名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

潮田、滋彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

潮田、滋彦のプロフィール

潮田、滋彦、うしおだ・しげひこ。日本のコンサルタント、ビジネストレーナー。東芝エンジニアリングで海外プラント営業、人材開発センター社内教育トレーナーなどに携わる。その後、トゥ・ビー・コンサルティングを設立。著書に『知恵の素 アイディアがどんどんわいてくる』『速習! シンプルに文章を書く技術 読み手をうならせる32のテクニック』ほか。

潮田、滋彦の名言 一覧

人は、自分で実感したとき、現実の世界で行動を起こしていきます。


他人から「もっと勉強しなさい!」と言われるより、「ああ、もっと勉強しなくちゃ駄目だな」と自分で実感したほうがパワーにつながるのです。


プレゼンの反省をする人は多い一方、うまくいったところを見つけて自分をほめる人は少ないようです。反省も大切ですが、反省ばかりでは自己嫌悪に陥ってしまい、プレゼンに対する苦手意識だけが残ってしまうことになりかねません。


プレゼンの本番では、自信をもって話しましょう。「上手に話そう」「完璧に話そう」ではなく、「相手にわかってもらおう」という姿勢で臨むのです。プレゼントは相手に「プレゼント」をすることだという意識を忘れないでください。相手にいかに価値を渡せるかが大事なのです。


プレゼンの直前は自分の「弱み」を気にしてしまいがちですので、「強み」に意識を向けるようにしてください。それが、本番での自信になります。「強みなどない」と思われるかもしれませんが、何かあるものです。声が大きい、相手の目をみて話せる、笑顔で話せる、雰囲気を和ませられる、テーマに対する愛着が誰よりもある、といったことが、何かひとつあればいいのです。自分のよさを活かしたプレゼンを行なうことを考えてください。


呼吸を整えることは、落ち着くためにとても有効です。椅子に深く、ゆったりと腰かけて、背筋を伸ばしましょう。そして、鼻からゆっくりと息を吸い、お腹で一度ためてから、口からゆっくりと吐き出します。吸った時間の2倍ほどの時間をかけて、ゆっくりと吐くのがコツです。不安や緊張も一緒に吐き出すように、身体の筋肉の緊張なども解いていきます。1~2分もすれば心が落ち着き、地に足の着いた感覚で話せるようになります。


原稿をプレゼンの場に持参するときは、マーカーなどで、キーワードが目につくようにしておきましょう。キーワードを大きめのフォントにするのもお勧めです。こうしておけば、緊張していても、伝えるべき内容と全体の流れを、その場でひと目で捉えることができるでしょう。


プレゼンの原稿を事前に一語一句きっちりと書いておかないと安心できない、という人も少なくないようですが、原稿を読み上げていると、緊張のあまり、どこを読んでいるのかがわからなくなってしまうリスクがあります。そうならないためにも、キーワードで押さえておくことが有効なのです。キーワードをみれば何を話せばいいのかが頭に浮かぶようにするのです。


講師として登壇することは、自分の人間的成長にもつながります。


「学習定着率」という言葉をご存じでしょうか。教え方によって、その後の記憶度がまったく違うことをデータで表したものです。これによると、一方的な講義では、受講者の学習定着率が低い結果になっています。参加型の進行にすることで、受講者に強い印象を残すことができるようになるのですね。データがすべてではありませんが、重要な考え方ではないかと思います。


講師は単に内容を伝えればよいというものではなく、それがいかに相手に伝わったかが重要です。しっかりと情報・知識・メッセージが伝わり、研修後の受講者の行動変容につながってこそ価値があるわけです。これは技術教育でもまったく一緒です。


人前で話をするときは、緊張します。「しっかりと用意した内容を言わなくてはならない」「自分は人からどう見られているだろうか」などと考えてしまうと、意識が自分に向かいます。人前で話すことは、相手に対して情報のプレゼントをする場であるはずなのに、相手よりも自分に意識が向くことはおかしいですよね。


私はこれまで、数えきれないほど多くの研修に参加してきましたが、研修スタートのあいさつや案内の姿勢で研修の雰囲気がセットされてしまうことにほとんどの人が気づいていません。それはたった1分の事務連絡でも、5分の人材開発課長のあいさつでも、30分の役員基調講話でも同じです。その企業の人材開発に対する本気度が、ハッキリと受講者に「空気」として伝わってしまうのです。


研修スタッフや講師の姿勢は、そのまま受講者に伝わるものです。もちろん、階層教育などで役員や上級管理職者が行う「講話」も同様です。


企業研修では、社外の講師が語るからこそ高い価値があるものもありますし、逆に社内の人が教えるからこそ効果的なものもあります。


「講師」という仕事は、自分を育てる最高の経験になります。相手を常に意識して、分かりやすく情報を伝える(コミュニケーションを取る)体験を通して、それが自分の現場にそのまま活かせることが実感できるのです。


