名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

湯本貴和の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

湯本貴和のプロフィール

湯本貴和、ゆもと・たかかず。日本の生態学者。「京都大学」教授。徳島県出身。京都大学理学部生物学科卒業、同大学院理学研究科博士課程修了。神戸大学教養部助手・講師、京都大学生態学研究センター助教授、総合地球環境学研究所教授、京都大学霊長類研究所所長・教授などを務めた。

湯本貴和の名言 一覧

「仲間だ」「仲間でない」と峻別するのもヒトの特徴です。現生人類が今の地位を築いてきたのには、敵対する勢力に命を賭してでも対抗しようとする団結心が芽生えることと無縁ではないはずです。無論、安易なナショナリスズムは無益の争いをもたらしてしまうので注意が必要ですが、自分たちの権益を守るために仲間内で団結するのもヒトであるがゆえと言えます。


ボノボは群れ同士や同じ群れの中で、オス同士が対立することはめったに見られません。チンパンジーはオスが威張っていて、全てのオスのランクは全てのメスより上。一方、ボノボの場合はメスの序列が高いこともあります。ボノボはメス同士の団結が強く、これらがチンパンジーに比べて融和的な性格をもたらしているのかもしれません。


言葉が先にありきではなく、ヒトには仲間と協力したり、教え合ったりする習性が先に備わり、それらをより高度に効率よく行うために言語を生み出した、というのが私たちの考えです。どちらが先だったのか定かなことは分かりませんが、ヒトは情報共有がチンパンジーなどの他の類人猿より優れていることは確かです。


リスクを取るのもホモ・サピエンス(ヒト)の特徴と言えるでしょう。食べ物でいうとヒトは雑食で肉や野菜、魚と様々なものを食します。一方、チンパンジーは自分たちが食べたことのないものには、手を伸ばそうとしません。人類がアフリカ以外の場所に生活の拠点を広げてきたのは、毒があるかもしれない食べ物を含め様々な食べ物を口にしてきたからでしょう。船で大海原を渡るようなことをしたのも、リスクを取ることができたからです。


ITやSNS(交流サイト)の浸透した現代社会では、「シェア」という言葉がよく聞かれるようになりました。このシェアこそヒトをヒトたらしめているのです。昨今、イノベーションが急速に加速しているのは、ITやグローバル化によってより短い時間でより濃密にシェアできることと無縁ではないはずです。


絶滅危惧種のサルが増えている理由の一つは、人間の暮らしのために原生林が破壊されていることです。原生林を保存できることに越したことはありませんが、再生林でも工夫すればサルたちが暮らしていけることも分かってきました。彼らが暮らしていける再生林を増やしていくために、私が応援していることが現地の人が潤う仕組みづくりです。ボルネオやアフリカのガボンでは、再生林を育て、その近くで現地の人が宿泊施設やエコツーリズムを運営し生活の糧を得ていますこうした仕組みをブラジルなど他の地域に広げていくことも我々の使命と考え、活動しています。


湯本貴和の経歴・略歴

湯本貴和、ゆもと・たかかず。日本の生態学者。「京都大学」教授。徳島県出身。京都大学理学部生物学科卒業、同大学院理学研究科博士課程修了。神戸大学教養部助手・講師、京都大学生態学研究センター助教授、総合地球環境学研究所教授、京都大学霊長類研究所所長・教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

横田雅俊

そもそもクロージングとは、顧客に契約を迫って首を縦に振らせることではない。私たちは、クロージングを「顧客とスケジュールを共有し、リードしていくこと」と定義している。顧客は営業プロセスに関して時間の概念がない。そのままでは「またいずれ」が延々と続きかねないので、顧客との時間軸を共有して、それに沿ってアクションを起こすように促していく。そうすれば強引に契約を迫らなくても、商談は収まるところに収まっていく。これがクロージングの理想形だ。自分都合でクロージングをしてはいけないし、顧客任せでもプロセスは前に進まない。


澤村諭

当社は創業当時より「企業目的」に基づき、品質を第一とした良い商品の供給やものづくりを通じて、文化の進歩向上に貢献することを常に使命としてきた。


西出雅弘

当社の企業理念の中には「浮利を追うなど利益第一主義に陥ってはならない」という言葉があります。実際、バブル時も借り入れによる事業拡大を行うことなく、無借金経営を貫きました。そうした経営姿勢が、いわば私たちの原動力。


サルトル

人間の死ぬのはいつも早すぎるか遅すぎるかよ。でも一生はちゃんとけりがついてそこにあるのよ。一本、線が引かれたからには総決算しなけりゃ。あんたは、あんたの一生以外の何ものでもないのよ。


安田隆夫

「信頼」という言葉は、信じて頼むこと。人というのは信じて託されれば、善には善で応えようとするもの。部下を信頼して任せて、結果が出たら称賛し、結果が出なければもう1回チャレンジしてみろよ、と。


佐治信忠

当たり前のことを当たり前にやることが一番難しい。


藤山愛一郎

私は「世間的な苦労を知らない」ということを知ったことは大したことだと思った。私のグループにはたくさんの財界二世がいるが、大抵一度はサラリーマンをやっている。しかし、そういう連中は会社に行くとき自家用車に乗り、休日には駆け出し社員のくせにゴルフに出かける。それなのにいざ経営者になると、「俺は他人の飯を食った」とか「サラリーマンの苦労を知っている」といった顔をする。しかし身に着いた苦労でないから本当の苦労とはいえない。こんな偽物の苦労を振り回されては社員の方が苦労する。


伊藤豊(経営者)

起業後の2年間は鳴かず飛ばず。そんな中で出会ったのが、松下幸之助さんの「諦めなければ必ず成功する」という言葉です。この言葉を素直に信じ、ダメなりに手を打ち続けるうちに、事業が軌道に乗っていきました。


ジェームズ・ドゥティ

気をつけなければいけないのは、マインドフルネスだけで、すべてのことが解決するわけではないということ。そして、他者への思いやりだけではなく「セルフコンパッション(自分に対する優しさ)」を忘れないこと。自分に対して否定的でネガティブな感情が起こっていたら、その部分に優しく接するのです。マインドフルネスは、自分の思考に対して批判や判断をしない状態ですが、さらに、自分の感情や考えに思いやりを持つ。これができれば、他者に対しても同じように接することができます。


乘京正弘(乗京正弘)

私はオフェンスでしたが、1人では何もできません。プレーをするのに11人のメンバーが動くわけですが、1人ひとりがきちんとした動きをして、ようやく一つのプレーになるんです。もし、1人に脚光が当たったとしても、それはみんながやり切ってくれたからです。会社に入り、現場でも働いてくれる方々がいるからだと思えるようになったのは、アメフトでチームプレーを学んだからだと思います。


柏木斉

もし成果が出なければ、水漏れの原因は何なのか、どの条件をどう変えればいいのか仮説を立てて効果を追いかけます。我々のやり方に特徴があるとすれば、ひたすら効果を追いかけることについて世間一般以上に力を入れたところかもしれません。


河合利樹

これからの時代は、自社だけではなく、業界全体の発展が不可欠。