名言DB

9490 人 / 112001 名言

源氏鶏太の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

源氏鶏太のプロフィール

源氏鶏太、げんじ・けいた。日本の作家。富山県の置き薬売りの家庭に生まれる。高校卒業後、住友本社に入社し経理課長代理まで昇格した。太平洋戦争後はGHQから住友本社の清算事務を任される。その後、泉不動産(現:住友不動産)総務部次長を務め、一貫して経理畑を歩んだ。戦前はサラリーマン生活をしつつも執筆を行い懸賞小説に応募。戦後は本格的に執筆活動に入った。『英語屋さん』で直木賞、『口紅と鏡』で吉川英治文学賞をそれぞれ受賞。そのほかの代表作として、東宝大ヒット映画『社長シリーズ』の原作となった『三等重役』、テレビドラマ化された『七人の孫』などがある。

源氏鶏太の名言 一覧

ユーモアとは人生の薬味である。同じそばを食べるにしても、そこに薬味を入れたのと入れないのとでは味に雲泥の差がある。薬味の入っていない人生では、味わいが薄い。


人間は勇気を失ってはおしまいなのである。甘ったれてはならぬのである。


働くということには、不平や不満がつきまとうように運命づけられている。その宿命に簡単に負けたのではおしまいである。自分を不幸にするだけだ。あえてその宿命に挑戦する気になったら、そして、それによって自分という人間の真の値打ちを知ろうと努力する気になったら暗闇の中に一条の光明を発見できるかもわからないのである。そのためには勇気が必要である。


源氏鶏太の経歴・略歴

源氏鶏太、げんじ・けいた。日本の作家。富山県の置き薬売りの家庭に生まれる。高校卒業後、住友本社に入社し経理課長代理まで昇格した。太平洋戦争後はGHQから住友本社の清算事務を任される。その後、泉不動産(現:住友不動産)総務部次長を務め、一貫して経理畑を歩んだ。戦前はサラリーマン生活をしつつも執筆を行い懸賞小説に応募。戦後は本格的に執筆活動に入った。『英語屋さん』で直木賞、『口紅と鏡』で吉川英治文学賞をそれぞれ受賞。そのほかの代表作として、東宝大ヒット映画『社長シリーズ』の原作となった『三等重役』、テレビドラマ化された『七人の孫』などがある。

他の記事も読んでみる

江見朗

宅配寿司が関東や関西で広がっていることを知り、当時岐阜でサンドイッチの店をしていた私は、名古屋や東京に行ってチラシを集めました。世帯数の多いマンションに行き、郵便受けの脇にあるゴミ箱から拾い集めたのです。集めたチラシはどれも欠点だらけで、チャンスがあると感じました。さらに私はアメリカ時代、日本人が経営する寿司屋で働いていたため、寿司を握る技術もあったのです。サンドイッチ屋の片隅で寿司をつくり、宅配するビジネスを始めました。これが、現在の宅配寿司「銀のさら」の原型です。集めたチラシの欠点を踏まえ、「美味しそう」と思えるチラシをつくったら、徐々に注文が入り始めました。


田中和彦

出社後に着手するのは、緊急度は高いが重要度の低い仕事です。朝はまだエンジンが温まっていない状態です。そこでメールの返信や請求書作成など、考えなくてもできる仕事をこなしてリズムをつくります。ポイントは、朝一にすべて処理しないことです。昼食後や外出から帰ってきた直後など、朝一以外にもエンジンがかかりづらい時間帯があります。そのときのために、いくつかTODOを残しておきます。


田原総一朗

問題なのは、悲観論が若い人に悪影響を及ぼしている点。不況だからといって「すぐに成果を出す」「失敗なくやる」ことを求められ、最短距離で結果を追求する風潮になっています。結果、若い人が寄り道というか「ムダ」なことをするのを忘れてしまっているのです。でも、人生はムダの連続だから面白い。だから、若いうちはどんどんムダなことをやって下さい。そうすることで、自分のオリジナリティが出てくるはずだ。


吉川英治

この人生は旅である。その旅は片道切符の旅である。往きはあるが、帰りはない。この旅で様々な人と道中道連れになる。それらの人と楽しくスムーズにやっていくには人生のパスポートが大切だ。それはお辞儀とあいさつである。


藤田晋

「結論が出ない会議が多い」と不満を持つ人もいます。それは会議の進め方の問題というよりは、意見を取りまとめて決断を下すリーダーの責任が大きいと思います。会議はお悩み相談会ではありません。リーダーは、様々な意見を聞いたうえで決断を下し、今後の行動を明確に指示しなければいけません。


石塚しのぶ

「大きくなること(規模の追求)」よりも、「偉大になること(意義の追求)」に重きを置く小・中規模企業が、みずからを「スモール・ジャイアンツ(小さな巨人たち)」と称してネットワーキング団体を組織し、「最も働きたい会社」や「最も急速に成長している会社」などのリストの上位に登場して頭角を現しています。「スモール・ジャイアンツ」に属する企業の業種は様々ですが、共通するのは、「人」を最も貴重な資産と考えていることです。資金力やインフラでは小・中規模企業は大企業にとうてい敵いません。しかし、従業員一人ひとりの「心」を味方につけることができれば、人は未知数の底力を発揮します。


西岡喬

過去の悪弊を断ち切るためには、経営者が断固とした決意を示す必要があります。我々は昨年3月に過去の企業風土との決別をはっきりと宣言し、改善施策を公表しました。少しずつ社内は変わってきていると思います。


守屋淳

戦略とは、対象となるライバルの数によってとるべき方針を変えていかないと、うまく機能してくれない面があるのだ。とくに、ライバルが多数いるのに、一対一の決闘だと思って戦ってしまえば、第三者に漁夫の利を提供するだけになりかねない。勝負事を制したければ、まずライバルの数に注意深くなる必要がある。


山口仁司

私たちが行っているのは、無から有を生むような仕事です。そのため、何ができるかとりあえずチャレンジするのが企業文化になっております。


潮凪洋介

すごくいじめられた会社もありますよ。ムチャクチャな要求をしたり、人間的な否定もしてくる。でも、何をされようと、3年間は耐えようと思って、あえて「ピエロ」になりました。自分とは違う世界で修行していると考えて過ごしました。


岡田武史

本来サッカーとは、ピッチの中の選手が考え、判断するスポーツです。そうした個を持った選手でなければ、世界で戦うことができません。


森川陽太郎

落ち込んだ気持ちを引きずるのは、メンタルの強さには関係ありません。たとえ、メンタルが弱くても、引きずらないようにすることはできます。