上司が恐れている場合。
  3. 部下への権限移譲など決してできない性格の上司である場合。

河野英太郎

部下に仕事を任せるためには、自分がイメージしていたものと100%同じアウトプットが出なければならないという考えは捨てなければなりません。他人に仕事を頼めば、そのアウトプットに自分が思いもつかなかった要素が入ってくるのは当たり前です。方向性さえ間違っていなければ、細かい点が気に入らないからといって、自分色に染め直すのはよくありません。部下の個性を尊重し、自分にはない良い部分は活かしてあげましょう。


小泉光臣

コスト面のシナジーだけではM&Aのすべてを判断しません。やはり将来のシナジーまで見通さなければ、M&Aの効果は1度で終わってしまって、その後、一緒に成長を目指そうというモチベーションが起きませんよね。


金田一秀穂

そもそも「正義」って何でしょうか。絶対的な悪がないように絶対的な正義などないですよね。自分が信じるものを「正義だ」と考えれば、異なる文化や違う宗教を信じている人が「不正義」に映ることがままあります。戦争などの争いごとのスタートはたいていこれです。文化や信じるものが違うだけなのに、「我こそが正義だ」と考えた途端、そこに争いが生まれてしまうわけです。


前田修司

新製品を開発するとき、商品設計うんぬんより、まず仮の商品パンフレットを先につくってしまうこともありました。このパンフレットに書かれているような商品なら、お客様にも喜ばれ、営業員も自信を持って提案できるのではないかなど考えつつ、「さあ、我々でこの商品を開発しよう!」と全員に号令をかけるのです。


松本大

(ゴールドマンサックスをやめた時)ゴールドマンのパートナーがいったいどんなポジションかを知っている人からは、「お前はinsane(=狂人)か!」って言われました。”insane”という言葉を使ってきたんですよ。それで、「信じられない!」と言って。同僚のパートナーもそうでしたね。


野村克也

何事も「すべて勝つ」必要なんてないんだよ。限られた力、人員を疲れさせないために、ある部分は諦めて力を溜めて、全力を出せる時まで待つ。たとえば、そんな意識を持つことが、「まず諦めるが勝ち」を生むひとつの原理といえるだろう。


工藤公康

ただ力を込めても速い球は投げられない。


田口一成

あるNGO職員の方からこう教えてもらったんです。「自分たちの活動は寄付に支えられているが、やっているのは波打ち際に砂山をつくるようなもの。つくってば波に消され、またつくって消されるという繰り返し。本気で貧困問題を解決したいなら、お金もコントロールする力を持たないといけないよ」と。それを聞いて、自分はボランティアではなく、ビジネスでアプローチしようと考えました。売上高1兆円の企業をつくって1%を寄付したら、毎年100億円出せる。安直ですが、貧困を解決するにはそれが近道だと。


古屋兎丸

何をやるにしても確信を持ってやっていないんですよ。やりながら「いいのかなこれで」と常に思っていますね。