名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

満尾正の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

満尾正のプロフィール

満尾正、みつお・ただし。日本の医師、医学博士。北海道大学医学部卒業。内科研修を経て杏林大学救急医学教室講師、ハーバード大学外科代謝栄養研究室研究員、救急振興財団東京研修所主任教授などを経て満尾クリニックを開設。著書に『125歳まで元気に生きる』『実践ハッピーエイジング』ほか。

満尾正の名言 一覧

健康状態のチェックは、毎朝の習慣にすることが大事。毎日続けることで、小さな変化にも気づきやすくなる。


心を明るく保つことは意外に簡単に実践できます。たとえばストレスは、睡眠を改善するだけでも大幅に軽減できます。早寝早起きの「朝型生活」に切り替えれば通勤ラッシュも避けられ、静かなオフィスで仕事に専心できるなど、ストレスフリーかつ効率的な時間の使い方が可能となります。


早寝早起きという言葉がありますが、人体のメカニズムに従えば、“早起き早寝”という言葉が適切でしょう。朝の太陽の光を浴びてから13~16時間が経過すると、脳内からメラトニンという誘眠ホルモンが分泌されます。つまり、眠りたいと考える時間から逆算して日光を浴びれば、快適な睡眠へのタイマーが作動するのです。


疲労を取り除くための睡眠というのは、単に何時間寝たかということだけでなく、眠りの質が大切なのです。脳は、眠っている間に成長ホルモンの分泌を促す指令を出し、疲労回復に努めています。このホルモン分泌が最も盛んになるのは、午後10時から午前2時の間。理想的には、この時間帯にぐっすり眠れていると、爽快な目覚めにつながります。


35歳を超えると、人体のホルモン分泌量は低下し、筋肉量も減っていきます。体力は衰えているのに、若い頃と同じようなライフスタイルを続けていては、せっかくの夏バテ対策も意味がありません。食事でも運動でも、現在の自分に一番必要なものを見極めることができる。真の健康人とは、そういう人のことをいうのだと思います。


甘いものやお酒は、睡眠を阻害する要因となります。夕食はできるだけ腹八分目、それも低糖質の食事を心がけてください。


夏場は、汗とともに失われていくビタミンやミネラルを、いかに補給するかが大きなポイントです。この点を意識していなければ、いくらスタミナ料理を食べても、夏バテを乗り切るためのエネルギーは生まれません。


40代以降に必要なのは、ビルドアップを目指すトレーニングではなく、コンディショニング。つまり体調を整えるための運動です。DHEA(副腎から分泌され、肌、骨、筋肉を若々しく保つとともに、免疫力を高め、脳を活性化し、記憶力、意欲、性的欲求を高めるホルモン)は運動によって増えることがわかっていて、特に下半身の筋肉を動かす運動が効果的だと言われています。おすすめなのが、20~40センチ程度の踏み台昇降運動。1分間で15上がり下りするペースで10分。1日トータルで30分。少なくとも週3~4日継続すると効果が期待できます。


「食」に関しては、内容よりも量がポイント。生活習慣病の原因は一言で言うと「食べ過ぎ」ですから、腹八分目を心がける、食べたくないときには一食抜く、といった工夫が有効です。運動に関しては、歩くのが一番です。歩く量を増やす、慣れてきたら早足で歩く、といったシンプルな方法なら、時間のない人でもできるでしょう。このように、健康習慣はほんの少しの工夫でOK。あくまで「おおざっぱ」にやるからこそ長続きし、結果として健康の維持につながるのです。


誰でもできるとっておきの健康法、それは歯磨きを中心とした口腔ケアです。最近の研究で、歯科領域の病気と全身の病気は強くリンクしていることがわかってきました。とくに歯周病や根管感染では細菌が全身に回って、糖尿病などの全身病になりやすくなります。歯周病ケア、口腔内ケアは誰でも手軽にできて、しかも安あがり。定期的に歯科医の検診を受けながら健康管理を行いましょう。


つきあいで飲むお酒もほどほどにすべきです。酒は百薬の長と言いますが、本当は飲めないくらいがちょうどいい。ワインは心臓血管病予防にいいと言われていますが、かわりに肝臓がんが増えることも指摘されています。適量ならば問題ないというのも鵜呑みにしてはダメ。国際基準として1日に男性2合、女性1合と言われていますが、日本民族のアルコール分解能力は世界最下位。国際基準の量では、飲みすぎになっているかもしれません。


