名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

潮凪洋介の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

潮凪洋介のプロフィール

潮凪洋介、しおなぎ・ようすけ。エッセイスト、イベントプロデューサー、講演家。早稲田大学社会科学部卒業。「エッセイスト養成塾 潮凪道場」「自由人生塾」を主宰。著書に『もういい人になるのはやめなさい』。

潮凪洋介の名言 一覧

大事なのは、本に書かれていることを実行すること。たったひとつのアクションが、人生を大きく変えることがある。


すごくいじめられた会社もありますよ。ムチャクチャな要求をしたり、人間的な否定もしてくる。でも、何をされようと、3年間は耐えようと思って、あえて「ピエロ」になりました。自分とは違う世界で修行していると考えて過ごしました。


自宅と会社以外の第三の場所をつくるといい。そこには自分の好きな人を集めてパラダイスにするんです。同級生でもいいし、昔のバイト仲間でもいい。その場所を持っていれば、たとえ会社で嫌なことがあっても、自分をすり減らさずに済む。


いい人をやめるには、まず「楽しくない時間に自分を慣れさせないこと」。たとえば、嫌な飲み会を断れない人は、手帳に本当に楽しい予定をバンバン書き込めばいい。予定があれば上司の誘いも断れるでしょう。


くじけそうになったとき、ちょっと弱気になったとき、私は「本」というコーチに何度も、いや何百回も励まされ、立ち直ることができた。1000円ちょっとの本が、人生そのものを支えてくれているのである。いい本はそのくらい大きな役割を果たしてくれる。


私には、自分を支えてくれる本がある。いつも机に置いておき、心が弱ったときや、モチベーションが下がったときにはそれを開くことにしている。自分が重要だと思った箇所にはラインを引いておき、時間がないときにはそこだけを斜め読みすることもある。そうして、心に再び情熱の火をともし、仕事に向かうのだ。


いい人をやめればいい。僕は、いろんな会社を転々としてきましたが、やっぱり100%全員に好かれることはないですね。無理です。どんなに好いてもらおうとしても、好きになってくれない、自分とは違うジャンルの人がいるんです。逆に何をやっても愛してくれる人もいる。だから、大事なことは、自分のチャンネルを知ることですよ。出会う相手すべてにチャンネルを合わせなくていい。


潮凪洋介の経歴・略歴

潮凪洋介、しおなぎ・ようすけ。エッセイスト、イベントプロデューサー、講演家。早稲田大学社会科学部卒業。「エッセイスト養成塾 潮凪道場」「自由人生塾」を主宰。著書に『もういい人になるのはやめなさい』。

他の記事も読んでみる

ジャック・ウェルチ

変化を起こそうとしているリーダーは、変化の必要性を訴える必要があります。そして、その主張を聞く者が自分のこととしてとらえられるように持っていかなくてはなりません。勇気を出して、事細かに説明してください。業界の動き、利幅、新技術、政治動向などあらゆることについての集められる限りのデータを使って、変化しなければどうなるか、変化したらどうなるかという2つのシナリオを描きだしてください。


岸博幸

企業側は大学で学んだ知識には期待していません。会社に入って伸びるかどうかということに期待しているのです。


塚本こなみ

私はあしかがフラワーパークで、うつの青年が植物と触れ合うことで、見事に立ち直った例を見てきました。植物には「人間性復元力」があると思います。その力を活用した「人の心の回復」こそ、公立の植物園がやるべき仕事だと思っています。


高橋がなり

僕は嫌な上司になりきれないので、社員には申し訳ないと思っています。上司は理不尽にならないといけないんです。そうすると部下たちは、結果を出さなければならないということを体で知って、プロに育っていけるからです。何につけて理由をちゃんと聞いてあげると、部下はどんどん甘えるようになる。これを僕は弱者の連鎖反応と呼んでいます。かといって、理不尽だけでは駄目で、嫌われながらも慕われる上司にならなくてはいけない。「このオヤジ、理不尽だけど、才能が圧倒的に違うわ」と。


小杉俊哉

人は「でも」「しかし」といった言葉を一度発してしまうと、その後に続く否定的な言葉を見つけ出そうとします。イノベイティブな仕事であればあるほど、その目標を実現できる可能性以上にできない可能性が存在しますから、否定的な言葉を見つけるのは簡単です。けれども、「できない」といってしまうと、改革や改善を成し遂げることは不可能ですし、独創性の高い新商品を生み出すことはできません。だから上司は部下のそうした発言を嫌うわけです。


立川志らく

タレント業に勤しんでいると、落語の腕が落ちるぞとお叱りを受けるかもしれない。かといって、職人芸はそれだけやれと言われても上達するものでもない。テクニックだけを追求しても限界があるのだ。それよりも、ある程度のキャリアを積んだら、いろいろな世界を見ることのほうが大切だ。なぜなら、表現力や豊かな人間性は人とは違った経験を通じて磨かれるものだからだ。これはどんな仕事も同じだろう。とはいえ、私はテレビに魂は売らないのでご安心いただきたい。本業は落語家であり、他はあくまで芸の肥やし。これからも芸の追求に邁進していく所存である。


太田肇

さまざまな論説等でよく引用される「マズローの欲求階層説」において、承認の欲求は、最高位の自己実現の欲求に次ぐ、二番目の欲求に位置づけられる。人が仕事をする際、もちろん自己実現の欲求も大きな動機となるだろう。しかしそれ以上に、承認の欲求を満たすことは、やる気を高める原動力となりうる。


清田瞭

私は営業ではお客様から信頼を得ることが、礼儀や話術といった技術的なものより、はるかに大事だと思います。同じ情報についても、人により様々な受け止め方があります。そこでそのいろいろな見方を紹介したうえで、「しかし私はこういう理由でこう考えています。だからこの商品をお勧めします」という具合で話をします。


堀江貴文

気づいている人間にはチャンスがたくさん巡ってくるわけです。この時代の転換期に旧来の社会システムの破たんに気付かず、ぼんやりしていれば他人から搾取されるだけなのです。それが良い悪いという話ではありません。僕が言いたいのはこれは歴史上で繰り返されてきた事実だということです。


水田正道

人材サービスは情報がすべて。


山添茂

未来など誰も予測できないけれども、これまでの延長線上のことをやっていては、生き残ることはできません。変化に打ち勝っていくには、若い社員が仕事に誇りと意欲を持ち、挑戦できる会社にしていかなければなりません。


能町光香

誰かがデスクから声をかけてきて「相談があるんだけど、あとで時間くれる?」と言われる場面がよくありますね。実はこの瞬間も、仕事を速くするチャンスです。声をかけてくるということは、その人はいまなら時間があり、かつその案件について考えているということ。つまり、ちょうどいいタイミングなのです。ならば「いまここで話しますか?」と答えてしまえば話が早い。内容によっては即決も可能です。