名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

溝口勇児の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

溝口勇児のプロフィール

溝口勇児、みぞぐち・ゆうじ。日本の経営者。オンラインダイエットサービスなどを展開する「FiNC」社長。東京出身。高校卒業後、スポーツクラブに入社。スポーツクラブ支配人などを経てFiNCを創業。

溝口勇児の名言 一覧

多くの人の心を動かす事業や長く継続する会社というのは、社会性のあるものばかり。


成功する人は運がいいのではなく、社会から応援されることをやっているからこそ、顧客から応援され、協力者も得られる。


自分に足りない力があれば、そこを補ってくれる人を探して協力を仰げばいい。


「どんな課題を解決するのか」を考え続けること。ビジネスの外枠より、中身のあるビジョンを持つことが大切。


掲げているゴールから逆算したとき、私一人だと到達できそうにないなと思いまして。いま社内には、経営者経験のある人が15人います。


これまで世の中を変えてきた会社の多くは、市場が伸び始める黎明期にサービスを始めている。


周りは大学や専門学校を出ていたりするんですが、私は学問もない。どうすれば仕事がうまくいくかといったら、お客様の悩みを本気で聞いて、解決法を一緒に考えていくしかなかった。


上場を目指しています。大きな会社になれば世の中に与える影響力も大きくなるので、やはり規模は追求したい。


最も重要なのは、「どんな課題を解決するのか」を考えること。成し遂げたいと思っているビジョン、軸があれば、回り道してもブレることはない。


起業したいという願望が起業するぞという決断に変わったのは、東日本大震災がきっかけでした。報道を見ていて、いても立ってもいられなくなり、会社の送迎バスに物資を積んで、7~8人で宮城の閖上(ゆりあげ)までいったんです。当時はまだ散々な状況で、被災者の方から、防波堤のところで多くの人が浮かんでいたという話も聞きました。私は親戚が少なくてお葬式に出たこともなかったので、人の死についてリアルに触れたのはこのときがほぼ初めて。経験を積んでから経営者になろうとか、悠長なことをいっている場合ではないぞと痛感しました。


私自身、知識や知恵が足りないことは自覚していたので、何でも吸収してやろうという思いも強かった。手前味噌ですが、おかげで成長は速かったと思います。


専門家のニーズは高いのに、育児や介護強どの事情で働けない専門家も多く、現在は供給が足りていない状況です。その需給ギャップをテクノロジーで埋めています。


私たちは、続けられなくてリバウンドするようなサービスを提供したくない。一人ひとりの体質に合わせて、五大栄養素をバランスよく摂りつつ、二カ月経ったときには正しい知識と知恵が身についているというサービスにしています。


多くのスポーツクラブを見てきましたが、ひざや腰などを悪くして健康を損なう人が多くいます。成人病で亡くなった方の大半は運動不足や心理的要因に加えて、食生活がとても大きく影響していると感じます。栄養に対する意識を高めることがアンチエイジングの近道なのではないでしょうか。


ビジネスの発想は、トレーナー時代の経験から。自分のお客さまがどんどん増え、指名に対応しきれなくなり、「より多くの人に、より安価で対応できる仕組みを提供できたら」という気持ちが源。


フィットネスクラブ勤務時代、赤字施設の閉鎖処理を経験し、従業員をリストラする苦しみ、お客さんに迷惑をかけるつらさを味わった。誰も苦しまない経営を実現したいと強く思ったことが起業のきっかけとなりました。


お客様の膝が悪いとか、腰が痛いとか、日常生活の悩みに真摯に向き合うことで目に見えて成果が出てきた。そうすると、結果的にお客様の満足度が上がって、自分にお客様がつくようになっていきました。つまり、技術力よりもそういう思いでお客様に向き合った方が、お客様も信頼してくれるんですね。私はこれが本当に嬉しくて、どんどん仕事に取り組んでいったら、結果的に1年後くらいには成績も一番になることができました。


私は「ギバーズゲイン(与える者は与えられる)」という言葉が好きで、自分が満たされているのであれば、それを多くの人に還元するのが正しい生き方であろうと。欧米で成功している企業はみな寄付や慈善活動をしていますし、お陰様で当社も順調に事業が成長してきているので、そういう意味では、社会に還元することも大事であり、弊社の世界中の人の健康をサポートするというビジョンに適っていると考えています。


溝口勇児の経歴・略歴

溝口勇児、みぞぐち・ゆうじ。日本の経営者。オンラインダイエットサービスなどを展開する「FiNC」社長。東京出身。高校卒業後、スポーツクラブに入社。スポーツクラブ支配人などを経てFiNCを創業。

他の記事も読んでみる

大西洋

残念なことに、質ではなく目先の量の確保に血道をあげていたのが、最近の百質店の姿です。前年同月比の数字を気にするあまり、季節のセールを前倒しにする、ムリな値引きに走る、といった手法で「今月だけ」「今期だけ」の売上を立ててきました。すると半面、質の追求がおろそかになり、百貨店の特徴や優位性は失われ、長期的にはさらに販売額や存在感が低下します。業界はいま、こうした負のスパイラルから抜け出せなくなっているのです。


松本晃(経営者)

私は、結論の出ない打ち合わせが大嫌い。「ムダだからやるな」と、社内でしつこく言っています(笑)。報告ならメールで済むし、凝った資料を作る時間があるなら、その時間に取引先や現場に足を運び、顧客のニーズを探ることに使うべきです。


川端克宜

日本は人口減や少子高齢化で、とかく市場が縮小していると言われます。しかし、私は新商品の開発によって新たな用途を提案したり、潜在的な需要を発掘したりしていくことで国内でもまだまだ成長が可能だと思っています。


斉藤惇

ドン・キホーテのように非現実的な夢を一足飛びに実現させようとするのではなく、徐々に足場を固めていきたい。


本庄八郎

小川(八重子)さんが新聞のコラムに「ゴクゴク飲めるお茶(常茶)がいい」という随筆を書いていらしたので会いに行ったんです。これがその後の烏龍茶の普及につながったので、事業は人の縁だとつくづく感じます。


堀紘一(コンサルタント)

お客様を説得するには、まず、お客様が何を知りたいのかを聞くこと。その上で話したいことを話すことが大切。


田中良和(GREE)

競合の参入をいかに防ぐかが、戦略を考える上では重要。


武田鉄矢

子供って、父親から学ぶもの、母親から学ぶもの、ばあちゃんから学ぶもの、それぞれ違うと思うんです。


安河内哲也

英語の発音を良くするには、発音記号を覚えることが重要。発音記号なんて本当に必要なのと思うでしょ? 僕も昔はそう思っていたけど、発音記号を学んだ方が上達するとわかった。試しに発音記号通りにJAPANと言ってごらん。発音が良くなるでしょ? 僕の発音も発音記号のおかげなんだ。


孫正義

ゼロから新しいものを作り上げるのは本当に大変です。やり遂げるには、困難に立ち向かう力が必要となるでしょう。そして、「想いを伝えたい」という強い気持ちが大事です。


トーマス・カーライル

失敗の最たるものは、失敗を自覚していないことである。


村山由佳

「作家業は道を踏み外してなんぼ」。人が皆幸せと思うものに自分も幸せを見いだしていたら、小説を書く意味がありません。