まず気をつけてほしいのは運動です。40代になって体がだるくなり、うつを疑って精神科や心療内科にいく人がいますが、本当は男性の更年期障害だったというケースが珍しくありません。男性の更年期障害は男性ホルモンの低下とともに起こり、男性ホルモンは運動と密接な関係があります。デスクワーク中心だったり、外に出てもすぐタクシーに乗るビジネスパーソンは要注意。ジムに通えれば理想的ですが、忙しくてその時間かないなら、歩く距離を長くすることを心がけてください。


体は衰えてきているのに、頭の中は30代のまま。若い頃と同じ感覚で暴飲暴食をしたり、睡眠を削って無理をする40代が少なくありません。しかし、いまは何とかやっていけたとしても、不摂生を続けると10年後にツケを払わされることになります。とくに40代になって尿路結石ができたり痛風になった人は、生活習慣を見直す警鐘だと考えてください。まだ軽症だと笑い話で済ませているかもしれませんが、軽い病気は小手試し。そのままの生活を続けると、心筋梗塞や脳梗塞、または大腸がんなどの大波がやってきます。生活を見直すなら今です。


満尾正の経歴・略歴

満尾正、みつお・ただし。日本の医師、医学博士。北海道大学医学部卒業。内科研修を経て杏林大学救急医学教室講師、ハーバード大学外科代謝栄養研究室研究員、救急振興財団東京研修所主任教授などを経て満尾クリニックを開設。著書に『125歳まで元気に生きる』『実践ハッピーエイジング』ほか。

他の記事も読んでみる

萩本欽一

歳をとると、家庭菜園とか盆栽とか、じっとみてる趣味が多くなるけど、それじゃ駄目。歳とるほど無謀なことをした方がいいんだ。


宮原博昭(経営者)

社長に就任してからは、使命感から、モチベーションが下がることはまったくありません。しかし、若い頃はモチベーションが下がることもありました。当時は、まだ力の弱い部署で安月給だし、発言権はゼロ。あるときは、事業を伸ばしたら、参考書の担当者から「参考書が売れなくなる。邪魔するな」と言われる始末でした。辞表もこれまでに3回書きました。それでも、一緒に頑張ってくれる教室の先生方やスタッフの努力に報いたくて、「いつか見返してやる」という思いで続けてきました。


小林宏治

技術は若さから生まれてくるものであり、創造的な活動をなしうるのは、学校を出てからの10年前後、技術によっては5年程度がクライマックスであろう。


団琢磨

自己の使命を自覚し、堅固不動の自活的精神をもって事にあたれば、天は自ら助くる者を助くること、もとより疑いのなきことである。


井上靖

天はわれわれを助けてくれない。


平井一夫

こんな時期だからこそ、なるべくトップマネジメントが現場に行って、いかに従業員の皆さんのモチベーションを上げるかが大事だと思っています。これをやらないと本当に人心は離れていってしまいます。


ドナルド・トランプ

嬉しいことに、今という時代はあまりに変化が早く、誰も退屈などしていられない。現代人にとってはついていくだけでもチャレンジだ。私はこのチャレンジが気に入っている。チャレンジとはすなわち、成功の萌芽だからだ。


平手智行

すべての経営者と同じく、私にもストレスはあります。仕事中に私が笑顔でいることも大事ですから、朝のジョギングや週末の水泳でストレスをなくします。単調な動きの繰り返しなので、運動中に仕事の課題が整理できて一石二鳥なんですよ。


青井浩

ネットショップの出店運営支援サービスのBASE(ベイス)と資本・業務提携しました。BASEに加盟する多数のネットショップが、渋谷マルイに実店舗を短期出店できるようにしました。するとネットで売る人と買う人たちが集まって、ファンミーティングが開かれる。「いや前からファンで、実際に会えてうれしいな」ときゃあきゃあ言いながら話しています。売り手と買い手というより、体験やコミュニティーを求めている。ここにチャンスがあります。


吉山勇樹

仕事でなかなか自信が持てない人にお勧めしたいのが、何かひとつでも、小さなことでもかまわないので、他の人に負けない得意領域をつくること。得意なことで上司や先輩の役に立てば、名前を覚えてもらえ、目をかけてもらえるようになる。それが自分の自信にもつながる。


星野佳路

経営陣と社員が情報を共有することで、初めて会社全体が同じ方向を向いて走り出すことができる。


テリー伊藤

今年は「大きい声を出すこと」を心がけるつもり。人間、大人になると徐々に声が小さくなっていくけど、大きい声で自分の意見をしっかり言うと、周りの人が耳を傾けてくれるんだよ。基本かもしれないけど、改めて気をつけてみようと思っている。そして、つらい時ほどカラ元気を出そうと思う。