名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

源氏鶏太の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

源氏鶏太のプロフィール

源氏鶏太、げんじ・けいた。日本の作家。富山県の置き薬売りの家庭に生まれる。高校卒業後、住友本社に入社し経理課長代理まで昇格した。太平洋戦争後はGHQから住友本社の清算事務を任される。その後、泉不動産(現:住友不動産)総務部次長を務め、一貫して経理畑を歩んだ。戦前はサラリーマン生活をしつつも執筆を行い懸賞小説に応募。戦後は本格的に執筆活動に入った。『英語屋さん』で直木賞、『口紅と鏡』で吉川英治文学賞をそれぞれ受賞。そのほかの代表作として、東宝大ヒット映画『社長シリーズ』の原作となった『三等重役』、テレビドラマ化された『七人の孫』などがある。

源氏鶏太の名言 一覧

ユーモアとは人生の薬味である。同じそばを食べるにしても、そこに薬味を入れたのと入れないのとでは味に雲泥の差がある。薬味の入っていない人生では、味わいが薄い。


人間は勇気を失ってはおしまいなのである。甘ったれてはならぬのである。


働くということには、不平や不満がつきまとうように運命づけられている。その宿命に簡単に負けたのではおしまいである。自分を不幸にするだけだ。あえてその宿命に挑戦する気になったら、そして、それによって自分という人間の真の値打ちを知ろうと努力する気になったら暗闇の中に一条の光明を発見できるかもわからないのである。そのためには勇気が必要である。


源氏鶏太の経歴・略歴

源氏鶏太、げんじ・けいた。日本の作家。富山県の置き薬売りの家庭に生まれる。高校卒業後、住友本社に入社し経理課長代理まで昇格した。太平洋戦争後はGHQから住友本社の清算事務を任される。その後、泉不動産(現:住友不動産)総務部次長を務め、一貫して経理畑を歩んだ。戦前はサラリーマン生活をしつつも執筆を行い懸賞小説に応募。戦後は本格的に執筆活動に入った。『英語屋さん』で直木賞、『口紅と鏡』で吉川英治文学賞をそれぞれ受賞。そのほかの代表作として、東宝大ヒット映画『社長シリーズ』の原作となった『三等重役』、テレビドラマ化された『七人の孫』などがある。

他の記事も読んでみる

土井英司

私は図書館には行きませんし、セミナーでも「本は借りるな。絶対、図書館に行くような人間になるな」と力説しています。図書館で本を借りるのは、下流への道なのです。入手困難な古書や小説ならまだしも、とくにビジネス書を図書館で借りては駄目です。情報は人より先に入手するからこそ価値があるわけで、図書館にリクエストをして購入してくれたら読むなんて、完全にナンセンスです。情報にお金を払う意識がない証拠です。


古川裕倫

私は改革というミッションを与えられていたので、納得できない点については提案しました。ただ、「1回言ったくらいでは聞いてくれないだろうな」と初めから覚悟していましたし、実際提案もなかなか通りませんでした。リスクマネジメントについて提案したときには、「うちでそんな大変なことが起こるわけがない」と一笑に付されました。それでもめげずに何度も角度を変えながら提案しました。
【覚書き|ホリプロ時代を振り返っての発言】


佐藤龍雄(経営者)

単なに物を売るという感覚ではなく、その商品の価値を売るという意識が必要。


上野和典

良い企画は強いインパクトを持ちつつも、周囲を置き去りにはしません。情熱と新規性、そして周囲を見る視点とを兼ね備えています。


小笹芳央

同じようなミスがまた起きることもありますが、それでもいいのです。失敗は次の挑戦のヒントになりますが、失敗の隠蔽は百害あって一利なしです。


長島徹

こんなものがやってみたいとチャレンジする。もちろん、最初はうまくいきませんから、誰にも見向きもされない。それでも懲りずに追求が続く。ある日、面白いじゃないかと誰かの目に留まりそこから勢いがついてくる。大切なのは、そこまで我慢できるかどうか。我慢を支えるのは技術者の夢です。夢を持っている技術者は我慢ができる。情熱や信念も大切ですね。技術者が夢をもつことができる会社は活性化し、どんどん新しい可能性が広がっています。


宮原道夫

研究の成果を「従来にない価値を持つ新商品」という形でお客様に提供するためには、研究で得た知見をどう商品に応用するかという商品開発力、また前例のない商品を量産していくための生産技術も欠かせません。それらを有機的につなげることで、私たちは一歩一歩前進してきました。


冨田智夫

「社員との距離が近い=馴れ合い」になってしまっては困ります。そこで、私が仕事のうえで日常的に意識しているのが、「レポートライン」の順守です。意見や要望などは必ずチームで集約し、上司へと報告するのが基本。組織として当たり前のことですが、意識を徹底することで中間となる管理職の責任を明確化でき、さらには、リ-ダーシップの発揮を促すことにもつながります。


中山泰男

我々はお客様の安全・安心という大事なものを守っているわけです。その中には重要な情報があります。それを知っている人が別の会社でも働いているとお客様が知れば、どう思うでしょうか。働き方の多様性は必要です。そのことを最大限に尊重しつつも、副業については、「情報管理はセコムの本業そのものである」との考え方に照らしてなかなか難しいというのが、現時点での私の考えです。


島野喜三

シマノはいまではグループ社員の7割超が日本語以外の母国語を話します。管理職など約200人が世界から参加する年二回の会議では、日本は全体の半分で、英語を公用語として活発に議論しています。どの地域でも市場の声を聞き、お客様の求める製品を提供しようとした姿勢があったから今日の姿があるのでしょう。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

先日、ある雑誌でお金にまつわるアンケートを取ったのですが、その中で興味深い結果がありました。「もし出費を削らなければいけないとしたら、どの費用から削りますか?」という質問に対し、貯金がない人とある人で明確な差が出ました。貯金がない人は、食費や小遣いなどの「やりくり費」を上位に挙げているのに対し、貯金がある人は通信費や保険などの「固定費」を上位に挙げていたのです。ムダ遣いを減らしたい時に、いの一番に見直すべきなのは「固定費」です。なぜなら、見直しの効果が大きいから。一回の見直しで、月々の支払いが数千円下がることは珍しくありませんし、削減効果は継続的に続きます。


猪瀬直樹

自分に理解できないからといって目を背けていては、新しいものは生み出せない。