潮田、滋彦の経歴・略歴

潮田、滋彦、うしおだ・しげひこ。日本のコンサルタント、ビジネストレーナー。東芝エンジニアリングで海外プラント営業、人材開発センター社内教育トレーナーなどに携わる。その後、トゥ・ビー・コンサルティングを設立。著書に『知恵の素 アイディアがどんどんわいてくる』『速習! シンプルに文章を書く技術 読み手をうならせる32のテクニック』ほか。

他の記事も読んでみる

源氏鶏太

ユーモアとは人生の薬味である。同じそばを食べるにしても、そこに薬味を入れたのと入れないのとでは味に雲泥の差がある。薬味の入っていない人生では、味わいが薄い。


中村獅童(二代目)

「理想を高く持って頑張っていけば、必ず状況は変わる」と信じて生きた。だからどんな時でも、「いやいや、まだまだだ。こんなことで潰されるものか。いつか本物の役者になってやろう」と思えた。


鳥羽博道

内向的な性格だからといって引け目を感じることはないし、無理に明るい人の真似などする必要はない。常にお客様のために何ができるかということを考えればいい。そして、コツコツと仕事をして成果をあげればいいのだ。成果は必ず自身に結び付く。自分はまだ若いんだ。若いときはあれこれと戦略など考えなくてもいい。一生懸命やることが相手の心を動かすんだ。そのことを身を持って体験して、それからはさらに一生懸命働こうと心がけた。
【覚書き|18歳でコーヒー豆焙煎卸会社で営業をしていたときのことを振り返っての発言】


桐山一憲

多様な人材を抱える組織では、誠実さが最も重要であり、また最も難しい要件になります。たとえば日本人のリーダーが、ある国の人にバイアス(偏見)をもって接すると、相手の態度も同じようになり、仕事にスピードが出ません。相手の価値観を尊重するには、まず自分が誠実さと透明性を保ち、信頼を勝ち取ることが重要なのです。


匠英一

時間帯によってお客のタイプやニーズが変化するファストフード店では、時間帯に合わせてBGMを変えています。たとえばビジネスマンで混雑する朝は、回転率アップを狙ってアップテンポな曲を流しています。お昼過ぎから夕方にかけては客数が減るため、スローな曲を流し、滞在時間を長くして購買につなげています。


伊藤嘉明(経営者)

他人が当たり前にやっていることができない人は、どの組織でも必要とされません。その現実を直視すべきです。


豊島逸夫

日経新聞の記事は300万部以上の読者に読まれる。つまり市場に影響を与える材料としては新鮮味がない。日経が書いてから売買に動いても遅い。


林野宏

基本的に人は善人だと思っています。何かの事情で悪いことをしてしまうことはあるかもしれませんが、最初から悪人はいないと思っています。どんな人でも苦しいときがあって、好き好んで悪いことをするような人は少数派ではないでしょうか。


堀切功章

やはり当社が会社になる前を含めた300年の歴史の重みは無視できないと思います。この間、明治維新という歴史の転換点があり、二度の世界大戦があり、関東大震災という災害もありました。世の中がひっくり返るような大変化を幾度も経験しているわけです、そんな経験を積む中で、経営を長期的に見る視点が養われたのではないかと想像します。


高島宏平(髙島宏平)

仕事におけるコミュニケーションの最終目的は、「相手を動かす」ことにある。だから、「どう伝えれば、人は自分から動きたくなるのか」を考え、相手が納得して、即行動に移せるような言い方。伝え方を工夫することが大切。


飯田亮

警備保障はなにしろ未知の仕事で、しかも料金は三か月前納という条件ですから、どの企業もおいそれとは乗ってくれません。しかし、実家の酒問屋での修業時代に貸し倒れの恐ろしさを知った私には、料金前納はこの仕事の絶対条件だと思っていました。やがてぼちぼちと契約が取れはじめ、社員数も増えてきて、日本の中に警備保障という言葉が認知され始めました。


玉川勝

こんなに難しい国は他にありません。私は東南アジア、ラテンアメリカ、中東を渡り歩いてきましたが、インド市場の開拓は格段にハードルが高いと思っています。欧米や日本の成功体験をそのまま持ち込んでも成功しないうえに、他の新興国との違いも大きいからです。しかし、一筋縄でいかない市場にこそ、大きなチャンスが転がっています。大変なのはライバルも同じで、二の足を踏みがちだからです。