名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

滝澤光樹の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

滝澤光樹のプロフィール

滝澤光樹、たきざわ・こうじゅ。日本の経営者。システムインテグレーターの「インテック」社長。富山県出身。富山大学工学部卒業後、インテックに入社。取締役、常務取締役、取締役CTO(最高技術責任者)執行役員専務、インテックホールディングス取締役副社長、ITホールディングス取締役副社長、インテック取締役副社長などを経て社長に就任。

滝澤光樹の名言 一覧

当社はモノではなく、社員の集合体です。社員の成長こそが、企業の成長に直結します。


お客様のニーズやリクエストに基づいた提案だけでは、その期待に十分に応えたとは言えません。当社が目指すのは、さらにお客様のニーズを先回りした提案や新しい事業です。


創業の地である富山に脈々と受け継がれる「進取の精神」を忘れずに、引き続き人材育成などへ注力し、さらなる成長を図っていきます。


当社では「サービスプロデューサー育成プログラム」を開始しました。これは、ビジネス環境の変化に対応する人材の育成を目的にしたもの。アイデアを持った社員を公募し、実際に新規事業の企画をテーマに事業計画書を作成するなどの取り組みを行っています。


滝澤光樹の経歴・略歴

滝澤光樹、たきざわ・こうじゅ。日本の経営者。システムインテグレーターの「インテック」社長。富山県出身。富山大学工学部卒業後、インテックに入社。取締役、常務取締役、取締役CTO(最高技術責任者)執行役員専務、インテックホールディングス取締役副社長、ITホールディングス取締役副社長、インテック取締役副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

いっこく堂

僕にとってはどの出演機会も一世一代の大勝負です。ネタをしっかりやるのはもちろんですが、子供と遊ぶ時間もきちんととると決めていました。本当に子育てを始めてからなんです。世の中に少しずつ認められて、活躍の場が広がっていったのは。


浜川一郎

工場見学が好きで、取引先の現場によく足を運んだ。現場に行くと、日経薪聞に書いてあったことが知識ではなく肌で感じられるようになる。インドでは、ある食品会社の営業についていってローカルの食料品店を一軒一軒回った。インドはまだ所得が高くないため、商品を小分けにしたほうが売れる。そういった工夫でビジネスが成り立っているということは決算書を見てもわからない。


戸塚隆将

自分で無意識のうちに上限を設けてしまうと、それを打ち破るのが難しくなります。むしろ、努力を始める初期の段階に、目線を高く設定するほうが良いこともあります。


遠藤功

足跡さえ残さない素早さで行動し、臨機応変さを持って確実に任務を遂行する忍者こそ、今の時代に企業が目指すべき姿。もし動きや判断の遅い忍者がいたら、一発で敵に仕留められてしまうでしょう。それと同じく、スピードが遅い会社は絶滅するしかありません。


御手洗冨士夫

経営者は長期計画に基づいて一貫して投資をすべきです。(任期が短く経営者が)くるくる代わるということは一貫という意味からすると、あまり合理的ではない。次の経営者は、何十年も一緒にいるから自然に分かる。必ず出てくるものです。


ジョン・キム(法学者)

不可抗力には逆らわないことです。想定外のものには、運命として避けられない不可抗力的なものと、自分の力で回避可能な可抗力的なものがあります。気をつけたいのは、不可抗力と可抗力の線引きは変化しうるということです。自分の統制力を磨いていけば、運命の女神に委ねる部分を減らしていくことはできます。


大山健太郎

知るだけではなく、行動を起こす力も必要です。「今を知る」ことに加えて、実際に「できる」ことが大切なのです。スマートフォンさえあればどんな情報も入手できる時代ですから、なおさらです。


前田新造

販売第一線の人間は、売り場のどこに導線があるのか、什器のゴールデンラインにどう陳列すればいいのか、POPの作り方から売り場の体制に至るまで、優れたノウハウやヒントを持っています。それらを学びとる機会は、本社スタッフにとっては「応援」ではなく「学習」です。実際に見て、触れて、体で学んだことは、必ず次の企画の肥やしになります。私自身もよく店頭に足を運んでいます。


井村公彦

当社の最大の強みは地域やコミュニティーに密着して、ときには御用聞きのようなこともしながら、各地の営業担当者がきめ細かく現場を回っていること。


西田文郎

「リストラされるかも」「給料が減るかも」不況の中、そんな不吉な予感が頭をかすめるという人も多いのではないでしょうか。こうした否定的な「かも」に囚われると、人はどんどん悲観的になってしまいます。そして、自分の仕事が上手くいかないことを、自分以外の誰かや環境のせいにしてしまうのです。


小路明善

営業の班長だったころ、部下たちに毎月、「よかったこと」と「悪かったこと」をひとつずつ言わせてノートにまとめました。半年経つと1人当たり6個の改善するテーマが見いだせ、部下と突っ込んだ話し合いができました。


井上聡(経営者)

正直、最初に本を出すという話をいただいたときは、まだ早いと思いました。ただ、やり遂げたことではなく、「今、何をやっているか」を書いてもらう本なら面白いと思ったのです。我々の活動を知っていただくことで、少しでも勇気を出してくれる人がいれば、嬉しいですね。