名言DB

9490 人 / 112001 名言

湯浅祐一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

湯浅祐一のプロフィール

湯浅祐一、ゆあさ・ゆういち。日本の経営者。湯浅電池(のちのGSユアサバッテリー)社長。京都大学中退後、実家の湯浅七左衛門商店入社。その後、GSユアサバッテリーの前身となる湯浅電池製造を設立。湯浅金物、湯浅商事社長なども務めた。

湯浅祐一の名言 一覧

上から与えられるのでは駄目だ。若い人たちが自分たちで獲得するものでなくては、エネルギーは出ない。労使関係は信頼関係によって成り立つもので、それは労使交渉を通じて、労使双方が真剣に切磋琢磨することから生まれる。


湯浅祐一の経歴・略歴

湯浅祐一、ゆあさ・ゆういち。日本の経営者。湯浅電池(のちのGSユアサバッテリー)社長。京都大学中退後、実家の湯浅七左衛門商店入社。その後、GSユアサバッテリーの前身となる湯浅電池製造を設立。湯浅金物、湯浅商事社長なども務めた。

他の記事も読んでみる

工藤啓

留学生仲間たちと夜な夜なディスカッションの日々。みんな起業を夢見ていて刺激的でしたね。一方で、日本から電話をかけてくる友人の声は、「就職活動がうまくいかない」と暗い。この差は何だろうと。「雇ってもらう」ではなく「自分でビジネスを始める」という選択肢が見えてきました。
【覚え書き|アメリカ留学時を振り返っての発言】


山田昭男

手厚い福利厚生もそのひとつだけど、ウチの経営陣は絶えず従業員のやる気をどうやって上げるかに知恵を絞っている。たとえば、社内の改善提案コンテスト。生産部門だけでなく、間接部門も参加して知恵を出すように指示した。でも、ただ知恵を絞れといっても出るものじゃない。じゃあ、報奨金を出そうと。どんな些細なアイデアでもいいから、アイデア一件につき、500円出すことにした。それが正式に採用されれば、さらにプラスαで出す。最多提案者は、176件。その人は8万8000円の臨時収入を得たことになる。しかも現金で渡した。最近は、給料が銀行振込みで母ちゃんに財布を握られている父ちゃんが多いから、こっそりあげることにしたんよ。


石渡美奈

課題はたくさんありました。しかし、社長を辞めたいと思ったことは一度もありません。それは、ホッピーと生きることを、自分で決断したから。


内藤誼人

「相手の話をよく聞き、相手に語らせましょう」。巷のコミュニケーション本にはよくそう書かれていますが、それはある程度、親しくなってからの話。社内でちょっと顔を合わせるぐらいの相手に「週末は何してたんですか?」などとあれこれ聞かれたらどうですか? ちょっと気持ち悪いですよね。社内間の挨拶では積極的に自分の話をする。そう心得てください。


鉢嶺登

結局はやらせてみないと分かりません。ただ、人間として信用できる人にしか、お願いしません。それでも成果が出るかと言えば、出ないことのほうが圧倒的に多い。やらせてみるしかないのですが、しかし、成果が出るかどうかは任せた後で、すぐに分かります。それはこちらが何らかの要望をした際の反応で、この人間は大丈夫なのかどうかが判断できますね。


山内溥

ゲームソフトを作れる技術屋というのはたくさんいます。しかし、本当に才能の豊かな、経験を持った有能な人は極めて少ない。優秀なゲームを作れる人が少ないということは、くだらないゲームなら作る人が大勢いるということです。そんな人に市場を荒らされたら、育つものも潰されてしまう。各メーカーが競争になればなるほど、どうしても多作に走り、ソフトの種類で勝負しようということになる。そうなると、似たようなくだらないゲームソフトが市場に氾濫する。駄作が多く出回ると、消費者は不快感を持つようになる。そうなったら、娯楽市場なんてアッという間に崩壊します。駄作で市場を崩壊させないためにも” 独占”しなければならなかったんです。


エピクテトス

病気は身体の障害であるが、気にしない限り意志の障害にはならない。


大江英樹

お金の管理や運用においては、「リスク許容度」が人によって異なることを認識しておかなければなりません。リスク許容度を決める主な要素は、「保有している資産の額」と「リスク耐性」です。これから資産運用を始めようという人は、まず、自分のリスク許容度を客観的に見つめ直してみる必要があるでしょう。


園山征夫

理念を必ず実践し、約束を遵守することを社員に明らかにすることが大切。社長が本気で経営理念を守り経営する姿を見れば、少しでも支えたくなるのが人情。


浅川芳裕

簡単な単語と短いセンテンスしか使わないのは、トランプ氏に教養がないからではありません。アリストテレスが『弁論術』に「聞きなれぬ言葉を使うな」と書いているように、シンプルに話したほうが人を説得できるからです。


佐藤富雄

神経質でストレスをためやすいタイプの人は、作業能率の高さで出世する場合はあるかもしれませんが、新しいことに取り組んで大きく成長することは不得手です。できるだけストレスをためず、脳を快適な状態にすることは、健康を保ち、仕事の成功につながるのです。


佐々木隆之

井深(大)氏は本田(宗一郎)氏との共通点を、ものづくりにおいて技術者ではなく「素人」であったことだと打ち明けている。技術者であれば、いまある技術をベースに商品を開発する。だが両氏とも素人であるゆえに、いままでにないものをつくろうといきなり大きな目標を立てる。そして、目標を実現するためどんな技術が必要となるのか試行錯誤を繰り返した。