湯浅祐一の名言

湯浅祐一のプロフィール

湯浅祐一、ゆあさ・ゆういち。日本の経営者。湯浅電池(のちのGSユアサバッテリー)社長。京都大学中退後、実家の湯浅七左衛門商店入社。その後、GSユアサバッテリーの前身となる湯浅電池製造を設立。湯浅金物、湯浅商事社長なども務めた。

湯浅祐一の名言 一覧

上から与えられるのでは駄目だ。若い人たちが自分たちで獲得するものでなくては、エネルギーは出ない。労使関係は信頼関係によって成り立つもので、それは労使交渉を通じて、労使双方が真剣に切磋琢磨することから生まれる。


湯浅祐一の経歴・略歴

湯浅祐一、ゆあさ・ゆういち。日本の経営者。湯浅電池(のちのGSユアサバッテリー)社長。京都大学中退後、実家の湯浅七左衛門商店入社。その後、GSユアサバッテリーの前身となる湯浅電池製造を設立。湯浅金物、湯浅商事社長なども務めた。

他の記事も読んでみる

キャロライン・ケネディ

私は、父が体現していた理想を堅持する責任があることを自覚しています。その理想とは、公務に専心し、より公正な米国とより平和な世界の実現に献身的に取り組むことです。


新将命

最も重要なことは、その日その日の仕事をこなすだけの「成り行き人間」ではなく、「目標人間」になるということ。


ロバート・マートン

信頼のできるアドバイザーに助言を求めるべきだ。もし膝が悪くて手術が必要だったら、患者のことを考え、かつ腕のいい外科医を探すだろう。手術の費用が安いからといって、患者の治療を最優先せず、腕もよくない外科医には頼まないはずだ。投資も同じだ。


奥谷禮子(奥谷礼子)

若者の中にも自由な発想で、闊達にやっていこうという人もいます。そういう人たちは国や行政をあてに何かしようとも思わない。自分でやっていくべきだ、と考える人はかなり増えていますので、そういう人たちに期待したいですね。


村井満

愚直なことを一生懸命やりきろうと言い続けるのがトップの役割。


森秀明

問題解決は正しいステップで考えて進んでいくことが大切。「問題の把握」「原因の調査・分析」「解決策の立案」「解決策の実施」。大きく分けてこの4ステップで考えてみてください。


月岡隆

40代初めプエルトリコのガソリン販売会社に経営者として一人で赴任した。言葉で苦労しながら、出光の考え方を現地社員に説明し、出光ファンになってもらうよう勉めた。目標を達成するには人と人の関係が大切で、それに国境がないことを私自身、実感した。


錣山矩幸(元関脇・寺尾)

現役時代、目が悪いことをマイナスとは思っていませんでした。視力が0.03とかなりの近眼でしたが、相撲を取るときはむしろ好都合。周囲がよく見えないから集中できるし、恐怖心を抱かずにすむ。正直、立ち合い時に自分の2倍以上もある小錦関などがはっきり見えていたら、相当怖かったと思います(笑)。


山口多賀司(経営者)

経営者は人一倍努力しなければなりませんし、必死になって勉強しないといけない。口先だけでは社員は決してついてきません。そして、経営者は社員が自分たちの人生をこの会社に預けてきたということの重みを理解して、社員のために命をかけて会社を発展させていく必要があるのです。


松岡修造

1995年、ウィンブルドンでベスト8に入ったとき、僕は試合中に気持ちを極限まで高めるために、大声で「この一球は絶対無二の一球なり!!」と叫んでいました。日本テニス界の大先輩、福田雅之助さんが残した大好きな言葉です。異様だと感じた人も多かったかもしれませんが、それくらい気持ちを高めて戦わないと、どこかで相手に隙を与えてしまうのです。ビジネスマンがそこまでする必要はもちろんありませんが、テンションを上げて集中しているときほど、人は自分に正直に動けるものなのです。


齋藤貴(経営者)

食費で数千円削るより、子供の教育、車の所有といった大きなお金の流れを決めることが大事。


江上治

基準の低い人と付き合うと、何かを得るのではなく、逆に奪われてしまう。だから、慎重に相手の考える基準を見定めて、高い人とのみ付き合うことだ。そうして、価値あるものを提供するのである。


加藤進(住友商事)

「人は育つのではなく、育てるのだ」。これが人材教育に関する私の考え方です。この考えに沿って、我が社では現在、人材育成システムのさらなる拡充を図っています。たとえば、指導員制度の拡充です。指導員への研修も充実させています。


徳岡邦夫

仕事で成果を出す人とそうでない人の一番大きな違いはどこにあるのでしょう?私は、それは能力ではなく、「失敗の数」だと思います。たとえば仕事の方法論が10あって、そのうち成果に結びつく方法はひとつだけだったとしましょう。よほど運のいい人でない限り、最初は誰でも間違った方法を選びます。差が出るのはそこからです。成果を出せない人が一度の失敗に挫けて迷っているあいだに、成果を出す人は2つ目の方法を試していきます。何回目に正解にたどり着くかはわかりませんが、諦めずに試し続ける限り、いつか必ず成果を出すことができます。


青木宣親

妥協せずにいると、シーズン終了時にはいつも新たな課題がみつかるんです。成績とは別に、必ず良かった点と悪かった点が出てくる。それを来シーズンに向け、オフから課題を潰していくわけです。


ページの先頭へ