名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

滝澤光樹の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

滝澤光樹のプロフィール

滝澤光樹、たきざわ・こうじゅ。日本の経営者。システムインテグレーターの「インテック」社長。富山県出身。富山大学工学部卒業後、インテックに入社。取締役、常務取締役、取締役CTO(最高技術責任者)執行役員専務、インテックホールディングス取締役副社長、ITホールディングス取締役副社長、インテック取締役副社長などを経て社長に就任。

滝澤光樹の名言 一覧

当社はモノではなく、社員の集合体です。社員の成長こそが、企業の成長に直結します。


お客様のニーズやリクエストに基づいた提案だけでは、その期待に十分に応えたとは言えません。当社が目指すのは、さらにお客様のニーズを先回りした提案や新しい事業です。


創業の地である富山に脈々と受け継がれる「進取の精神」を忘れずに、引き続き人材育成などへ注力し、さらなる成長を図っていきます。


当社では「サービスプロデューサー育成プログラム」を開始しました。これは、ビジネス環境の変化に対応する人材の育成を目的にしたもの。アイデアを持った社員を公募し、実際に新規事業の企画をテーマに事業計画書を作成するなどの取り組みを行っています。


滝澤光樹の経歴・略歴

滝澤光樹、たきざわ・こうじゅ。日本の経営者。システムインテグレーターの「インテック」社長。富山県出身。富山大学工学部卒業後、インテックに入社。取締役、常務取締役、取締役CTO(最高技術責任者)執行役員専務、インテックホールディングス取締役副社長、ITホールディングス取締役副社長、インテック取締役副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

宮内義彦

原理原則で考えれば、社会に役立つ何かを提供していれば結果として利益が生まれるはずです。赤字企業は社会の資源を無駄遣いしているうえに、社会に経済的果実を与えていないと言えます。


根本郁芳

うちの経営戦略は、どんな時代にも需要がある「安心や安全のための商品」をやることです。それから、特殊なものを多角的にやる、具体的に言えば夜光塗料の技術をもとにして新しい製品や事業を開発するということですね。


嶋浩一郎

アイデアマンの場合、頭の中の引き出しに、一見するとムダとしか思えないような情報がたくさん入っている。引き出しの中には大草原が広がっていて、様々な情報が放牧されている。世の中みんなムダだらけ。ムダを愛し、ムダをたくさん集めた人がアイデアをジャンプさせる。


吉田幸弘(コンサルタント)

まずは意識的に部下の長所を探す姿勢を持ちましょう。「短所も裏を返せば長所だ」「結果に結びついていないが、可能性はある」などと、ポジティブな見方をするのです。


吉貴寛良

いい車を作って売っているだけ、といくら主張しても、企業の問題で終わらず、最後は国同士の軋轢に発展してしまう。立場が変わると、物の見方がまるで変わることがよく分かりました。こういう形で、トヨタを外から見る経験を積めたことは次の仕事で大いに役立ちました。

【覚え書き|アメリカの弁護士事務所に出向したときを振り返って】


関淳

我々はまず自分自身のために一所懸命働くべきだ。さらには家族のためにも、よい仕事をしていかないといけない。家族のために貢献できているならば、それは自分が住んでいる市をよくすることになる。よい市やよい地方が集まってできた国はよい国になる。だからよく働くとよい国づくりにつながる。
【覚書き|ブラジル松下社長時代、現地スタッフに「産業報国」の思想を噛み砕いて話した言葉】


野中正人

ブランド化において最も大切なのは、お客様にどう見てもらえるか。それには、自分たちの一番の強みを、最もわかりやすい形でお客様に伝える必要があります。だから、私の言葉よりもしまむらの店舗を見てもらうのが一番いい。「結構いい商品を、すごく安く売っているな」と思っていただけるはずです。


御手洗冨士夫

デュポンやP&G、IBMなど、本当の一流企業ではホワイトカラーの移動率が2%以下で、実は日本より低い。理想は日本のように制度的な終身雇用をすることではなく、結果的に終身雇用にすることだ。つまり、それぐらい社員にとって離れがたい魅力ある会社にすることが会社の理想形といえる。


芝本裕子

「自分は何が得意か」「自分は何が苦手か」ということを見極め、「何を人に任せられるか」「何を任せた方がいいか」ということを、常に考えながら仕事をすることが重要です。


柏木理佳

「忍耐=仕事」から「自分追求=仕事」に時代は移行しました。耐えることは大切です。高度成長時代までは、長男だから親の面倒を見なければならない、家族が大事だから我慢しなければならないといった考え方が美徳とされていました。ところがいまの時代、それは言い訳にしか聞こえません。どんな環境においても自分を追求すること、逃げずに自己に向かい合うことで、職業への意識が変わるのです。


山本昌(山本昌広)

現役最後の5年間はラジコンなど全ての趣味を封印し、生活時間の100%を野球に向けていました。年齢もありますから、トレーニングなどやるべきことも増えましたしね。


碓井稔

変わろうという意識はない。今までにないものを作ろうとしているだけだ。「エプソンが最近、ほかにはないものを作っているな」と見られるようになってきたなら、会社が変わってきているということかもしれない。